【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「自己開示」をする効用について

投稿日:

Pocket

■当ブログのように、情報発信をしていく上では避けては通れない問題があります。

そして、ある意味、とても大切なことでもあります。

それは、

【自己開示をする】

ということです。

■例えば、先日のエントリーでTOEIC目標スコア800点を突破したという記事を書きました。

個人的な名誉のためにも言わせていただくと(笑)、わたしは自慢のためにスコアを公開したわけではありません。

英語学習者として、TOEIC800点というのは、それほど大したことではないということをわかっているつもりだからです。

なぜなら、わたしの周囲には900点超えの方が何人もいらっしゃいますし、英語を使ってビジネスをされている方もいらっしゃいますし、還暦を過ぎても英語を勉強されているようなあくなき探究心を持っている方もあるからです。

その方たちからみたら、わたしなんてひよっこ同然。

箸にも棒にもひっかからない、とはまさにこのこと。

ですから、800点をわずかに超えたくらいで大騒ぎするのは、非常に恥ずかしいことだと思っているのです。

■では、なぜスコアを公開したのでしょうか?

いろいろと理由はありますが、大きな理由のひとつとしては、わたしとつながりを持つ英語学習者のみなさんとわたしの価値観を共有したいという思いがあるのです。

TOEICのスコアを公開するという行為が、「英語」という言語に関わられているすべての方に、なんらかの感情の動きをもたらすことができるのではないかと思っており、「同じ言語を学習している共有感」とでもいうような気持ちを持っていただけるのではないかと考えている、ということです。

要は、TOEICのスコアを公開したことで、それぞれの「層」に、さまざまな感情をもたらすはずだ、と考えているのです。

英語上級者の層には、「ああ、あの時期か。俺(私)もあの頃がしゃらに英語を勉強していたものだよ。」ということで遠い目をしていただけます。(笑)

そこでは英語学習者の先輩として、後輩のわたしにある種の共感がうまれるでしょう。

わたしと同じくらいのレベルの層には、50歩100歩の背比べをしながら、お互いを讃えあいます。

そこではお互いの努力が、適度な刺激となるでしょう。

私より英語初心者の層には、どのような勉強法をすれば良いのか教えて欲しいとおっしゃっていただきました。

たまに「スゴい!」と言ってくださる方もいる、、、という特典もあります(笑)。

そこではわたしのような者でも少なくとも800点くらいはとれるのだ、ということで勇気が出てくるでしょう。

まったく英語学習に興味関心がない方でも、「そんなことやってんのね」と、わたしのことを少しは知ってくださるきっかけとなることでしょう。

■確かに「自己開示」することは、はっきりいって非常に恥ずかしいです。

しかし、これからの時代、わたしは「すべての個人はなんらかの発信をしていかないと生き残れないのではないか?」という危機感を持っております。

そうであるならば、なるべく早く「自己開示」のトレーニングした方が良いと思っております。

また、自分を開示していくと、わたしに興味を持ってくださる方は、ますます興味を持って頂けることになります。

反対に、興味関心がない方は、そっと離れていくでしょう。(笑)

どんなに優れた人でも、世界中すべての人に好かれるのは不可能だと言われています。

ですから、自分の興味関心を世に向けて発信し、つながりをいただいた方とのご縁を少しずつ深めていくようにしたいのです。

これは、「平成進化論」の鮒谷周史さんがずっと言われていることではありますが、ブログを書き始めてようやく少し分かりかけてきたような気がする今日この頃です。(笑)

【今回の良習慣】
恥ずかしくても、できる範囲で「自己開示」していく。

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

no image

『人生は「仕入れ」で決まる!』という名言の意味

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

新習慣のジレンマを乗り越えるために必要なものとは?

新しい習慣を試すときはリスクがあります。 その危険を乗り越えるために必要なのは「もっと良くなるかもしれない」という期待の感情です。   目次1 朝の新しい習慣「モーニング・ページ」へのトライ …

習慣化のマジックナンバー「3」。3日・3週間・30日・3週間・3年という期間を意識しよう。

「3」という数字は、ポイントをわかりやすくまとめる数として役立ちます。 その「3」は、習慣化でも意識しておきたい数字です。   スポンサーリンク   目次1 習慣化は「3」という数 …

デジタルタイマーでタイムマネジメント。セミナー運営の必須アイテム。

時間を管理するために、私にはデジタルタイマーが必須アイテムです。 時間に制限をもうけることで、アスリート気分になれるからです。   スポンサーリンク   目次1 セミナーのタイムマ …

習慣化で成長するためには?元気なときに、継続する仕組みをつくること

困難や負荷がかかるときは習慣が途切れそうになります。 その状態を乗り越えていくためには、 ・元気なときに、継続する仕組みをつくること がポイントです。   目次1 続けるのが困難なときはどう …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。