【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

赤信号を使って感情を安定させるトレーニングをしてみよう。

投稿日:2016/09/29

Pocket

私は赤信号を渡りません。

それは赤信号を渡らないことによって、自分の弱い心を「善の方向にしつける」というトレーニングをしているからです。

ceedb1f44626b287567a9c009dfc0448_s

 

スポンサーリンク

 

赤信号を渡らないというマイルール

私が持っているマイルールに「赤信号は渡らない」というものがあります。

たとえば、

・早朝の朝ランの途中の赤信号
・誰も通らないような十字路にある赤信号
・田舎道の道路にある赤信号

といったようなどのような場合でも、赤信号を渡らないようにしています。

マイルールを持っているとわかるのですが、ほとんどの人はあまり車の通らない赤信号を平気で渡ります。

堂々と交通ルールを破っているのですよね。
(考えてみると、少し異常な気もします。)

 

赤信号を渡らない3つの理由

なぜ、私が赤信号を渡らないようにしているのか、その理由は大きく3つあります。

 

1 赤信号を守れる心の余裕を持っていたいから

朝、遅刻しそうになっていると、つい赤信号を渡ってしまいそうな気持になりますよね。

ですが、赤信号を渡らないと決めているので、そのような葛藤はおきません。

よけいなことに心を乱されないようにキープしています。

 

2 ブラックアウトになってしまったときのセーフティールールにしているから

以前、会社の取引先との飲み会で、飲みすぎて(飲まされて)意識がなくなった(ブラックアウト)ことがありました。

その際、移動のタクシーの助手席に乗っていた私は、何を思ったか信号待ちで道路に飛び出てしまったそうです。

もしも後ろから別の車が来ていたら、事故になっていたでしょう。

でも、そのときに「赤信号を渡らない」というルールを持っておけば、飛び出したりしなかったはずです。

どのようなルールを持っているかによって、無意識のときの行動が変わります。

そのため、無意識のときにも交通ルールをやぶらないようにするためにも、赤信号を渡らないと決めています。

 

3 親として子どもの前で交通ルールを守る姿を見せたいから

親子で一緒に赤信号を堂々と渡っている姿を見たときに、強烈な違和感を感じたことがあります。

大人は社会の中で子どもの手本になるべき存在でしょう。

それなのに親が赤信号を平気で渡っている姿を見せるのはマイナスだと思います。

親が交通ルールを破りまくっているのに、子どもにだけルールを守らせるのはおかしいです。

赤信号を渡らないくらいは、子どもの前でできることです。

 

赤信号を使って弱い心を善の方向に向けるトレーニングをする

赤信号を渡らない。

子どもの頃に教えられた当たり前の交通ルールです。

それは意識すればとても簡単なルールのようなものかもしれません。

一方で意識しておかなければ、たったそれだけのルールでさえも破ってしまいたくなるのです。

人の心は弱いものだと、最近つくづく思います。

赤信号を渡ってしまう気持は「交通ルールを守ったほうが良いのは本当はわかっているけど、ついやってしまう」なのです。

赤信号を渡ってしまうのも、赤信号をとまるのも、心の中では「100対0」ではないと思っています。

数値でいえば、「51対49」のような微妙なラインでの攻防なのではないでしょうか。

それは、ルールを持っておかないと、かんたんに悪いほうに向かってしまうのです。

だからこそ、赤信号を渡らないことによって、常に自分の中の針を良いほうにふれるようにトレーニングしています。

外を歩いていれば、赤信号はいたるところにありますので、トレーニングする機会はたくさんあります。

そのようにして、なるべく善に心の針がふれるようにしているのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は体調がすぐれず、、、会社を休んでしまいました。。。

幸い、風邪ではなかったので休養をとることでだいぶ回復しました。

仕事がだいぶ詰まってしまいました・・・。(T_T)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「習慣のループ」を意識する

■子どもを歯医者に連れていったときに大変さを味わいました(汗)   今日は4歳の娘を歯医者に連れて行ったのですが、椅子にも座らず、結局治療しませんでした。。。 週末で混み合っている医院で、困 …

思い通りにならない現実は、幸福観を成長させるきっかけだととらえてみる。

生きていれば誰でも「幸福」を求めるものですよね。 その幸福の価値観は「ずっと守らければならないもの」ではなく、自分のフェーズによって変化させていきたいものです。   スポンサーリンク &nb …

なぜ「ふり返り」は敬遠されるのか?それでもふり返りの習慣をおすすめる2つの理由

定期的な「ふり返りの習慣」を継続するのは意外と難しいもの。 それでも「ふり返りの習慣」をおすすめしたい2つの理由があります。   目次1 「ふり返りの習慣」の難しさはどこにあるのか?2 「継 …

幸せになるための10の条件とは?「幸福」の基準がわからないときの指針にするために。

「幸せ」の条件とは、どのようなものでしょうか? わかりやすく10個の条件になっていれば、自分が幸福かどうか、わかりやすくなりますよね。 参考図書があったので、本記事で10個の条件をご紹介します。 &n …

良習慣の継続を有料サービスにつなげる方法

ただ単に行動を継続しているだけでは、発展がありません。 意図を持って良習慣の実績をつくっていくことで、ビジネスにつなげていく視点を持つことがおすすめです。   目次1 読書会「エキスパートカ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。