【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

天職の習慣

「やりたいこと」は才能の種。あなたには欲求の数だけ可能性がある。

投稿日:2016/07/04

Pocket

誰にでも、眠っている才能があると考えています。

ただし、そこに到達するためには、自分の欲求にしたがって、あきらめずに行動することが不可欠です。

fc3f9ce6d090d389d12a733115ed2a21_s

 

スポンサーリンク

 

娘の泳ぎに光るものを感じる

週末、2日連続で小学校1年生の娘とプールに行きました。

娘の身長はようやく120センチをこえたくらいで、まだ大人のプールはきびしいです。

ただ、私と一緒に行ったプールは、たまたま子ども用のプールがありません。

でも、娘はそこで臆することなく、プールのへりにつかまって進んだり、ジャンプしながら呼吸をするなど工夫して遊んでいました。

そのようにして最終的には、ビート板を使いながら25メートルプールを3回も泳ぎました。

娘の姿を見て、「この子には、泳ぐ才能があるのかもしれない。」と感じました。

ビート板を持って懸命にばた足をする姿に、きらりと光るものがあったのです。

 

才能を開花させるためには時間が必要

私は、親が子どもの才能に気づいたり、ヒントを見つけることは、親としての大切な役割の1つだと考えています。

何が向いていて、何が向いていないのかはわからないもの。

それは大人も同じです。

目の前の仕事が好きになれない、得意ではないからといって、落ち込む必要はありません。

でも、そのような状況であれば、

・熱中できること
・好きなこと
・ついついやってしまうこと
・時間を忘れて没頭してしまうこと

を探すことをやめないことがおすすめです。

そのような「情熱を注げる対象がない」と思うのならば、何でも良いので試してみる。

何が自分にヒットするのかは、誰にもわかりません。

それに、もし合わなければやめれば良いのです。

「合わなかったから」という理由でやめるのは、まったく恥ずかしいことではないでしょう。

仮説を検証し、行動を繰り返していくことによって、きっと自分が求めるものに出会えるはずです。

才能の開花には、時間がかかることが多いと言われています。

ですから、あまりあせらずに、ゆっくり成長していけば良いのです。

 

自分の欲求の数だけ才能の源泉がある

私自身、自分の強みや才能を探すために、私なりに行動した時期がありました。

その中で数々の失敗があります。

・映画監督になりたくて、新卒の時期にテレビ番組制作会社に入って3年勤めたけれど退職

・英語ペラペラになりたくて英語の学習に3年と50万円以上費やしてTOEIC800点を超えたところであきらめる

・プールでスイーッと泳げるようになりたくてTIスイムに通ったものの途中で通うのをやめ、自分の努力不足で泳げないままだった

といったものは、今から考えると、もっとスマートなやり方があったと思わずにはいられません。

といっても、良かったこともあります。

それは「欲求にしたがって行動し続けていたこと」です。

そして、「自分に合わないものがわかった」ということも発見でした。

プロセスでは、自分なりには迷い、それなりに必死でした。

そのおかげで、今はコーチングに出会えたり、ブログに出会えたり、トライアスロンに出会えました。

それは、自分の可能性をあきらめきれなかったからです。

何より、

「自分には、もっと眠っている才能があるかもしれない」

という仮説をたててみたほうが楽しいのです。

もちろん、

・好きと嫌い
・上手と下手
・得意と苦手

などは、別の問題として存在します。

私が言えるのは、「何が自分に向いているのか」などということは、悩みながら答えを探し続けないかぎり、かんたんには答えにはたどり着けないということです。

そのように考えると、自分の欲求の数だけ、自分の才能の可能性が広がっていることになりますね。

行動し続けながら、あなたの可能性を広げていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻を送り出したあと、久しぶりに子どもたちとべったり過ごしました。

娘には2日連続で、プールに駆り出されました(笑)。

夕食はしっかり自炊!・・・するのはあきらめていつものやきとん屋さんへ(汗)。

たまにじっくりと子ども2人の顔を見ると、私が知らない表情を見せることに気づきます。

普段、なるべく一緒にいるつもりですが、まだまだです。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-天職の習慣

執筆者:

関連記事

「やりたいこと」はインターネットを検索しても出てこない。質問で自分の心の中を検索してみよう。

私たちは、毎日のようにPCやスマホで「インターネットを調べる」という行為をおこなっています。 その検索のように、自分の心の中も検索していきたいものです。   スポンサーリンク   …

あなたの「独自性」のつくり方。キーワードは「しかし、やり続ける」。

AIに代替されないためには、人間の「独自性」が大事だと言われます。 その「独自性」は、どのようにつくっていけばいいのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 人を紹介する際に …

自分探しを終了させる方法。未完了タスク実行とセルフイメージ更新。

「自分探し」という言葉があります。 私も、大学を卒業してから放浪して「自分探し」をやっていました(笑)。 でも、大きな旅行に行かなくても、「自分探し」を卒業することはできます。 ポイントは、 ・未完了 …

今すぐにはできない「人生でやりたいこと」があったら、水面下でもやりたいことを持ち続ける。

よほどのお金持出ない限り、人生でやりたいことを実現するには優先順位を考えることが必要でしょう。 その際のポイントは、やりたいことに対して「期限と条件」を設定することではないでしょうか。   …

同質の社会を抜け出そう。組織を飛び出して「全方位的人脈」を構築する。

さまざまなバックグラウンドの人たちと交流すると、あらためて自分の役割がわかります。 やはり人間は、多用な人間関係のつながりを意識的につくることによって、同質の社会から抜け出す必要があると思うのです。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。