【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

ダイエットの習慣化に取り入れて欲しい。ポジティブ質問とネガティブ質問の2つのアプローチ。

投稿日:2019/01/31 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ダイエットの習慣化は難易度が高い習慣です。

食欲という強敵に打ち勝つためには、ダイエットのポジティブな側面とネガティブな側面、両方をイメージすることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

「習慣化の学校」ダイエット部・運動部が始動(こっそりメンバー入り・笑)

「習慣化の学校」がスタートして、それぞれが習慣化をターゲットにした部活動に取り組んでいます。

私は、「ダイエット部・運動部」で、体を引き締めていくことを目標にして、毎日の活動をコミュニティーにアップする仕組みです。

筋トレをする人もいれば、1日1万歩を歩く人もいますし、ジムに通う人もいれば、ランニングをする人もいて、レコーディングダイエットをしている人もいます。

あ、最後は私です(笑・・・なんだか、毎年ダイエットしているような気がする、、、)

体重や脂肪というのは、気を抜くとすぐに増えてしまうものです。

その割に、筋肉はなかなか増えません。

「太るは易く、やせるは難し」なのですよね。

 

ダイエットの感情を高める2つのアプローチ

さて、ダイエットに何度か成功してきた(はずの)私が思うのは、

・ダイエットは成功したあとの感情をイメージすることが重要

だということです。

もちろん、ダイエットに限らず、ほかの習慣化でもこれは重要なのですが、ダイエットは特にイメージングが大きな役割を担います。

そこで重要になってくるのが、「質問」です。

これには、2つのアプローチがあります。

それは、

(1)ポジティブアプローチの質問
(2)ネガティブアプローチの質問

です。

まず、

(1)ポジティブアプローチの質問

は、「それができたら、次はどうなる?」という質問をくり返していくアプローチです。

たとえば、ダイエットなら、「ダイエットしたい!」というテーマになりますよね。

そのテーマを深めて、

・では、ダイエットに成功したら、どんないいことがありますか?

という感じに、くり返していくわけです。

ダイエットが成功したら、健康的になるのかもしれませんし、洋服を着こなせるようになるかもしれませんよね。

そのイメージをどんどん深めていくわけです。

一方で、

(2)ネガティブアプローチの質問

があります。

こちらは先ほどとは反対に、「それができたら、次はどうなる?」という質問をくり返します。

同じくダイエットを例にとると、

・ダイエットできなかったら、どんな悪いことが起きますか?

という質問になるでしょう。

こちらもくり返していくことで、ダイエットをやらなかった未来をイメージすることができます。

ダイエットに失敗したら、お腹が出てきて鏡を見るのが嫌になることや、生活習慣病になってしまうかもしれません。

ネガティブなアプローチではありますが、こちらの方が効果がある人もいます。

「嫌だ!」という感情は、人を動かす強力なパワーがあります。

 

ポジティブとネガティブ、両方のアプローチで相乗効果を狙う

さて、私もトライしてみます。

まずは、「ポジティブアプローチの質問」です。

問:ダイエットが成功したら、どんないいことがありますか?

答:体が軽くなる

問:体が軽くなると、どんないいことがありますか?

答:ウエストがひきしまる

問:ウエストがひきしまると、どんないいことがありますか?

答:スーツがきつくなくなる

問:スーツがきつくなくなると、どんないいことがありますか?

答:ベルトをしめるときに感じる嫌な感情を味わうことがなくなる

問:ベルトをしめるときに感じる嫌な感情を味わうことがなくなると、どんないいことがありますか?

答:セルフマネジメントができているので自己肯定感が安定してくるる

問:セルフマネジメントができているので自己肯定感が安定してくると、どんないいことがありますか?

答:気持に余裕が出てくる

問:気持に余裕が出てくると、どんないいことがありますか?

答:日常のパフォーマンスがあがる

問:日常のパフォーマンスがあがると、どんないいことがありますか?

答:ランニングへのモチベーションが高まり、フルマラソンに向けて走りたくなる

問:ランニングへのモチベーションが高まり、フルマラソンに向けて走りたくなると、どんないいことがありますか?

答:仕事もプライベートも気分良くすごせる

問:仕事もプライベートも気分良くすごすことができたら、どんないいことがありますか?

答:毎日が幸せになり、家族にも喜ばれて、人生の質(QOL)があがる

以上、10回くり返してみました。

家族に喜ばれ、人生の質を高めることになるなら、ダイエットする価値はありますね。

ここにたどりつくためには、10回程度やっていただくことをおすすします。

それと同じように、「ネガティブアプローチの質問」からもやってみました。

長くなるのでブログでは省きますが、結果は「コーチングの仕事をやめることになるかもしれない」でした。(^_^;)

これは、絶対に避けたいです・・・。

ダイエットする気持が高まりました(笑)。

 

まとめ

さて、このような両面からのアプローチは、じつにパワフルです。

相乗効果があるので、時間があれば両方から試してみましょう。

私も、さっそく「習慣化の学校」部活のメンバーに提案してみようと思います。

どのようなイメージが出てくるか、楽しみですね。

ダイエット以外のあなたの習慣化にも活用できますので、ぜひトライしていただければうれしいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の月末の仕事に時間を投入。

映画を全編チェックする業務もあり、時間のやりくりに追われていました。(^_^;)

映画を扱う仕事はどうしてもリアルタイムの時間がかかってしまいます。

速読とか、速聴のような効率化が困難なんですよね。。。
(あっ、言い訳ですね・笑)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

習慣化に必須のマイルールの設定。そこに取り組みやすさと例外ルールも追加する。

どんな習慣でも、長く継続していくとマイルールができてくるものです。 それと同時に、続けるためにハードルを下げながら、例外ルールを活用していくことが続ける秘けつです。   スポンサーリンク & …

良習慣が「選択の変化」をつくり出し、理想の自分へ舵をきる土台になる。

「今の自分における良習慣は何か?」と考えながら、取り組む習慣を考えることがおすすめです。 その良習慣は、自分の意識を高めるものであり、寝る前に「今日1日の行動は、未来のありたい姿に近づくものだっただろ …

レポーティングダイエットをスタートして2週間。ダイエットの習慣、再び・・・。

新たな方法でダイエットの習慣をスタートしました。 今のところ2週間、うまくいっているのでご紹介します。   スポンサーリンク   目次1 複業への活動時間が増えているよろこび2 ク …

「今年の健康診断は楽しみだな〜」と言えるか。健康は無料ではなく投資の視点が必要。

昨日は会社の健康診断。 ダイエット効果があり、体重とウエスト計測で「やせましたね」と言われました。(^_^) 健康診断の日を楽しみにできる生活を目指しています。   スポンサーリンク &nb …

ダイエットの専門家に学ぶ!なぜ、ダイエットすることを忘れたほうがうまくいくのか?

  こんにちは、伊藤です。 ぼくがセミナーを受講したダイエットセラピストでありベストセラー作家である小林一行さんのブログに共感しました。   photo credit: Raisa …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728