【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

ほかの人に期待しすぎるのはNG。忘れてはいけない「自分で選択した」という視点。

投稿日:2017/04/09

Pocket

コーチやコンサルタントの強いセールス文を読んでいると、まるで「あなたに魔法をかけます!」といったような感覚になることがあります。(^_^;)

ただ、どれほど優秀なコーチやコンサルタントをつけても、最終的に努力するのは自分自身です。

 

スポンサーリンク


 

良いできごとと悪いできごとの起源

「良いことも、悪いことも、すべての源は自分なんだよ」

これは、私が母親から教えてもらった数少ない教え(笑)のうちの1つです。

学生時代に教えてもらった言葉だったのですが、当時は正直なところ「なるほど、、、わかるような気もするけど・・・?」くらいにしか思っていませんでした。(^_^;)

しかし、社会人になって、いろいろな経験をしてくると、この言葉の重みがわかってきました。

先日、友人のコーチから興味深い話を聞きました。

それは、友人のコーチが契約しているクライアントから、「コーチのアドバイス通りにしたのに、うまくいかなかった」と不満を言われたというのです。

友人のコーチは誠実な人で、クライアントをだますような人ではありません。

また、コーチは基本的には自分の考えをクライアントに押しつけることはしませんので、クライアントから「コーチはどう思いますか?」というアドバイスを求められたからこそ、自分の考えを述べただけだそうです。

ベテランのコーチやコンサルタントであっても、すべての正解がわかるはずもありません。

そのクライアントの方は、そのような前提を見失ってしまい、そのような発言をしてしまったのでしょう。

 

「自分で選んだ」という決断を忘れない

コンサルタントやコーチを雇う場合、

・自分よりすごい人なのだから、色んなことを知っているだろう

・だから、その人の言うとおりにやれば正解なはずだ

という風に思うのは仕方のないことかもしれません。

事実、私はそのように考えていた時期があります。。。

しかし、それは危険な考え方ではないでしょうか。

なぜなら、その思考の元に「自分で考えてから選択する」という視点が抜けてしまっているからです。

また、そもそも論から考えると、「あなたのせいで・・・」と言った人を選んだのは、ほかの誰でもなく、そのクライアントなのです。

その視点を忘れて、アドバイスをくれたコーチの批判をするというのはどうなのだろう、と、ちょっと考え込んでしまいました。

・・・考えてみると、パートナー選びや会社選びにも通じることかもしれませんね。

自分が選択した相手に対して、文句を言うという。。。(^_^;)

 

自分の決断を正解にしていく

どれほどすごい人だとしても、私たちは同じ人間です。

けた違いにレベルが違う人というのは、そうそういないはずです(いたとしても、身近に出会っていない可能性が高いでしょう)。

誰にだって間違いはあるし、誰にでもわからないことはあるものです。

その点を理解していれば、たとえクレームを言いたいようなことがあっても相手を責めるようなことはせず、「では、どうすればいいのか?」ということを考えていくようになります。

生きていれば、想定外のトラブルに巻き込まれることはあります。

それでも、長期視点でとらえ直してみると、意外とそのトラブルが自分に足りないところを教えてくれるできごとだった、というのはよくある話です。

そのような意味でも、結果を嘆く思考にならずに、なるべく柔軟性を持っていないと、ほかの人に期待し過ぎて、思いもよらぬ展開になってしまうかもしれません。

ほかの人へ期待するより、自分の選択を正解にするための行動を積み重ねていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

プロ野球観戦のためにチケットを購入しました。

6月14日、東京ドームでのジャイアンツ対ソフトバンクです。

ファミリー席というのがあることを初めて知りました。

3枚セットか4枚セットしかないのですが、1人1,900円と、かなりお得なんですよね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

「がんばっているのにうまくいかない」を抜け出す方法。その場でがんばるよりも「自分が努力する場所を選ぶ」ことに目を向ける。

自分を変えるためにいろいろとやっているけれど、現実が変わらないというお悩みを聞きます。 そこで考えていただきたいのは、「自分が努力する場所を選ぶ」という視点です。   ■スポンサーリンク & …

ブラッシュアップ思考のすすめ。「1度で完全に」よりも「早く何度もくり返す」。

あなたは、 ・なかなかはじめられないのにもかかわらず、挫折してしまう人 ・行動力があってすぐにはじめられて、続けられる人 どちらのタイプでしょうか? この2種類の思考には、 ・コンプリート思考 ・ブラ …

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星空理論」 。自分の良い面にフォーカスして長所を磨きこむ。

星座がきれいに見えるのは、暗くなっている夜空があるからですよね。 それは光っている面が目立っているからであり、私たちも星座から学べることがあります。 私は「星座理論」と名づけています。   …

「自信がない」というコンプレックスを改善する方法。「持っているもの」に焦点をあてて、多面的な自分を受け入れる。

「ないもの以外、全部ある!」という考え方を支持しています。 私も、「ないもの」を見れば、不足しているものばかりですが、「持っているもの」にフォーカスすると満たされている気分になるものです。 &nbsp …

挑戦に不安になるときは「有るもの」に焦点をあてる。「無いもの以外は全部ある」というセルフトークを持つ。

何かにチャレンジしていくとき、「何に焦点をあてるか?」ということはとても重要です。 不安なときほど、「無いもの」ではなく、「有るもの」にフォーカスしていきましょう。   スポンサーリンク & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。