【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

「わかっているけど、できない」は、本当に「わかっている」のか?

投稿日:2017/05/12 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「わかってるんだけど、できないんですよ〜。」という言葉。

私が言ったことはありますし、相手に言われたこともあります。

しかし、自分ができていないことは、本当は「わかっていない」のではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

低カロリーで高たんぱくのメニューを選ぶ

昨日、家族の夕食を外で食べることにしました。
(妻の仕事が遅くなり、かつ、娘のピアノの申込みがあったので)

食事に行ったのは、チェーンの「鳥貴族」。

そこでオーダーしたのは、

・枝豆
・冷やっこ
・むねのやきとり
・よだれどり

などでした。

並んだオーダーを見て、妻が「低カロリー、高たんぱくだよね〜。」とひと言。

家族との外食でも、ダイエットの習慣化は忘れていません(今のところ)。

ただ、やはり体重が増えていた頃は、このようなことはありませんでした。

揚げものや肉類など、高カロリーなものを食べていたのですね。

そのことに昨日、気づいたのです。

「ああ、やっぱり選ぶメニューが完全に違ってるわ。。。」ということに。

2年前にダイエットの習慣化に成功したときは、まさに枝豆や豆腐をオーダーしていました。

やせるための原因をつくっていたのです。

それが、徐々に体重が増えるメニューをオーダーするようになっていました。

「わかっているつもり」で、まったくわかっていなかったのですね。(^_^;)

 

「わかってるんだけど」は「わかっていない」

さらに気づいたことがあります。

私たちは、よく「わかってるんだけど、できないんだよね〜」と言いますよね。

しかし、よく考えると、わかっていたら「できる」はずです。

学校のテストだって、わかっている問題は解けたはずです(ケアレスミスはあるかもしれませんが)。

むしろ、間違えるのは、わかったつもりになっていたけれど実はわかっていなかったり、理解があいまいな問題でしょう。

わかっているのに間違えるというのは、答えを知っていながら、答えとは違う選択肢を選ぶことです。

そのような場合は採点すれば、もちろん不正解になるでしょう。

どのようなことを考えようとも、結果は自分が望んだものと違うわけです。

つまり、「わかってるんだけど、できない」というのは、結局「わかってない」ということではないか、ということなのです。

たとえば、私はいまダイエットの習慣化に取り組んでいます。

ダイエットは、食べすぎると太ります。

ですから、ランチは500キロカロリー以内におさえています。

それは、「適量以上に食べると太る」ということをわかっているからです。

というか、適量以上に食べてきたので(無意識のうちに・・・)、体重が増えてしまった状態をまねいたのですね。

わかっているから、食べすぎないように注意できるのです。

 

望む結果を得るための原因を集める

わが家の子どもたちも、

・それ知ってる
・それならわかってる
・もうできてる

ということを言いますが、多くの場合、できていません。。。

あなたにも、

・お酒を飲みすぎてはいけないと思いながら、飲みすぎてしまった

・禁煙しようと思いながら、たばこを吸ってしまった

・運動思いながら、面倒くさくなって外に行くのをやめてしまった

といったような経験があるのではないでしょうか?

それは、本当は「わかっていない」のかもしれません。

私のケースも同様で、「わかってるんだけど」というのは、はっきり言って勘違いなのですね。

以前、習慣化コミュニティーの友人に私がダイエットの相談をしたことがあります。

その際に、「伊藤さんが、食べてないし、以前と変わってないと言っても、絶対食べてるんですよ。自分が気づいていないだけで。(^_^)」と言われたのですが、まさに図星でした。

結果には必ず原因があります。

私の体重が増えてきていたのは、必然でした。

ですから、今度は、「体重を減らす」という結果を得るための原因を増やしていきます。

あなたも、望む結果を得るための原因をたくさんつくっていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

トライアスロンをやっている大阪の友人から、ブログ記事に対するメッセージがありました。

彼も1年半前からスイムスクールに通っているそうで、私の記事に反応したとのことでした。

彼もスイムが苦手だそうです・・・(笑)

でも、2人で一緒のトライアスロンのレースに出ることを約束しました。

ブログを書いていると、このような反応があるから、いいのですね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

「スキャンピー」で本を電子化。自炊サービスをはじめて試してみました。

片づけ習慣化の一環で、本の自炊サービスをはじめて利用してみました。   スポンサーリンク   目次1 自炊サービスを選ぶポイントは?2 スキャンピーへの申し込み・手続き方法3 自炊 …

柴又100Kウルトラマラソン惨敗(後編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

目次1 柴又100kmマラソン反省記の続き2 成果を出す人の習慣3 準備不足は自分だけ?4 当たり前を腑に落とす4.0.1 【今日の気づき】 いつも成果を出している人は、見えないところできっちりと準備 …

ダイエットの専門家に学ぶ!なぜ、ダイエットすることを忘れたほうがうまくいくのか?

  こんにちは、伊藤です。 ぼくがセミナーを受講したダイエットセラピストでありベストセラー作家である小林一行さんのブログに共感しました。   photo credit: Raisa …

師匠のタイプは自分の特性にあったタイプの師匠を選ぼう。

師匠を持つことは、より良い人生を送るうえで必須のことだと考えています。 それと同じくらい「誰を師匠にするのか」ということも大事なことです。   スポンサーリンク   目次1 早起き …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728