【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣 思考習慣

レポーティングダイエットで5kg減量に成功!ダイエット成功に必要な思考法とは?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ダイエットの習慣化は、行動管理も重要ですが、やはり思考習慣も重要ですね。

どのような思考でダイエットをすれば成功するのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

レポーティングダイエット3ヶ月が終了。その結果は?

レポーティングダイエットをスタートして昨日で90日が経過しました。

レポーティングダイエットをスタートして2週間。ダイエットの習慣、再び・・・。

体のリズムに関わる身体習慣、定着の目安は3ヶ月です。

その結果は、

・体重:マイナス5.0kg

・体脂肪:マイナス5.5%

で、無事に目標にしていた5kgはクリアできました。

ただ、最終日に計測したときはマイナス4.8とか4.9でおしいところだったので、10回くらい計測し直してようやく出た最終の数字です。(笑)

過去2回で成功したダイエットの7kgや8kgほどインパクトはありませんが、あまり苦しさも感じなかったので、そのような意味では過去最高にゲーム感覚で取り組めたダイエットでした。

 

苦しいときに欲しくなるもの

ダイエットをスタートすると、最初は順調に体重が落ちます。

すると、「このままスルッとやせられるんじゃないか?」という気になるものなのですね。

私もダイエットするたびに思っていました。(笑)

そうして、一発逆転を狙いたくなります。

要は、ウルトラCを決めたくなるのですね。

その先に待っているのは、たいていの場合、挫折、そしてリバウンドです。

ただ、当ブログにも何度も書いていますが、ダイエットのような習慣化にウルトラCや魔法はありません。

確実にプロセスが必要となります。

「なんかよくわかんないけど10kgやせちゃった」ということはありません。

もし、何らかの方法で一気にかけあがることができたとしても、その分リバウンドするスピードも速いもの。

そうではなく、1段ずつゆっくりと歩いて上るのが、基本的には1番早いのです。

ダイエットでいえば、体重と時間軸をグラフにすると、停滞期はほとんど変化がありません。

しばらくは一向にやせている感覚が味わえないということです。

この間が苦しい。

そしてあせります。

「こんなにがんばっているのに・・・」と。

このようなときにウルトラCを狙いたくなるのです。

でも、ここががまんするところです。

階段を1段ずつ上ることを選択して、毎日の小さな変化を着実に継続していきましょう。

 

ウルトラCという選択肢を手放すことからスタートする

過去にダイエットに成功した私は、体重への意識が薄れ、食べたいものを食べ、飲みたいものを飲むようになっていきました。

徐々に、自分が気づかないように着実に。

そうして、私の身長から算出されている標準体重から4kgも増えてしまったことがわかりました。

あせりました。

「なんとかしないと・・・」と。

トライアスロンのシーズンも近づいていましたし、100kmマラソンも近づいていたこともありました。

期限が近づいているのもあせりにつながったのでしょう。

ですから、ウルトラCが欲しくなりました。

でも、ダイエットにはじめて成功する前にトライしたダイエット方法は、すべて偏りがあったものです。

「世にも美しいダイエット」は大学生時代に実践して、挫折しました。

「豆乳野菜ジュースダイエット」も、冬場さむくなって挫折しました。

でも、岡田斗司夫さんが提唱していたレコーティングダイエットではじめてダイエットに成功しました。

レコーティングダイエットでは、3ヶ月で8kgやせることができたのです。

そのとき、私は気づきました。

これまで、どこか斜めに見ていた小さな積み重ねのパワーの大きさを。

40代になると、私が想像していた以上に体重が増えるスピードが早まっていくように感じています。

もしかすると、街でみかけるお腹が出たままのサラリーマンは、抗ったけれども強敵だなので戦うことをやめてしまったのかもしれませんね。(^_^;)

でも、ウルトラCを狙ってエスカレーターに乗る(比喩的な意味で)という選択を手放してみましょう。

その選択肢を手放した人から、「手抜きしないでやらないと」という覚悟が決まります。

だからこそ、着実な成長と望んだ成果を得るという果実を手にすることができるのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッションでした。

自分の感性がよみがえってきて、自分の感情に素直になってくること、それ自体はとてもすばらしいことだと信じています。

しかし、そのプロセスには、「今までスルーしてきたものと対峙する」というフェーズがあるのですよね。

クライアントさんとご一緒にのりきっていきたいと思っています。

【募集中】
・6月27日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!
「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で人生を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣, 思考習慣

執筆者:

関連記事

ダイエットに取り組む2つの意義。メリットを考えて継続する意識を高める。

ダイエットに取り組む難しさを感じています。 そこで、ダイエットに取り組む意義をあらためて考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 やはりダイエットは難しい2 自分の行動を …

逆算思考が「選択肢の正解」をつくる。望む未来に近づくか、望まない未来に近づくか。

自分の理想に近い状態の未来。 一方の自分が「そんなのは嫌だ」という未来。 「今日、どんな行動をしたいのか?」という選択の連続によって、どちらの未来にも近づくもの。 嫌な未来を避けるためには、どのような …

「嫌われたくない」と思いすぎてしまう人へ。妥協が増えて優柔不断になっていませんか?

「嫌われたくない」という感情は、私たち誰もが持っている自然な感情です。 ただ、それを重視しすぎてしまうと、何も選べなくなってしまいます。 「自分で選ぶ」という選択を意識的にトレーニングしてきましょう。 …

「期待」について考える。心の平穏と喜びのバランスをとり続けよう

「伊藤さん、良いクライアント像を演じてすぎているんじゃない?」 先日、同期の友人コーチたちとの食事会で、鋭いひと言を言われ、私は狼狽しました。 思い当たる節があったからです。(^_^;) どうやら、私 …

ダイエットの習慣化におすすめ。プラスの行動を記録する「ダイエット日記」の活用法。

習慣化におすすめなのは、実践の記録をログに残しておくことです。 ダイエットにもシンプルに記録するツール(日記)をつくったことが役立っています。 私の「ダイエット日記」の活用法を記事にしました。 &nb …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930