【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

ジャンクフローに負けない。年間30日分の時間をどう使うのか?

投稿日:

Pocket

超集中している状態を「フロー」と呼びます。

フローは基本的には良い状態なのですが、対象物によっては「ジャンクフロー」という良くないフローになってしまいます。

すきま時間をジャンクフローに侵食されてはいけません。

 

スポンサーリンク


 

Twitterから離れて9ヶ月が経過

最近、Twitterから離れていて、ほとんど見なくなりましたし、自分からつぶやくことはやっていません。

いま見てみたら、最終のツイートは、昨年の4月25日でした。

およそ9ヶ月の間、Twitterには能動的にさわっていないことになりますね。

恥ずかしながら、私は、スマホを持つようになってから、一時期かなりTwitterにはまりました。

私があえていうまでもなく、Twitterは便利です。

速報性はあるし、おもしろいです。

私も、Twitterを通して、新しい人とのつながりもできたこともあります。

使いようによっては、さまざまな利便性があることはたしかなのですよね。

過去にTwitterのセミナーを受講して、フォロワーを増やすためのテクニックを学んだこともあり(汗)、すきま時間をTwitterに費やしていました。

まさにジャンクフローの罠にはまってしまっていたのです。

 

激減してしまったインプットとアウトプット

あるとき、Twitterをやりはじめてから、インプット量が激減していることに気づきました。

顕著だったのは、一気に減った読書量でした。

今まで本を読んでいた時間の多くを、Twitterに奪われていったのですね。

一時期はTwitterで4万人以上のフォロワーがいましたから、相当な時間を使ったのがお分かりいただけると思います。

また、Twitterに投稿するために情報を集めたり、おもしろいネタを探していましたから、実質は1日2時間くらいはTwitterにとられていました。

Twitterへの投入時間を考えたこともありましたが、「移動時間や休憩時間くらいはリラックスでTwitterを楽しんでも良いよね」という感じで、自分の脳につぶやいていました。(笑)

そのような期間が、何ヶ月も続きます。

すると何が起こったかというと、ブログを書けなくなってきました。

また、やりたいことに取り組む時間やアイデアなども浮かばなくなってきたのです。

完全にインプット不足です。

知識も行動も圧倒的に足りなくなっていました。

私は自分の間違いにようやく気づいて、Twitterから離れるようにしました。

そうして、また本を読み、ブログを書くようにしました。

 

すきま時間の使い方で人生が変わってしまう

1日のうちですきま時間をかき集めたら、2時間くらいは確保できるのではないでしょうか。

・朝の時間
・往復の通勤時間
・ランチのあとの休憩時間
・その他の移動時間

など、時間はあるはずなのです。

仮に、1日2時間を1ヶ月確保できたら、月に60時間が生まれます。

1年たったら、720時間にもなります。

そうなると、30日に匹敵する時間です。

すきま時間に目を向けることで、毎年30日分の時間が手に入るということですよね。

1年の間に、まるまる30日間も自己投資できたら、10年後のあなたはどれくらい成長するでしょうか?

ましてや定年くらいの年齢までそれが続くと考えたら、、、どうでしょうか?

私がその時間を、ずっとTwitterをやっていたらと考えると、ぞっとします。(^_^;)

この膨大なすきま時間を有効に使わずに、豊かな人生を送ることは難しいのではないでしょうか。

改心した今の私は、すきま時間をブログの執筆や読書にあてています。

すると、やはり以前よりはアイデアが浮かびやすくなったり、興味関心のある分野に時間を使えるようになってくるのですよね。

過去の私に戻れるなら、「Twitterやってないで、本を読んだり、ブログを書いたほうが絶対に良いよ」と言ってあげたいです。

年間で30日もTwitterを使っていた・・・いや、使われていたのですから。

ところであなたは、私のTwitterのように、

・スマホのゲーム
・YouTube
・ニコニコ動画
・Facebook
・Instagram

などに、時間をとられていないでしょうか・・・?

人それぞれの過ごし方ですから、私が「やったらだめですよ」とは言えません。

でも、その遊びに費やす時間を、読書やブログにあてたら、3年後のあなたはどんな風に変わっていると思いますか?

そして、どちらの自分のほうが好きになれるでしょうか?

そのようなことをイメージして、すきま時間の使い方を、あらためて見直してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、遅れていた「習慣化の学校」のサポート業務をこつこつと進めていました。

生徒さん向けの古川さんの書籍エッセンスを解説するメルマガも少しずつ書き進める必要があるので、メルマガも習慣化してきました。

習慣化をサポートするために、自分が習慣化せざるを得ないのですよね。

そのようなシステムの上に、うまくのっかっている自分に気づきます。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

タイムマネジメントを上達させる!「秒単位」の時間感覚を持つ人はどんな工夫をしているのか?

  こんにちは、伊藤です。 本日は、齋藤孝さんの本から学んだ、 「時間密度を高める良習慣」 についてお伝えいたします。     目次1 タイムマネジメントの要諦は何か?2 …

「すごいですね!」に「いえ、そんなことないです」と返すのは、相手の気持を否定することかも。

あなたは、ほめ言葉やプラスのフィードバックを受け取ることが得意ですか? もしもそれらをうまく受け取れないとしたら、相手を否定していると思われる危険性があるので注意しましょう。   スポンサー …

1つ目の習慣「願望達成をイメージする、言葉に出す。」とは、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

目次1 1つ目の習慣は?2 具体的には?3 名著4冊から学ぶ4 何をすればいいの?まとめ 1つ目の習慣は? 「人生成功の8つの習慣」セミナーの振り返り。 ※ご参考 もう自己啓発書は読まなくていい!?人 …

瞑想がもたらす5つのメリット。集中力アップ・睡眠向上・リラックス効果・不安解消・アイデア発想

集中力が高まり、睡眠の質も向上し、リラックスできて、不安を減らし、アイデアを生み出せることに有効。 そんな習慣をご紹介します。   目次1 突き抜けたビジネスパーソンに共通する習慣とは?2 …

禁煙と残業に共通する「やめる」ための対処法

やめたいと思ってもやめられない習慣があります。 今回は禁煙と残業の2つの「やめられない」習慣から、対処法を考えてみました。   目次1 残業を手放せない「かも」の心理2 禁煙の成功体験を残業 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。