【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣 良習慣の習慣

内省と自己対話を「プライマリー・グッド・ハビット=最重要の良習慣」にしてみませんか?

投稿日:2019/11/04

Pocket




スマホやインターネットは外側からの刺激です。

それらにふれているうちは、自分の内側から出てくるものを封印していることと同じなので注意したいものです。

 

オバマ前大統領の良習慣とは?

先日、あるセミナーで、アメリカの前大統領であるバラク・オバマ氏の習慣に関するエピソードを聞きました。

それは、毎日1時間、自己対話や内省の時間を欠かさなかったということです。

アメリカの大統領といえば、世界でもトップレベルで予定が詰まっている人ですよね。

以前、私が思わず「忙しい」という言葉を言いそうになったときの対処法を記事にしました。

「忙しい」を禁句にしている私が、思わず「忙しい」と言いそうになったときの対処法。

 

この記事では、つい「いっぱいいっぱいだ」と思いそうなときに、日本の首相の行動記録を見ることで「自分の予定なんてまだまだなんだよな」と思えるようになる、という方法でした。

ただ、おそらく日本の首相よりも、アメリカの大統領のほうが、さらに分単位のスケジュールではないかというイメージがあります(さだかではありませんが・・・)。

そんなオバマ前大統領でも、1時間もひとりの時間を確保していたということですから、彼にとっての「プライマリー・グッド・ハビット=最重要の良習慣」だったのでしょう。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





本当に重要な活動を先のばしにしていないか?

オバマ氏に限らず、活躍しているリーダーや大きな目標を成し遂げた人は、内省や自分と向き合う時間を確保しているものです。

そのような「プライマリー・グッド・ハビット」が、毎日に活力を与え、エネルギーを高めてくれることを理解しているのでしょう。

それに比べると、私たちはどうでしょうか。

私も含めて、多くの人たちが本当に重要な活動を先のばしにしているように思えるのです。

先のばししている理由を考えたり、尋ねてみると、

・お金がないのでできないんです。もっとお金があればできるんですが、、、

・時間がないのでできないんです。もっと時間があればできるんですが、、、

・妻の許可がないのでできないんです。妻の理解があればできるんですが、、、

・仕事が忙しいのでできないんです。今の仕事が落ち着けばできるんですが、、、

・余裕がないのでできないんです。引退でもすればできると思うんですが、、、

というような理由が多いのです。

少し先の未来を楽しみにして、今の人生をがんばることは賛成です。

未来に希望や期待があるからこそ、私たちは充実感を持って人生を送れるわけですので。

しかし、本当に明日が来るかどうか。

それは、誰にも保証できません。

韓国の小説「カシコギ」の一節に、

“あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった人が、あれほど生きたいと願った明日なんだ。(趙 昌仁/小説『カシコギ』著者)”

という名言があります。

実はここ最近、私の近くでも、私の周囲でも、この言葉が響いてくるできごとが起きています。

それだけに、自分の生き方に思いを馳せないわけにはいかないと、最近あらためて感じているのです。

 


■スポンサーリンク




あなたの人生に余白はあるか?

“もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?”

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の名言です。

その後に続く言葉は、

“それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです”

です。

たとえば、毎日1時間ずつ何かやりたいことに集中すれば、1年で365時間それに注力できることとなります。

もちろん、私も、

・もっと執筆に時間をあてたい

・もっとブログに時間をかけたい

・もっとコーチングセッションの時間枠を増やしたい

・もっとトレーニングのトレーニングの時間を取りたい

・もっと家族とすごしたい

と思っています。

これらの活動が私の価値観に沿っているものですし、ふれているとエネルギーが高まる活動です。

これらの時間は「もし今日が自分の人生最後の日」だとしてもやると思います。

そのことに気づいたのは、まさに内省の時間をとり、自己対話をやり続けたからです。

コーチングセッションでもそうなのですが、「自分で気づく」という行為は今の自分に変化を起こすためにとても重要な時間です。

しかし、今の予定がたくさんありすぎるビジネスパーソンは、内省の時間や自己対話の時間をとっている人は少ないでしょう。

ただ、動きのあるタスクばかりに目を向けていては、自分の内面に起こる「気づき」は生まれにくいものなのですよね。

それに、どんなことに幸福を感じ、どんなことに心が動いたのか、気づきを言葉にしなければ、すぐに消えてしまいます。

それらをないがしろにしてしまうから、

「やりたいことがわからない」

「自分が好きなものが何なのかがわからない」

ということになってしまうのだと思うのです。

ですので、本記事の結論としての私のおすすめは、

・内省や自己対話の時間を、1日15分とりましょう

ということにつきます。

15分の時間がとれないとしたら、ご自身の活動やタスクの優先順位を見直しましょう。

何かが間違っているかもしれません。

実際、あなたの人生やあなたの時間をコントロールする人は、あなた自身ですよね。

そのことを忘れないことが大事だと思うのです。

できれば今後66日間、1日15分の時間を確保して、あなたの人生にとって本当に重要なことは何か考えてみましょう。

一見すると、そういった地味な時間は無駄な余白のように思われがちですが、その「余白」こそ大事な時間です。

娘のピアノ演奏を聞いていてよく感じるのは、音楽を構成しているのは音符の間の空白なのだと思うからです。

あなたの人生にも、余白があったほうが、より美しい音楽を奏でられるのではないでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日も、午前中から執筆で原稿磨き。

前書きと後書きを書きました。

重要な部分なので、力が入りますね。

夜は家族と待ち合わせて焼き鳥を食べました。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「目標」と「やりたいこと」の違い。あなたの目標は、どうなったら、それが実現したとわかりますか?

「目標」と「やりたいこと」。 似ているようで違う2つの言葉を比較しながら、目標について考える機会がありました。 あなたは目標をどのように位置づけていますか?   スポンサーリンク &nbsp …

習慣は「1度に1つ」しかダメなのか?過去に習得した習慣なら同時進行も可能。

習慣化は「1度に1つ」が原則です。 ただ、過去に習得した習慣であれば、「1度に2つ以上」取り組むことは可能だと考えています(欲張りな私は・笑)   スポンサーリンク   目次1 無 …

スランプを感じたら喜んでいい。私がスイムで感じた上達の予感(のようなもの)。

目標に向かっているときには、スランプは味わいたくないものですよね。 ただ、スランプも思い返せば、成長の一歩手前だと予告しているサインでもあるのだと考えてみましょう。   スポンサーリンク & …

「行動を選ぶとき、あなたは結果も選んでいる」。インパクトある行動を見つけるための3つのポイント

「過去にどんな行動をとってきたのか?」 それによって、現在の私たちがつくられています。 ということは、「現在の選択の質を高めること」がより良い未来をつくっていくということになりますよね。 望む未来のた …

「最高の一手」を得るための考察

■娘の保育園行事に参加   娘が通う保育園の行事に参加をしました。 呼称は「大きくなった会」ということで、4~6歳児が、それぞれ学芸会のような見せ物を発表してくれました。   親た …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。