【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族

「父の日」に想う。「良い父親」とはどのような父親像なのか?

投稿日:2018/06/18 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日曜日は「父の日」でしたね。

あなたが考える、「良い父親」とはどのような父親像でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「自宅にいる父親=良い父親、自宅にいない父親=だめな父親」なのか

20代後半になって民法のテレビ番組の制作会社をやめました。

そこで転職したのは今の会社。

入社した当時は、今のような複業家の「ふ」の字もありませんでした。

ましてや、トライアスロンやマラソンといった趣味もありませんし、セミナーに行くこともありません。

ですから、会社が終われば自宅にまっすぐに帰りましたし、週末は必ず家族と一緒にすごしていました。

しかし、30代中盤にさしかかり、「このままでは人生がまずいことになる」と危機感を覚えた私は、自己投資に精を出すようになっていきます。

平日の夜は、セミナーや勉強会に参加するようになり、社外の友人たちができるようになってつきあいが増え、自宅にまっすぐに帰らずに資格取得のためにスクールに通学するようになったのです。

今はといえば、週末は自宅にいてもブログを書いたり、PCに向かってコーチングをやっていますから妻と一緒に家事をやる時間が減っています、、、

先日も娘から「せっかくのお休みなのに、またコーチングなの〜?」と言われてしまいました。(^_^;)

このように振り返ると、なんとなく、

・20代後半から30代中盤の私=マイホームパパ

・30代中盤から40代前半の私=だめなパパ

みたいなイメージに思えてきます。

趣味もなく、自己投資もせず、会社が終わったら自宅に帰り、休日を自宅ですごしていた私が良きパパ(良き主人)。

その反対に、会社終わりにコーチングセッションやセミナーを開催してから帰り、週末もコーチングやマラソンを走って自宅にいない私がダメパパ(ダメ旦那)なのでしょうか?

いや・・・むしろ逆だと思うのです。

 

「いま、生きている」という充実感を感じられる日々の豊かさ

何を隠そう(笑)、30代後半までの私は、中途半端で平凡で、何の取り柄もない超普通の凡人サラリーマンでした。

ただ、30代の後半になって、少しだけ船の航路が変わりました。

読書をして、自己投資をして、複業に取り組むようになて、私は自分の中に隠していた強みや才能のようなものが引き出されていく感覚がありました。

それは、

・プロコーチという活動であり

・習慣化のサポートという活動であり

・セミナー講師という活動であり

・ブロガーという活動であり

・トライアスロンやマラソンという活動であり

といった複数の活動を続けていくことによって、能力が開発されていったのだと考えています。

それらの仕事をしていると、時間を忘れて没頭してしまうような活動です。

興味関心のある活動に向き合っているときは、複業家として仕事をする幸せを味わえます。

私がご支援する人が変化し、成長し、笑顔になる。

それを間近で見られる喜び。

このようなすばらしい仕事があったのか。

日々、そのような気持になるのです。

そういう毎日を過ごしていると日々が充実し、「俺、いま生きてる!」という感じがするのです。

実際、これははっきり言ってしまうと自慢なのですが(笑)、そのような生活をしている私のことを、家族も、「前のお父さんよりも、今のお父さんのほうがいい」と言ってくれています。

でも、先の通り、家族と過ごす時間は、明らかに今のほうが短いのですよね。

おそらく、20代の頃に家にいた私、つまり、仕事を終えたらビールを飲みながらバラエティ番組を見ているような私では、家族に「今のお父さんのほうがいい」と言ってもらえることはなかったかもしれない、と本気で思うのです。

 

「なんとなく」より活き活きとした父親でいることを目指す

そのようなことを考えながらも、私の「良い父親」の定義は、まだ考えていません。(^_^;)

でも、「良い父親」ならば少なくとも、子どもたちが「お父さんのことが好き」だと言ってくれる父親でなくてはいけないだろうと思うのです。

なんとなく仕事をして、なんとなくの生活をして、なんとなく家族サービスをする、なんとなくの父親ではないと思うのです。

それよりも、1人の人間として、私が出しうるパフォーマンスを最大化して、自分を磨き続ける父親のほうが、家族にとっていい影響を与えるはずです。

もちろん、それは私だけの自己満足に終わるのではなく、家族と幸福や豊かさを共有していくことが理想です。

私は、まだそこまで到達していないので道半ばではありますが、簡単にはあきらめません。

ありがたいことに、今の私は、平日の夜や週末の午前中は比較的自由に複業をやらせてもらっています。

そうして、周囲の人よりたくさん働く分、家族をやきとん屋に誘えるようにもなりました。

そのような10年前に憧れていたライフスタイルが、ようやく近づいてきました。
(30代後半の自己投資のおかげだと思っています。)

毎日笑顔で、楽しそうに仕事に打ち込み、趣味を楽しみながら、家族との時間を笑顔ですごす。

まったく完全ではないけれども、その世界を目指すべく、いきいきと働いている姿を見てもらおうと思っています。

自分が選択したライフスタイルのプロプロセスとして。

さて、定時に出社して、なんとなくの仕事をして、なんとなく家族との時間を過ごし、なんとなくの人生を送っていた頃の私は、いい父親なのでしょうか。

それとも、情熱を傾けられる仕事にエネルギーを注ぎ、ふれあう時間は短くなっているかもしれないけれども、自分を磨くべく奮闘する背中を見せ続ける今の私がいい父親なのでしょうか。

これは私の中には答えはありませんので、家に帰ったら子どもたちにきいてみます。(笑)

あなたも、ぜひきいてみましょう。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッションを2件。

午後は、土曜日に引き続き父の日ということで新しいビジネスバッグを買いに上野へ。

家族4人で焼肉を食べられて、幸せな1日でした。(^_^)

【募集中】
・6月27日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!
「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で人生を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族

執筆者:

関連記事

「家族間のコミュニケーションがうまくいってないな・・・」と思ったときに試して欲しい質問法。

先日、クライアントさんから「家族関係を改善するためのいい方法はありますか?」と聞かれました。 そこで、私が意識して使っているコミュケーションの方法(質問)をお伝えしたので、そのこことを記事にしてみます …

鎌倉の材木座海岸。都内に住むファミリー(子どもが小さい)におすすめの海水浴場。

神奈川鎌倉市にある材木座海水浴場に行きました。 はじめて訪れたのですが、 ・都内(23区)在住 ・家族連れ ・子どもが小さい(小学校低学年くらいまで) にはおすすめの海水浴場でした。   ス …

子どもとのコミュニケーションで活用している「5つの工夫、3つのやらないこと、5つの質問集」。

子どもとの時間、どのように過ごしていますか? 複業家として、できるだけ質が高まるコミュニケーションを意識しています。   スポンサーリンク   目次1 「子どもとすごしたい」という …

すでにできあがっているコミュニティーになじむためにどうするか。

新しいコミュニティーにはいっていくとき、緊張やためらいがありますよね。 どのようになじんでいけばいいのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 小学校のイベントを手伝う2 は …

「妻は我が家のCEOである」。奥さんを尊重して「チーム家族」の総合力をあげる思考とは?

仕事を終えて帰宅する「家庭」がくつろげなかったら、心も体も休まりません。 家庭内の感情生活をととのえておくことは、ビジネスパーソンがパフォーマンスを最大化するための1つの条件ではないでしょうか。 &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930