【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

コミュニケーションを上達させたいなら、2種類の「きく」の違いを理解することからはじめよう。

投稿日:2018/06/25

Pocket

「聞く」「聴く」「訊く」「効く」。

一言で言えないくらい「きく」には様々な表現があります。

その中でも大事なのは、「聞く」と「聴く」の違いを理解しておくことです。

 

スポンサーリンク


 

「売れる営業マン」はみんな外交的?

15年前まで、私がイメージする「売れる営業マン像」がありました。

なんとなく、

・社交的、外交的

・アグレッシブ

・強引、豪腕

・話がうまい

・ポジティブ

という感じでしたね。

実際、義父はそのような営業マンのタイプ。

会社員として勤めていた頃は、レジスターの営業で全国トップセールスを何度もとったことがあります。

私は、そのような義父とは正反対のタイプなので、お酒を酌み交わしつつ、義父の武勇伝を聞いては「やっぱり、売れる営業マンと自分は違うわ・・・」と思っては、自分で勝手にへこんでいました。(^_^;)

その義父と会話をしているとよく思うことがあります。

それは、「あれ?こっちの話を聞いてるのかな?」と思うことです。

有り体にいえば、「こちらの話がスルーされている(ことがある)」ということですね。(笑)

ですから、義父にコーチングのことを話しても、「結局、何なの?」という感じです。

そこから考えると、おそらくバブル世代のトップセールスたちは、きっと「聞く・聴く」というコミュニケーションは、あまり重要視されていなかったのでしょうね。

 

「聞く」と「聴く」という2種類の「きく」

確かに、「聞く」ことは難しいものです。

「聴く」というのは、それに輪をかけて難しい。

「聴く」という漢字は、

・「耳」だけではなく、「目」と「心」を使って「聴く」

からです。

この「聴く」ができるようになると、コミュニケーションの質はグッとあがるのです。

では、「聞く」と「聴く」の違いはどのようなイメージなのか、書いてみます。

 

まずは「聞く」です。

聞く

・自分のペースで聞く

・相手の話を判断しながら聞く

・間違いを正そうとしながら聞く

・自分が質問するために聞く

・自分の価値観を通して聞く

 

一方の「聴く」はどうでしょうか。

聴く

・相手のペースで聴く

・相手の話を評価せずに聴く

・相手の話をまずは100%受け入れて聴く

・相手のための質問をするために聴く

・自分の前提は手放して聴く

といった違いがあります。

 

学校では教えてくれない「聴く」

さて、あなたは、

・聞く

・聴く

どちらで相手の話をきいているでしょうか?

私の感覚では、おそらくたいていの人は「聴く」はできていません。

それもそのはずで、私たちは「聴く」ことを学ぶことはほとんどないからです。

話し方教室やプレゼンテーションを学ぶことはありますけれども。

それでは、上達のしようがありませんよね。

しかし、40代をすぎて思うのは、ビジネスを含めた人間関係を深めていくためには、話すことよりも「聴く」ことのほうがはるかに重要です。

重要なことだからこそ、忍耐も求められますし、上達も遅効性です。

相手のことを許すことも必要ですし、相手を信じる器も求められます。

そして、それこそが、人格的な成長をしていくために、必要なことなのではないでしょうか。

仕事では重要な顧客を担当し、部下を持つ人も増えるでしょう。

家族を持つ人もたくさんいます。

そのような仕事でもプライベートでもおだやかな人間関係をつくっていうためには、話すよりも「聴く」ことが重要なのです。

答えを急がず、愛情を持って。

何よりも、私たちが「話す」より「聴く」ことが、相手に対する敬意を表せます。

それは、相手へのプレゼントなのだと思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝10時から夜6時30分まで「習慣化の学校」1dayコンサルティング。

メンバーの人生の変革期に立ち会っていることを実感する時間でした。

そのあとは定例の懇親会。

今回は、3ヶ月に一度の「習慣化の智慧」コミュニティーとの合同懇親会でした。

昨日は私が代理の幹事を引き受けたので、妙に落ち着かず、終了時間をずっと気にしてしまいました。。。(^_^;)

【募集中】
・6月27日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!
「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で人生を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

大きな目標を達成する方法。落とし穴にはまって挫折しないための考え方とは?

大きな目標をたてるのは良いことだと考えています。 ただ、大きな目標にたどりつくための考え方と解決方法を間違えないようにしなければなりません。   目次1 大きなギャップをうめるためのウルトラ …

未完了を退治!コーチングセッションで心に空きスペースをつくろう。

「やろうと思っているのになかなか手をつけられない。」 そのように、目標に到達していない状況を「未完了」と言います。 未完了は、常にはき出し続けて、片づけていかないとエネルギーがとられてしまいます。 「 …

コーチングの依頼をおことわりするという苦渋の決断。「おまかせします」思考ではコーチングの成果は出ない。

コーチとクライアントは、言うまでもなく、双方向のコミュニケーションをとることが重要です。 よく、誤解されている方が多いのですが、コーチとクライアントの関係は、先生と生徒のような上下関係ではありません。 …

10,000回のフィードバックから考える。相手にどのように声がけをすればいいのか?

相手の言動や行動に対するフィードバック。 どのようなことに気をつければいいのでしょうか。 私のおすすめは、3つのポイントにしぼってフィードバックをすることです。   スポンサーリンク &nb …

コミュニケーションでの相互理解を実現するためには?

コミュニケーションでの「相互理解」を実現したいと考える人は多いでしょう。 相互理解を実現するためには、まずは自分から相手の話を「聴く」ことからスタートしましょう。   目次1 理解されたいな …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。