【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣(トライアスロン、マラソン)

失敗を糧(かて)にするために。リスタートして「ポジティブな挫折経験」に変える。

投稿日:2017/07/21 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

生きていれば、ミスや失敗はつきものです。

やはり重要なのは、「そのあとにどのような行動をとるのか?」ということだと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

得たい未来のためにゴールに近づく行動を増やす

先日のトライアスロンのスイムリタイアを経て、早速行動にうつすことにしました。

第31回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会でリタイア。敗戦から見えてくる「けいけんち」の大切さ。

主にやったことは、

・TIスイムのレッスンに申し込んだ
・国内のトライアスロンレースに2つエントリーした(オリンピックディスタンス1つ、スプリント1つ)
・オープンウォーターの練習会に申し込んだ
・区内の大会にエントリーした
・トライアスロンのチームメイトとプールトレーニングをやった

といったところです。

このほかに、スイムスクールは毎週通っていますので、スイムを強化できる環境はととのいました。

あとは「やる」だけです。

これらの行動を通して、先日のスイムリタイアを「ポジティブな挫折」にするつもりです。

 

成功体験だけでなく失敗体験からも学ぶ

それでは、私は今までスイムに本気で取り組んではいなかったのでしょうか?

もちろん、そんなつもりはなく、常に本気です(そもそも余裕なんでありません・・・)。

その時々で精一杯取り組んでいます。

なにしろ、毎週のスイムトレーニングも、一緒のコースで泳いでいる1番ビギナーのコースでさえついていけてません。

1時間15分のトレーニング中、ビギナーコースの人たちが2200〜2500mを泳ぐところ、私は1800〜1900mくらいしか泳げません。

ですから、トレーニング終了後は放心状態です。

朝の8時30分といえば、一般的なビジネスパーソンだったら、まだ仕事もはじまっていない時間なのにヘトヘトなのです。(笑)

でも、さらに負荷をかけないとだめだと感じました。

ですから、大量行動をとってみようと思うのです。

もしかすると、もっと効率的で、スマートなやり方があるかもしれません。

でも、今の私には魔法のアイデアは思いつかないし、すごいアイデアが天から降ってくることを待つ時間はないのですよね。

このエネルギーが生まれたのは、日曜日のレースの敗戦があったからなのは間違いありません。

そのくやしさを「ポジティブな挫折」へのきっかけにしたいのです。

実際のところ、これまでの人生をふり返ると、確かにつらい経験や挫折した体験はまったく無駄にはならないものだと感じています。

私が20代の頃には「若い頃の苦労は勝手でもしろ」的な発言に同意できませんでした。

20代は結婚をして子どもが生まれ、転職をして、でも先がまったく描けない状態で苦労していたからです(今も苦労してますが・笑)。

ままならない日常にとまどい、無力な自分に情けなくなっていました。

そのような悩みのプロセスにいるときは、その失敗はどう考えてもマイナス体験に思えるものです。

しかし、成功体験よりも、失敗体験から学べるものもあるのは確かなのですよね。

事実、そのような状況で早起きを習慣化できた成功体験から、セミナー開催やコーチングに結びついたことによって、「コンプレックスや挫折体験があったからこそ、今の自分がある」ということに納得しています。

そう考えると、まだまだ守りをかためる時期ではなく、攻めないとだめです。。

「早く、何度も失敗する」姿勢によって、成長していく必要があるのです。

そこで失敗してから、仮説検証して、PDCAをまわしていく。

そのくり返しによって、失敗を「ポジティブな挫折」に変換できるわけです。

 

ポジティブな挫折経験を成長のスパイスにする

20代の頃の失敗には、

・ほかの人との比較
・自分の(小さな)プライド
・仕事での競争

など、どこか「相対的な基準」で判断していたように思います。

しかし、40代になったら、ほかの人のできる部分を見て落ち込んだり、そのたびに自己否定をしている余裕はありません。

ほかの人と比較するのではなく、比べるのであれば過去の自分であるべきですし、これからの自分や未来の自分と向き合うような絶対的な基準である必要でしょう。

周囲がどのように思っても、自分自身にしかわからない満足感や充実感が、そこに存在するはずです。

そうなれば、たとえ失敗しても後悔は少なくなるはず。

40代で挫折する経験は、(私のスイムリタイアのように)決して楽しいものではありませんが、守りに入るにはまだまだ早い年齢です。

そのためには、「あの挫折があったこらこそ、今がある」と、後になって思えるようなリカバリーが必要なのですね。

そのような「ポジティブな挫折経験」をつくるきっかけをつくり、成長のスパイスにしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

ということを書きましたが、今回のリタイアのような挫折経験があまりにも続きすぎたらきついですけどね。(笑)

昨日も朝スイムで周回遅れになりました。。。

でも、まだまだあきらめません!(^_^)

【募集中】
2017年7月27日開催「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」

2017年8月3日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

2017年8月17日開催「これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜」

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-運動の習慣(トライアスロン、マラソン)

執筆者:

関連記事

早起きして朝の「旅ラン」 。街を知り、人を知り、朝日に出会える良習慣。

旅行先でランニングする「旅ラン」。 旅先での朝の目覚めが楽しみになる良習慣です。   スポンサーリンク   目次1 旅行先にランニングウエアとシューズは必需品2 「旅ラン」をする3 …

 TIスイムのマスターコーチに学ぶ!優秀なコーチが持つべき3つの視点。

先日、苦手なスイムを克服するため、決意をかためてTIスイムを受講しました。 実は、TIスイムは再受講、というか、かなり久々にいきました。(^_^;)   スポンサーリンク   目次 …

第5回サンスポ古河はなももマラソン2017。初めての楽しさ&苦しさを味わうレース。

今年最初のフルマラソンのレースに出場しました。 なんとか完走はできましたが、これまでのフルマラソンの中でももっとも苦しく、「早く終わってほしい・・・」と思うレースとなりました。(^_^;) そのレース …

なぜ、私はフルマラソンにチャレンジしたのか?〜きっかけから完走するまで〜

先日、5キロ完走を目指して走りはじめた友人から「伊藤さんは、最初にフルマラソンを走ろうと思ったきっかけはなんですか?」と聞かれました。 考えてみると、他の人にあまり説明した経験がなかったようです。 そ …

川崎トライアスロン2017バイクパート。最重量のギアで負荷をかけて無心にこぎまくった90分。

昨日、一昨日に引き続き「川崎港トライアスロンin東扇島」完走記。 本日はバイクパートです。 (写真を撮っていただいていました。ありがとうございます!しかし、姿勢悪い・・・)   スポンサーリ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728