【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

あなたの習慣化が続かないのは、「習慣化の3要素」のレベルが低いからではないでしょうか?

投稿日:

Pocket

習慣化ができないのは、ざっくりとしたひとかたまりで「続かない」と考えているからかもしれません。

3つの要素に分解してから、それぞれを考えていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

習慣化にとって重要な「3つの要素」とは?

「習慣」を考えるとき、重要なのは3つの要素がそろうことです。

その3つの要素とは、

(1)感情

(2)知識

(3)実行

です。

各要素を見ていくと、

(1)の「感情」は、「なぜ、それをやるのか?」という理由やモチベーションがある

(2)の「知識」は、「何をやればいいのか?」というプロセスがわかっている

(3)「実行」は、「再現性があるか?」という実績がある

ということになりますね。

この3つがそろえば、高確率で習慣化に成功するはずです。

逆に言えば、この3つのうち、1つでも極端に少なければ、継続は難しいでしょう。

特にわかりやすいのは、行動習慣ですね。

読書の習慣にしろ、ランニングの習慣にしろ、日記を書く習慣にしろ、あなたが身につけている良習慣は、3つの要素がそろっているはずです。

 

続かない理由と続く理由を3つの要素から考える

では、あなたが「習慣化したいのに、なかなか継続できていない習慣」を思い浮かべてみましょう。

たとえば、本棚を片づける。

私は、これがなかなかできません。。。(^_^;)

これを3つの要素から見てみましょう。

 

(1)感情

いきなりですが、「本棚を片づけるのは面倒くさい、、、」と思ってしまいます(笑)。

「本棚を片づけられたらいいなあ」というくらいのモチベーションしかありません。(^_^;)

だから片づかないのか。。。

いきなり反省です(笑)。

 

(2)知識

ここは、何をやればいいか、順番やプロセスがわかっているということですね。

本棚を片づけること自体は、できると思います。

整然とした本棚にしたいので。

しかし、今のままでもなんとかなっているので、なかなか重い腰があがりません。。。

そもそも、言語化したプロセスには落とし込めていませんね。

 

(3)実行

ある意味ではわかっていますし、ある意味ではわかっていません。

わかっているという意味では、「本を捨てればいいだけ」ということは理解しているのです。

しかし、読書でインプットをするのは楽しいですし、私の仕事でもあります。

それだけに「本を手放す」ということに心理的なハードルを感じます。

その心理に勝つ方法がわからない状態です。

それだけに、実行ができないのですね。。。

 

このように、私が本棚の片づけがなかなかできないのは、3つの要素がどれも低いレベルだからです。

一方で、続いている習慣を見てみます。

もうすぐ2,100日の継続になるこのブログで考えてみましょう。

 

(1)感情

基本的には書くことは自分欲求であり、好きなことです。

それに、ブログを書くことで得られる様々なメリットを体感しているので、やる気はあるのですね。

 

(2)知識

テクニックのようなものはあまりわかりませんが、どうすれば書けるのか、自分なりに模索してきました。

それでも、書けないときにどう書くか。

メンタルが落ちているときはどうするか。

そういったことも考えてきています(それなりに)。

編集後期から書き始めたり、ネタをストックしたり、誤字脱字を気にしすぎないほうが続く、といった方法論も、知識となってきました。

 

(3)実行

PCを操作して、文字を打つことはわかります。

また、WordPressから投稿する方法もしっています。

詳細なカスタマイズまではわかりませんが、ひとまず投稿することだけはできるのです。

2,100回近くやってきたので、再現性はあります。

 

続かないときは3つの要素を見直そう

こうしてみると、

・私が本棚を片づけられないのは、3つの要素が低いレベルだから

・私がブログを継続できている(今のところ)のは、3つの要素がそれなりのレベルにあるから

ということがわかっていただけると思います。

もっと言うと、重要な「(1)感情」の部分は、習慣化してしまえば、レベルが低くなっても大丈夫です。

無意識のうちに「ブログを書こう」と思っているからです。

よく言われる歯みがきと同じ感じですね。

こうなれば、習慣化が成立したことになります。

ある意味では、目指す到達地点かもしれませんね。

さて、ここであなたに提案したいのは、あなたが続かない習慣があったとしたら、この3つの要素がそろっているか、見直してみることです。

または、要素がそろっていたとしても、レベルが低いままなのかもしれません。

それぞれの要素で、100点を満点としたときに、70点以上になるようにしたいところですね。

レベルが高いときは、

(1)感情100点:何を差し置いてもやりたい!

(2)知識100点:プロセスを完全に理解している!

(3)実行100点:何回やっても成功できる!

という感じです。

一方で、

(1)感情0点:やりたいくない、、、

(2)知識0点:プロセスがまったくわかっていない、、、

(3)実行0点:1回もできたことがない、、、

となっていたら、レベルが低すぎますよね(笑)。

もちろん、普通はここまで極端ではないと思いますが、点数が低い要素があったら、それは点数を伸ばしていく部分です。

継続をはばむハードルになっていることも多いのですね。

これが、「習慣化できない」とざっくりとしたひとかたまりにするのではなく、3つの要素から点数アップのアプローチをしていくことからスタートすることをおすすめする理由です。

「(1)感情」がわからなかったら、それをなしとげたときの自分の感情をイメージしてみる。

「(2)知識」がわからなかったら、知っている人に聞いたり、本を読む。

「(3)実行」ができないときは、まず「0→1」をやってみる。

そのように、分解して考えてみることです。

あなたが続かない習慣があったら、ぜひ3つの要素から見直してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、コーチングセッション1件。

プロコーチの方へのサポートをしているのですが、4月に入って3件も継続コーチングの依頼を頂いたとのこと。

すばらしいです。

私にとっても、喜びの時間となりました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

習慣化を目指すなら絶対に手放して欲しい。自己否定・自己不信・自己卑下の罠。

幸福な人生をすごすために確実に不要なものがあると思っています。 それは、「自己否定・自己不信・自己卑下」です。   スポンサーリンク   目次1 すべての行動につながる「モチベーシ …

習慣化に必須のマイルールの設定。そこに取り組みやすさと例外ルールも追加する。

どんな習慣でも、長く継続していくとマイルールができてくるものです。 それと同時に、続けるためにハードルを下げながら、例外ルールを活用していくことが続ける秘けつです。   スポンサーリンク & …

あなたは「イレギュラーに負ける人」か「イレギュラーをバネにする人」か?

1週間のスケジュールを最適化するための実験を繰り返していましたが、定着までに3ヶ月くらいかかってしまいました。 まだまだ改善の余地はありますが、落ち着いてきたポイントは、「イレギュラーにどう立ち向かう …

なぜ、毎月の請求書作成を先のばししてしまうのか?先のばし改善のための3つのポイント。

毎月のルーティン業務なのに、先のばしで悩むことはないでしょうか? 私も悩み、苦しんでいる身として、改善するポイントを記事にしました。   スポンサーリンク   長らく「先のばし」に …

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

イレギュラーで飛び込んできた小さなタスク、忘れがちではないでしょうか。 今回の私にふってきたのは「一定の間隔で目薬をさす」というもの。 ちょっとした工夫で思いのほかうまくいったので、記事にしてみました …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら