【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「営業」という仕事がまったくできなかった過去の自分に伝えたい2つのこと。

投稿日:2019/01/09 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

営業という仕事をして15年目になりました。

そこで、15年前の営業初心者の自分に伝えたい2つのマインドセットについて考えたことを記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

新人の営業マンにありがちな悩み

営業という仕事の基本は、お客さまとのコミュニケーションだと考えています。

その意味で、会社の顔としてお客さまと接するわけですから、慣れない当時は緊張していました。

お客さまに対して、

・嫌われてはいけない
・迷惑をかけてはいけない
・怒られてはいけない

などというるルールを山のように持っていたものです。

もしも自分がお客さまに嫌われるようなことがあり、会社の取引がストップしてしまうようなことがあったら・・・と思うと、どうしても萎縮してしまうのですよね。

ただ、そうなると結果として、自然なコミュニケーションをとることが難しくなります。

自分を実力以上に良く見せようとして妙に力が入ってしまい、お客さまのことをほめたつもりが、逆におかしなお世辞のようになって、商談の場が凍りつくこともありました(笑)。

では、当時の私は、どのように考えればよかったのでしょうか。

10年以上、営業の仕事をしてきた今から、過去に自分に2つのことを伝えたいと思っています。

 

1:営業は、「お客さまにもメリットがあるおつき合いだと考えよう」

まず1つ目は、会社として取引するということは、「お客さまにもメリットがあるおつき合いだと考えよう」ということです。

確かに、お金を支払っているのはお客さまです。

ですから、若手の営業マンとしてこわばるし、緊張して萎縮してしまうわけですよね。

しかし、お客さまとしては、無数の選択肢の中から、こちらを選んでくれているのです。

もっと言えば、お客さまのビジネスのために役立っているということです。

それは、お客さまの会社が持っていない技術力なのでしょうし、他社よりも納得感のある価格なのでしょうし、全体をまとめて商品を完成させる進行管理の役割なのです。

自分たちの組織の総合力を活用して、お客さまのビジネスの価値を高めるパートナーとして選ばれているということですね。

そう考えると、本来はセールスする立場だからとしって、一方的にへりくだる必要はないわけです。

つまり、以前の私のように、妙なおせじやおべっかが必要なわけではなく(笑)、お客さまの話を理解することにつとめ、ニーズに対して自分たちが何ができるか、ということを考えたほうがいいのです。

そのために、「お客さまと一緒に、パートナーとして価値を高めていく」というマインドを持つことが重要だということです。

 

2:営業は、「お客さまの先のお客さまにも意識を向けよう」

2つ目は、「お客さまの先のお客さまにも意識を向けよう」ということです。

自分たちが取引をしているのは、相手のお客さまです。

ただ、たいていの場合、お客さまの会社にとっての「お客さま」がいるはずです。

そこに対する意識を向けることが重要なのですよね。

ちょっとややこしい話かもしれません。

たとえば、コーチとしての直接のお客さまという意味では、クライアントさんご自身がお客さまだということになるでしょう(便宜的に)。

ただ、クライアントというお客さまは、自分だけが幸福になればいいかといえば、必ずしもそうではありません。

クライアントさんには、ご自身が大事にしている奥さんがいて、お子さんがいます。

クライアントさんのお仕事にもお客さまがいます。

クライアントさんが勤務している会社の上司や同僚などのスタッフがいます。

そのような周囲の人たちにもクライアントさんが認められ、幸福を高められる未来を考えていくことが大事なのですね。

そこをイメージしながら、お客さま(クライアントさん)と話すことが、結果的には、クライアントさんご自身への幸福につながるわけです。

ですから、イメージとしては、私が運転する車の隣にクライアントさんがいて、パートナーとして一緒に前に進んでいる、という感覚で話をするのです(実際には私は運転免許を持っていませんが・笑)。

お客さまと営業で極端な上下関係になるのではなく、共創する(競争ではありません)パートナーとしての関係をイメージする、ということです。

もちろん、これは理想ですし、実現は困難がともないます。

でも、イメージを持っておくだけでも違うと思っています。

そう考えることで、懇意にしてくださるお客さまが増えましたし、横柄な態度をとるお客さまとは疎遠になりました(笑)。

 

まとめ

もしもあなたが、営業という仕事について、必要以上に萎縮してしまうことに悩んでいるとしたら、本記事で私が過去の自分に伝えたいように、

(1)営業は、「お客さまにもメリットがあるおつき合いだと考えよう」
(2)営業は、「お客さまの先のお客さまにも意識を向けよう」

ということに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

ご参考になることがあればうれしいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、出社前に書く仕事に集中。

先日のコーチングセッションで気づいたことがあり、
1日の習慣の優先順位を変えました。

今のところ非常に快適です。

会社終わりでも書く仕事に集中。

昨日だけで、ブログ、メルマガと合わせて
6,000字ほど書けました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

相手に振りまわされて困っている人へ。相手の原動力とルールはあなたと違っているのでは?

オフィスのスタッフやお客様などに、必要以上に振りまわされてしまうことはありませんか? そのようなときは、自分と同じルールを相手が持っていると考えないほうがいいのです。   スポンサーリンク …

つい出てしまう言い訳。自分が使っている言葉を変換して言い訳を減らそう。

日常生活を送っていると、無意識のうちに言い訳をしてしまう自分に気づきます。(~_~;) 言い訳を減らすためには、どうすれば良いのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

優柔不断な人に伝えたい。超・優柔不断な私が改善した決断力を高める3つのステップ。

「迷うだけ時間の無駄」・・・そう思いながらも頻繁に顔を出してくる優柔不断。 どのように立ち向かえばいいのでしょうか? 私のおすすめの方法を交えて記事にしました。   スポンサーリンク &nb …

「そうだ、会社を休もうかな」ができない理由は、思考の裏に潜む「思い込み」が邪魔しているから。

「自分がわからない」、「自分のやりたいことがわからない」。 そのようなときの突破口は、自分の「感情」に敏感になることです。   スポンサーリンク   目次1 「そうだ、会社を休もう …

激しい怒りの感情にどう対処するか?タイミングと適切な表出で吐き出しておくことが大事。

激しい怒りのような感情がわきあがってきたとき、どうすればよいのでしょうか? いろいろな対処方法はあると思いますが、ポイントは「ためこまずに表出させることが大事。でも上手に表出させること」です。 &nb …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031