【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

「何をやれば正解なのか?」を考えて動き出せない過去の自分に「正解探しはやめよう」と言いたい。

投稿日:2016/12/02 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「この本を読めば、てっとり早く成功できそうだ!」
「あのセミナーに参加したら、人生が変わるはずだ!」

10年前の私は、恥ずかしながら常にそのようなことを考えていました。

本やセミナーに、「これが正解です」という答えを教えてもらうことを期待していたからです。

もしもいま、10年前の自分に会えたら、「いやいや、受験と違うんだから、正解探しはやめましょうね」と言いたいです。(^_^;)

town-sign-1699957_640

 

スポンサーリンク

 

「てっとり早く正解を探したい」と思っていた私

以前、あるプロジェクトに参加させていただくことになたとき、私はあることを感じていました。

それは、少なからぬ人の中に、

・どうしたら良いのか教えてほしい
・何をやれば正解なのか?
・てっとり早く成果をあげたい

といった意識が見え隠れしていたことです。

ただ、私自身の経験や友人たちのビジネスをみたり、先人の人生体験を本で読んでいくと、てっとり早い正解などはありません。

そのようなものがあったら、すぐに世の中に広まるでしょうし、成功者だらけになってしまいますよね(残念ながらそうではありません・笑)。

実際、私もビジネス書を読むたびに「何か魔法のようなノウハウが書いてあるんじゃないか?」と思いながら本を買ったことは何度もあります。

やはり、どこかで「自分だけが知らない正解があるのではないか?」などと思っていたわけです。

ただ、魔法はありませんでした。

できることといえば、現状であげられる選択肢を出して、そこから仮説をたてて、活用できるリソースを探し、行動してみること。

素人が出した仮説が1発目であたることなんてそうそうありません。

結果というフィードバックから仮説を修正して、また実行する。

その繰り返しで正解に近づいていくものなのだと思います。

その結果として、自分なりの答えにたどりつく。

せっかく出した答えも永続ではなく、また状況や時間によって変化していきます。

ですから、客観的な正解というのは、誰にもわかりません。

むしろ、「正解かどうか?」というよりも、「自分で選んだ答えを正解にできるかどうか?」、「その答えに納得できるかどうか?」というほうが大事なのだと思うのです。

 

正解がわからなくても自分が選んだ答えを正解にする努力をする

私は家族の中では家長(いちおう)なので、家族には「将来、伊藤家は◯◯する」というビジョンのようなものを語るようにしています。

大言壮語で荒唐無稽ですが、ずっと言い続けているとおもしろいもので、なんとなくまわりもその気になってくるものです(笑)。

ただ、私が放言しているビジョンは、正解かどうかはわかりません。

私もその世界にいったことがないからです。

ですから、戦略も戦術もわからないのですが、それでも良いのだと思っています。

なぜなら、そこに正解はないと思っているからです。

私は、100人の父親がいれば、100通りの父親のビジョンがあって良いと考えています。

職場でいえば、社長や上司のようなリーダーも同じでしょう。

たとえば、プロ野球の監督で考えてみると、実にいろいろなキャラクターの監督がいますよね。

野村監督のように、データを重視した「ID野球」をベースにしていた時代のヤクルトというチームがあります。

野村ID野球が出てきた当初は、「野球というスポーツの世界にデータを持ち込むなんて」といった批判がありましたが、弱小チームを優勝に導く見事な結果を出しました。

また、ジャイアンツの長嶋監督のように、自分の直感を大事にしたり、選手の自主性を活かす指導を実行された監督もいます。

もちろん、長嶋監督のやりかたでも優勝をして、大きな成果をあげています。

チームの状態や選手の状況によって正解は変化するものなので、「どうすれば強いチームがつくれるのか?」ということに万能の答えはないのですよね。

つまり、リーダーが信じているやり方を一貫するということが、リーダーにとって重要だということでしょう。

だからこそ、いくつかある選択肢から、自分が選んだ答えを正解にするために行動するということが、正解を探すもっとも確実な方法だと思うのです。

 

最適解を見つけるために仮説・検証をくり返す

そうは言っても、私も正解を見つけたいし、てっとり早く成果をあげたいです(笑)。

ただ、やはり正解探しに時間を費やしすぎて失敗した経験も多々あり、、、やっぱり前に進むのが即座のフィードバックに転化されるわけです。

方針や方向性というものは、そのような仮説・検証を繰り返していくことで正解に近づくものなのでしょう。

その正解こそ、行動していくプロセスに潜んでいます。

私のように40代に入ってくると、正解探しをしている時間はなくなってきています。

そのためにも、最適解を求めて少しずつでも前進していく姿勢が不可欠だと感じているのです。

人生にウルトラCはないですし、やってみなければわからないことのほうが多いですよね。

「失敗はない。ただフィードバックがあるだけ」という名言にもあるように、実行するからこそ何かしらの結果が出るのであり、それがあってはじめて次手を考えられるわけです。

正解探しにばかり、時間を費やさないようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、韓国から来日した取引先の方々と忘年会。

セーブしたつもりでしたが、けっこう酔ってしまいました。。。

12月は忘年会が多くなるので生活リズムが乱れがちになりますよね。

注意しないと・・・。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説

執筆者:

関連記事

「自分がいないと会社の仕事はまわらない」のは本当か?意図的な早退をしてみては?

当時の自分には非常識なことでも、10年たつと常識が変わります。 大事なのは「将来に渡って価値をもたらすか?」という判断です。   スポンサーリンク   目次1 仕事を早退してセミナ …

「たくさんの人に会う」という行為には2種類が存在するのではないか、という仮説。

「人に会う」ということについて、1つの仮説を思いつきました。 私のその仮説を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 自分の記事のレベルにがく然とした瞬間。。。2 自分軸 …

「アメとムチ」はもう古い?ワンランク上の「アメとアメなし」コミュニケーションで考えよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事でご紹介したこちらの本。 【本日のお勧め本】 メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書 …

「虎の威を借る狐」は悪い意味?「東京マラソン2015」で妖怪ウォッチ「ジバニャン」のかぶり物をして走りながら考えたこと。

  こんにちは、伊藤です。 今回の東京マラソンを走りながら、ぼくはある「ことわざ」を思い出していました。 「自分よりも影響力のあるパワーを借りる」 つまり、 「虎の威を借る狐」 ということわ …

ドラマ「孤独のグルメ」とミッキーマウスに学んだ。時間管理における「間」の重要性。

突然ですが、あなたは「孤独のグルメ」というドラマをご存じでしょうか? Amazon Fire TVを購入して以来、ついつい観てしまうドラマです。(^_^;) 「孤独のグルメ」にみるコンテンツの魅力につ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031