【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

習慣化の「いつもと同じパターンにはまる」「家でだらだらしてしまう」という2つのお悩みに対する対策。

投稿日:2019/01/11

Pocket

私たちが毎日すごしているのは、パターンによる行動が多いものです。

ですから、新しい行動を習慣化するためには、パターンに対する対策を考えていくことが必要です。

 

スポンサーリンク


 

新年の習慣化における2つのお悩みパターン

「目標を達成するために習慣化するぞ!」と決意したのにもかかわらず、「実行できませんでした、、、」というお悩みをよく聞きます。

そのようなお悩みの中で、代表的なパターンが2つあります。

それは、

1:いつものパターンから抜け出せない
例:計画が大事だと思って取り組んだけれど、出社するといつものパターンにはまって、結局プランニングができなかった

2:家に帰るとだらけてしまう
例:帰宅したら行動しようと決意したのに、家に帰ると安心してしまい、だらだらしてしまった

という2つのパターンです。

この2つのお悩みには、どのように対応していけばいいのでしょうか?

 

いつものパターンから「行動」を変える

まず、1つ目の

1:いつものパターンから抜け出せない
例:計画が大事だと思って取り組んだけれど、出社するといつものパターンにはまって、結局プランニングができなかった

は、内容としては、「いつものパターンにはまって抜けられない」という課題ですよね。

仕事のプランニングに限らず、人生の計画や読書、資格取得の学習なども当てはまります。

この課題にぶつかったときによく陥ってしまうのは、「どうしてできないんだろう」と頭で考えてしまうことです。

「できない→なぜできないんだろう→どうやればいいんだろう→知識を得てもできない→なぜできないんだろう・・・」という悩みのループにはいってしまうのですよね。

ただ、思考の習慣を変えるのは時間がかかりますし、それなりの労力が必要です。

ですから、まず手をつけやすいところから変えていきましょう。

このようなとき、変えるべきは「行動の習慣」。

具体的な方法は、「朝、出社前にカフェに立ち寄って15分プランニングする」という風に行動を変えることです。

いつものパターンにはまる前の行動を変えことが大事ですね。

そう言うと「そうなると、毎日300円もかかってしまうので、1ヶ月で1万円近くもお金がかかっちゃうんですよね。。。」と返ってきたことがあります。(^_^;)

たしかに、今までより出費がかさむでしょう。

ただ、それが嫌ならば、自宅でやればいいだけです。

それよりも、自分の毎日の嫌なパターンを変えて、良習慣をつくり出すために、1ヶ月に1万円の投資をけちってしまう思考のほうが問題かもしれません。

ここは、個人の状況にもよるでしょうから、よく考えてみましょう。

 

モード切り替えの前に「環境」を変える

2つ目の

2:家に帰るとだらけてしまう
例:帰宅したら行動しようと決意したのに、家に帰ると安心してしまい、だらだらしてしまった

は、「自宅に帰ると安心してリラックスしすぎてしまう」という悩みですね。

だらだらしてしまうので、学習や読書が実行できない、ということです。

もちろん、こちらの変えるべきは「環境」です。

これは、「モードが変わってしまう」ということが原因です。

ですから、具体的な対策としては、「最寄り駅から自宅に帰る間のカフェに寄って、学習や読書を終えてから帰宅する」ようにしてみましょう。

これは、モードの問題です。

会社で仕事をしてから帰宅するまでは「緊張モード」です。

それが、自宅の玄関の鍵をあけて中に入った瞬間に「弛緩モード」にきり変わってしまうのですね。

いったん「弛緩モード」に入ってしまうと、そこから「よし!英語の学習をやるぞ!」とはなかなか思えないもの。

私も、週末に自宅にいるとモードの切替ができず、かなり生産性ダウンしてしまいます。。。

そのために、「環境を変える」ことを考えてみていただきたいのです。

私の友人でも、金曜日の夜にリビングのソファに座ったが最後、うとうとしてしまうパターンから抜け出せないということを話していました。

普通に考えれば「ソファに座らなければいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、私たちの感情は、それほど強固にはできていません。

それができる人は一部の人でしょう。

それに、人間は視界が強いのですよね。

ですから、1週間の疲れがたまった金曜日の夜にソファが目に入ると、どうしても座りたくなるはずです。

我が家でも、過去に友人と同じような「ソファ問題」と「こたつ問題」があり、撤去された歴史があります(笑)。

 

まとめ

本記事では、

1:いつものパターンから抜け出せない
例:計画が大事だと思って取り組んだけれど、出社するといつものパターンにはまって、結局プランニングができなかった

2:家に帰るとだらけてしまう
例:帰宅したら行動しようと決意したのに、家に帰ると安心してしまい、だらだらしてしまった

に対する対策を書いてみました。

「なぜできないんだろう」とできないことにフォーカスをあてたり思考を変えようとするのではなく、「行動」や「環境」を変えていきましょう。

新年の習慣化目標に対する対策のご参考になればうれしいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、今週末からスタートする「習慣化の学校」2019年にむけて、チームで最終ミーティング。

1時間強の予定のはずが、3時間弱のミーティングになりました(白熱しすぎました・笑)。

参加されるみなさんの成長にコミットしていくのはもちろんのこと、サポートする私たちも成長痛を味わうことになりそうです。(^_^;)

でも・・・それも楽しみです(笑)。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-行動習慣

執筆者:

関連記事

「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。

あなたには、「習慣化したら良い効果があるのは分かっているんだけれど、なかなか始められない。。。」という習慣がありますか? 私にとって、「瞑想する習慣」は、まさにそれに当たる習慣でした。 昨日参加したセ …

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

あなたは「イレギュラーに負ける人」か「イレギュラーをバネにする人」か?

1週間のスケジュールを最適化するための実験を繰り返していましたが、定着までに3ヶ月くらいかかってしまいました。 まだまだ改善の余地はありますが、落ち着いてきたポイントは、「イレギュラーにどう立ち向かう …

習慣化ができない人への特効薬。習慣の「バディ・システム」をつくればつらい習慣も継続できる。

早起きやブログ、ダイエットなど、負荷がかかる習慣は継続が難しいレベルが高いものです。 そのような習慣に有効なのは、マンツーマンの習慣ともだちを持つ「バディ・システム」です。   スポンサーリ …

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

イレギュラーで飛び込んできた小さなタスク、忘れがちではないでしょうか。 今回の私にふってきたのは「一定の間隔で目薬をさす」というもの。 ちょっとした工夫で思いのほかうまくいったので、記事にしてみました …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら