【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

セミナーの習慣

セミナー、プレゼンテーションのコンテンツづくりを効率化するために「型」を有効活用しよう。

投稿日:

Pocket

セミナーやプレゼンテーションで時間がかかるのは、コンテンツをつくることでしょう。
あふれだしたネタを整理するために、「型」を利用することが有効です。

frame-1157236_640

 

スポンサーリンク

 

コンテンツ制作に煮つまりすぎてピンチに・・・。

ブログセミナーのコンテンツをつめていて、、、頭が煮つまってきました。(^_^;)

ネタを集めていたらボリュームが増えすぎてしまい、伝えたいコツも大小さまざま出てきて、収拾がつかなくなってきてしまったのです。

そのようになると、結局、
・今回のブログセミナーで何を一番伝えたいのか?
・どのようなものをご受講者さんに持ち帰ってもらいたいのか?
・セミナーを受けることでどんなメリットがあるのか?
といった、重要なポイントを見失うこととなります。

セミナーが近づいているのにピンチ、、、でした。

 

発散→選択→集中という「型」のおかげでピンチを乗りきる

「でした」というのは、最悪のピンチは乗りきりました。
もっとも煮つまったフェーズからはなんとか抜け出せたのです。

今回の私の「煮つまり」を脱するために有効だったのが、「成果を出すためのフォーマットを思い出すこと」です。

今回、私を救ってくれたフォーマットは、
(1)発散
(2)選択
(3)集中
という思考フレームです。

そのフレームを活用して、以下のような順番でコンテンツを絞りこみました。

(1)発散

・ブログセミナー開催がきまった瞬間からネタを集める(考えるともなく考えている状態)
・自分が意識的、無意識的におこなっている「ブログを書くプロセス」を分解する
・そのプロセスを「要素」と「構造」に分解する

(2)選択

・要素と構造に分解したプロセスの中から、さらにお伝えしたいテーマをいくつか選択する
・今回参加されるご受講者さんをイメージしして、自分がもっとも伝えたいテーマに絞る

(3)集中

・テーマ伝達を実現するために必要なゴールを設定する
・そのゴールに到達するためのプロセスを設計する
・ポイントを絞り込んでから、テーマに不要なものはさらにそぎ落とす

というステップを踏みました。
その結果、ようやくたたき台のスライド「バージョン1」が8割がた完成したのです。

ここまでくれば、あとはリハーサルをおこなって、本番までにブラッシュアップするフェーズ。
コンテンツのクオリティーを高めることに集中できます。

今週末、妻(ブロガーではありませんが・・・笑)にリハーサルします。
そのようにして、さらにコンテンツに磨きをかけていきます。

 

「型にはまる」イメージではなく「型を活用する」

今回、私は、
(1)発散
(2)選択
(3)集中
という「型」を活用することで、大きなメリットを得られました。

「発散と収束」という考え方がありますが、実は2ステップでは収まりきりませんでした。。。
そこで、「選択→集中」といったプロセスをたどることとしたのです。

今回はその「型」を活用することにより、
・コンテンツ完成までの時間
・何種類も考えなければならないスライド
・うまく伝えるための流れ
といった部分を、非常に効率化できました。

ですから、セミナーやプレゼンのコンテンツ制作に迷ったときは、まずは自分の状況にあった「型」を見つけることからスタートしてみることがおすすめです。

コーチングセッションにも、もちろん「型」があります。
また、空手や柔道の「型」のように、「この型を踏襲すれば、基本的にはうまくいくよ。」という「型」です。
空手を習いはじめた人は、空手の「型」を習得するところからスタートするはずです。

「型」がうまくできるようになってから実践を積んだほうが上達が早いです。
「守破離」の「守」の部分を徹底的に習得することで、洗練されたアウトプットに近づいていくのです。

「型にはまる」という表現を嫌う方がいます。
画一的でワンパターンといったニュアンスを感じるからでしょう。

ただ、「型にはまる」というのは、言葉の違いだけで、無意識的に使っている人は多いものです。

たとえば、
・PDCAサイクル
・KPT
・序論→本論→結論
などは、思考時間を短縮して成果をあげるためのフレームワークです。

思考パターンを「型」にはめているのです。
この「型」にはめることができれば、話し方や伝えかたなどは、セミナー講師やプレゼンターの自由にできるので固定化しすぎる心配はありません。

先人たちが残してくれた優れたフォーマットを、今に生きる私たちが使わない手はありません。
「型にはまる」ことを必要以上に拒否せず、「成果を出す」という目的のために「型」を有効活用していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の夜は、新たにスタートした継続クライアントさんの1回目のセッションでした。

私とのコーチングを通じて、「人生を変えるくらいのインパクトのある結果を得たい」との想いを伺っています。

実力は素晴らしいものをお持ちの方なので、まだ表に出ていないすぐれた能力がもっと発露するまで全力を尽くして伴走していきます。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-セミナーの習慣

執筆者:

関連記事

単発セミナーでは提供しづらい3つの価値=連続講座を開催している理由

単発のセミナーでは提供しづらい価値があると考えて、連続講座を開催しています。 その理由をまとめてみました。   目次1 なぜ「良習慣塾」は1年間なのか?2 単発セミナーでつくり出すのが難しい …

あなたのセミナーが変わる!ストーリー性を持ったセミナーをつくる方法

「セミナーには入口と出口がある」とは、「セミナーづくり研究家」である野津氏の言葉。 11年間で2600回以上もセミナーを開催してきたセミナーのプロフェッショナルから、その極意を学びましょう。 &nbs …

日光東照宮陽明門の逆さ柱に学ぶ。完璧を目指すよりも、より良くなることを目指そう!

「建物は完成と同時に崩壊が始まる。」 世界遺産である日光東照宮の陽明門にある逆さ柱に込められたメッセージです。 私の好きな言葉に、「勝つことよりも、強くなることを目指す」というものがあります。 それを …

自己紹介タイムの盛り上げにひと工夫。おすすめアイスブレイク3選。

セミナーや懇親会を主催する際は、自己紹介タイムを取り入れるようにしています。 一緒にアイスブレイクを入れることにより、場の雰囲気をポジティブにする工夫も考えています。   スポンサーリンク …

セミナー告知ページに書くべき10のこと

コーチングのクライアントさんからセミナーの告知ページについて問い合わせがありました。 そこで、セミナーの告知ページの書き方について記事にしました。   目次1 セミナー告知ページの目的2 セ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。