【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

人生を豊かにするサード・タイムのすすめ。「第3の時間」をつくり出す4つの工夫。

投稿日:2016/09/05

Pocket

会社で働いていると、常に誰かがまわりにいます。

帰宅すれば、家族が家にいます。

そうなると、自分ひとりの時間というのはほとんどありませんよね。

だからこそ、ひとりの時間というのはある程度強制的につくり出さないといつまでたってもやってきません。

ひとりの時間を「サード・タイム」としてとらえてみました。

2477ee008896c592fb5caba33d331986_s

 

スポンサーリンク

 

ひとりでじっくり考える時間を確保していますか?

同世代の友人たちと話していて感じることがあります。

それは、ひとりになってゆっくり考える時間をとっている人が少ないのではないか、ということです。

とくに、

・会社員で、
・家族持ち(奥さんと小さい子ども)で、
・社外の友人たちとのつきあいもあり、
・勉強会やセミナーにも参加して、
・運動する趣味もあり、
・週末起業もやっている

といった属性の人たち(私も含めて・・・)は、どれくらい自分の時間を確保できているのかでしょうか。

多少確保していたとしても、あまり多くはないはずです。

ですから、自分なりにかなり意識しておかないと、生活の時間が、

(1)会社員として仕事をする時間
(2)父親として家庭で過ごす時間
(3)友人たちと過ごす時間

という3つの時間に支配されてしまいます。

こうなると、ひとりで考えごとをする時間をつくることは難しいのですよね。

たとえば、

・自分がいま何をしたいのか?
・自分がこれから何をしたいのか?
・自分が欲しているものは何なのか?

そういったことを考えたり、チャレンジを決断する時間もなくなってしまいます。

ひいては、行動を起こせなくなってくるのです。

 

サード・タイムをつくり出す4つの工夫

スターバックスには、「サード・プレイス」という概念があるのは有名ですよね。

生活していく上では欠かせない2つの場所があります。

ファースト・プレイス(第1の場所)は家庭であり、セカンド・プレイス(第2の場所)は職場や学校です。

この2つの場所以外の居場所をつくるという試みが「サード・プレイス」というコンセプトです。

では、場所と同じように、時間にもそのコンセプトが当てはめられるのではないでしょうか。

ファースト・タイム(第1の時間)は家庭であり、セカンド・タイムは仕事です。

そして、ひとりでじっくり考えごとをしたり、自己対話や自己探求をするための時間が「サード・タイム」ということです。

私たち(とくにアラフォー世代の)ビジネスパーソンは、「サード・タイム」というべき「第3の時間」がもっと必要なのではないでしょうか?

といっても、どうすれば良いのでしょうか?

そこで、私がサード・タイムをつくるために工夫している方法をあげてみます。

 

(1)早起きをする

早起きをすれば、家族が寝ている時間はひとりの時間です。

セルフイメージもあがり、効果的なサード・タイムとなるのでおすすめです。

 

(2)ひとり会議の時間をとる

週に1度、定期的にひとり会議をする時間を確保しています。

たった30分ではありますが、私にとっては貴重な時間です。

 

(3)帰宅前にカフェによる

仕事終わりで、最寄り駅から自宅に帰るまでに、少しだけカフェに立ち寄ります。

あまり長居すると、今度は家族との時間がなくなってしまうので注意が必要ですが。

 

(4)歯医者や眼科の定期検診や散髪おわりの時間を確保する

定期検診の帰りや散髪の帰りに、ひとり時間をとります。

帰宅時に、「今日も混んでいてさ、待たされてたいへんだったよ。」と言ったりしています。

うちの奥さんが、「いいかげん、いつも混みすぎじゃない?!」と、いつ言い出すのかはわかりません(笑)。

 

サード・タイムの活用で人生の質をあげよう

ひとりで過ごす時間というのは、私たちにとって非常に大切です。

学生時代はひとり暮らしをしていたのですが、その貴重さに気づいていませんでした。
(といっても、仕事や家族があるからこそ、ひとり時間の貴重さを味わえるというのもありますが。)

ひとり時間を確保することは、自己コントロール感を保つことにもつながる効用があります

できれば1度、30分で良いのでやってみていただくことをおすすめいたします。

・ふり返りをする
・人生やキャリアのたな卸しをする
・強みや弱みを書き出してみる
・将来について考える

など、「サード・タイム」の良さは味わうことでによって実感できるはずです。

油断していると、私たちの時間はすべて流れていってしまいます。

しかし、「サード・タイム」を意図的につくり出し、意識して活用していくことで、QOL(人生の質)はより好ましい変化をしていくものだと私は考えています。

サード・タイムが充実すれば、ファースト・タイムとセカンド・タイムのクオリティーもあがるからです。

中長期で人生を逓増させていくためにも、「サード・タイム」を活用していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はプールでスイムトレーニング。

いつもと反対の右呼吸を試しながら泳ぎました。

途中から娘も参戦してきたので、トレーニングは中途半端に終わりましたが(笑)、楽しめました。

娘は自己流のクロールで、はじめて3メートルくらい泳ぎました。

父娘で同じトライアスロンのレースに出るプロジェクトを、ひそかに進めています(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

no image

「自責思考」で行動する人になるための小さな習慣とは?

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

行動することがハッピーを連れてくる!

前回の記事で、セミナー活動再開をするにあたり、動きを一旦止めると再開するためのエネルギー負荷が大きくなる、というお話を書きました。 ただ、エネルギーが溜まっていたのかもしれませんが、動き出すと良い感じ …

それって親切なの??「悪口の運び屋さん」に遭遇したときの対処法を見つけました!

「あの人があなたのことをこんな風に悪く言ってたよ。」 という悪口を聞いたとき、あなたはどうしますか? インパクトある対処法を見つけました!   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のU …

勝負に勝つためではなく、自分が設定したゴールを目指すために「強く」なる

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日に引き続き、「自信」について考えます。     目次1 自分自身を評価する2 今と …

小松川平井マラソン大会に参加!自分の趣味に家族を巻きこみ、小さな機会を想い出の1日に変える。

友人から、フルマラソンなどにチャレンジするとき、「家族の理解が得られなくて困っています。。。」という声を聞きました。 確かに、理解を得るまでの道のりは簡単ではありませんが、思いきって一緒に巻きこんでし …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。