【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きする人に伝えたい。完璧を捨てて、休日がある早起きを目指そう。

投稿日:2016/01/23

Pocket

「早起きに失敗していたころの自分にアドバイスするとしたら、どんなことを伝えますか?」

先日、私が聞かれた質問です。

私の答えは、大きく2つあって、

・完璧な早起きを目指さないこと
・早起きをお休みする日をつくること

と答えました。

その理由を記事にします。

pool-690034_640

 

スポンサーリンク

 

早起きを数値化しすぎてつらくなる

早起きに挫折した人の多くは、「完璧な早起き」を目指して失敗しているものです。

原因はいくつかに分類できるのですが、1つには、早起きは時間という概念に縛られてしまうということがあると考えています。

「明日から5時に起きる!」

そのような目標をたてて、寝坊したり、二度寝してしまうと、早起きをやめてしまうのです。

何を隠そう、過去の私です。。。(^_^;)

ただ、人間は機械ではありません。

時間という数字の中だけで生きられるものではないのですよね。

 

早起きの呪縛から逃れるために早起きをお休みする日をつくる

早起きを続けていると、何日かできていたのに、なぜか起きれなくなる日がやってきます。

早寝しているのに、早起きできなくなる。

この停滞期の理由は、脳や身体が、「いつも通りに戻そう」と強く反発してくるからです。

ここであきらめずに、粘り強くいけば、身体が慣れてきて、また早起きできるようになるものなのです。

ただ、真面目でがんばる人ほど、このプチ挫折に耐えられなくなります。

そうした自分が許せなくなって、早起きをやめてしまうのです。

しかし、大切なのは、ここで完璧な早起きを手放すことです。

完璧を目指さなければ、ここでストレスを感じることはありません。

「365日、毎日5時に起きる」という数字の目標は、大事ではあるのですが、とらわれすぎてはいけないのです。

それと同様に、完璧な早起きを目指すために、「毎日早起きしなければならない」と考えて、がんばり続けることも、実は、「早起きの呪縛」です。

毎日早起きしようとすると、高いモチベーションをキープしていても、息切れしてしまいます。

ですから、早起きがつらくなってきたら、思いきって早起きを休むこと。

それが、早起き継続に重要なポイントなのです。

 

文章の句読点のように、休みをとって早起き生活にリズムをつけよう

仕事でも、たいていの人は週休2日ですよね?

休みがなかったら、フラストレーションがたまるでしょう。

365日、1日も休まず働き続ける。

そんな一生が続く。

そのような人生は、、、つらいですよね?

早起きも同じです。

早起きにも「休日」が必要なのです。

あえて言えば、たまには二度寝したり、睡眠負債を返すために寝る、つまり「早起きの休息」をとってあげることが、早起きを長く続けるコツでもあるのです。

ですから、

・奥さんやご主人と深酒する
・気のおけない友人たちと思いっきり飲み明かす
・罪悪感なしに夜ふかしを楽しむ

というような日を、「早起きお休みの日」にして、楽しむ日をつくって良しとしましょう。

365日毎日早起きするというのは、文章でたとえると、句読点のない文章のようなものです。

適度に句読点のある文章のほうが読みやすいはずです。

だからこそ、文章に句読点をつけるように、完璧な早起きを手放してたまには早起きをお休みし、毎日の生活にリズムをつけましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、帰宅後に、娘と一緒に「魔女の宅急便」を観ました。

小学生の頃に初めて観て以来、久しぶりでしたが、今は有名な声優さんがたくさん出ているんですよね。

思わず、先日読んだ「声優魂」を思い出して、業界で活躍し続けている声優さんたちの努力をイメージしてしまいました。

私が「声優魂」を知ったのは、井ノ上さんのブログでした。

「税理士だけはやめておけ。」ー『声優魂』大塚明夫著よりー | EX-IT

【お知らせ】
2016年2月10日(水)【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

1日の自由時間を2倍にする。早起きを習慣化して朝時間をつくり出そう。

行動できなかったとき、たいていの人たちが口にするのは、「時間がなかったので・・・」です。 ただ、そのように話す人に限って、「もったいない時間の使い方をしているな・・・」と感じます。 打開策としておすす …

入眠時間へのプライオリティーをあげて早起きを習慣化させる!1日のはじまりを入眠時間から考えてみよう。【早起きの習慣】

  こんにちは、伊藤です。 本日、早起き習慣定着プログラムをご受講中のクライアントさんから、ぼくの早起きに対する新たな考え方を教えていただきました。 それは、 「1日のはじまりを入眠からスタ …

習慣化は1週間に4日以上できればいい。「3.5日リズム」で「過半数の法則」をクリアしていこう

習慣は必ずしも「毎日」にしばられなくて大丈夫です。 最初の基準は1週間のうち4日以上をクリアすることを目指しましょう。   目次1 3日坊主をクリアするための「3.5日リズム」2 「3.5日 …

どうしてもすっきり目覚められない人へ。あなたはどのように「朝」を脳に伝えていますか?

私がどうしても早起きできなかった原因の1つに、「日当たりの悪い部屋で寝ていた」ということがあると思っています。 それは、人間の本来の生活リズムに反する行動になっていたということです。   ス …

会社の仕事で成果をあげたい人におすすめしたい「早朝出社して前業作戦」。

会社の仕事に慣れてきた頃に、現状維持を抜け出して何ごとかをなすために何をすればいいのでしょうか? 私は、朝時間の活用をおすすめしています。   目次1 営業ナンバーワンを目指すきっかけになっ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。