【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

「目標設定」は重要だけれど難しい。本当の目標に近づく努力を忘れない。

投稿日:

Pocket

コーチとして100回を超えるセッションを通じて、「目標設定」の重要性はもちろん、とても難しいものだということを実感しています。

darts-673229_640

 

スポンサーリンク

 

「本当の目標」は簡単にはわからない

コーチングは、クライアントの目標がなければスタートできません。

そのため、オリエンテーションやプレコーチングで、目標設定のために時間を投資します。

ただ、ひとくちに「目標設定」と言われますが、最近、私は、目標設定がいかに難しく、かつ、深いものであるか、ということを考えています。

実は、そんなに簡単に、「本当の目標」というのはわかりません。

だからこそ、コーチングで大切なのは、「どんな目標を設定するか?」ということに、スタートからこだわることだと思います。

 

「hope to」や「have to」の目標ではなく、「want to」の目標を探求する

私たちは、目標設定のやり方を学校で習ったことはありません。

ですから、多くのクライアントさんは、目標設定のやり方が自己流になってしまいます。

コーチから「目標は何ですか?」と聞かれたら、「なんとなくの目標」を話してしまいます。

たいていの人は、「これができたら良いですね。」とか、「これはやっておきたいです。」というレベルの目標を話します。

正直、、、「100人コーチング」などの単発のセッションであれば、その目標をテーマにしてセッションをするしかありません(時間は限られているし、関係性も薄いので・・・)。

残念ながら、それらの目標は、言ってみれば、「hope to」や「have to」の目標がほとんどです。

少し過激かもしれませんが、「hope to」や「have to」の目標は、あまり意味がありません。(^_^;)

本気で思っていなければ、ちょっとしたトラブルなどですぐにあきらめてしまうからです。

では、コーチが聴きたいのは、どのような目標なのか?

それは、クライアントさんが心から、「どうしてもこれをやりたい!」という「want to」の目標なのです。

 

適切な「want to」の目標を見つければコーチングの半分は成功したようなもの

「want to」の目標が見つかれば、人は放っておいても行動するものですよね。

だからこそ、その人にあった目標や、やりたいことを探る時間が必要です。

私が、オリエンテーションに時間をかけるやり方に共鳴したのも、はじめに「want to」を見つけることが重要だと感じたからです。

私は、オリエンテーションやセッションのときに、「クライアントさんが話していることは、本当に、心から達成したいと望んでいることかな?」という視線でクライアントを観察しています。

クライアントさんを観ているとわかるときがあるのですが、「hope to」や「have to」の目標を話しているときの表情は、あまり重みを感じません。

一方で、「want to」の目標を話しているときのクライアントさんは、口調や表情があきらかに変わります。

私は、コーチとしてさらに経験を積んでいくために、これからのセッションでは、クライアントさんが「want to」を話す時間をもっとつくりたいと考えています。

今は、そのためのワークや質問の在庫をためているところです。(^_^)

クライアントさんの本当の「want to」を見つけたとき、そのときはコーチがいなくなっても大丈夫でしょう。

コーチは、そんな風にクライアントさんが「want to」の目標を見つけて、自然に走り出すために伴走しているのかもしれないのです。

最近、そのようなことを考えています。

あなたの目標は、「want to」の目標ですか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、仕事を早めに終えて、家族と外食をしました。

平日の外食は贅沢なのですが、私が長く費やしてきたことに対する嬉しいリターンがあったので、一緒にお祝いをしました。

私が留守にしている時間に対する、日ごろの感謝の気持もあります。(^_^)

【お知らせ】
2016年2月10日(水)【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

事実は無色透明。残念ながら、私たちは「世界をあるがままに見ることができない」という事実。

今日、息子と一緒にバスに乗っていたら、スマホのゲームをやっている見える男性(50歳くらいに見える)がいました。 ゲームをやっているだけなら普通の光景ですが、その男性は、音を出してゲームをやっていたので …

どちらの道を選べば良いのか迷うときに。NLP「タイムライン」で決断を後押しできる。

「現状のダラダラ生活を続けたら、、、いったいどうなってしまうんだろう・・・?」 そんなふうに考えていても、なかなか生活リズムを変えるのは大変ですよね。 それは、「理想の1日を過ごし続けた10年後の状態 …

コミュニケーションの言葉を英語で理解して、対話力の向上に磨きをかける。

・「聞く」と「聴く」 ・「見る」と「観る」 など、同音で似たような意味をもつ言葉。 このような言葉を区別して、英単語の意味から理解しておくことは、コミュニケーション力の向上に有効です。   …

あなたの仕事が世界に与えている影響は?自分の仕事のデメリットはメリットを超えているのか。

「あなたの仕事は、世界にどのような影響を与えていますか?」 そう問われたら、どのように返答するでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 自分の仕事が世界に与える影響は?2 自 …

コーチングの依頼をおことわりするという苦渋の決断。「おまかせします」思考ではコーチングの成果は出ない。

コーチとクライアントは、言うまでもなく、双方向のコミュニケーションをとることが重要です。 よく、誤解されている方が多いのですが、コーチとクライアントの関係は、先生と生徒のような上下関係ではありません。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。