【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

習慣化の「天使と悪魔」。心の天秤を悪魔に勝たせないための作戦は?

投稿日:2019/03/02 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

正負の比較で出てくる「天使と悪魔」。

「天使と悪魔」は、習慣化の心理バランスにも共通するものがあります。

 

スポンサーリンク

 

「心の天秤」のバランスが崩れる

3月のフルマラソンに向けて、日々少しずつランニングの距離を稼いでいます。

2月は100kmに届かなかったものの、80kmくらいは走れました。

ただ、やはり仕事のボリュームが増えてくると、ランニングの距離は落ちるもの。

それだけに、どれくらい日常の中にランニングする時間を滑り込ませるのかが大事になってきますよね。

私の場合は、仕事終わりに最寄駅から自宅までを走ることや、近場のレースに申し込むことで、何とか「走る」という糸を切らさないようにしています。

ただ、やはり疲労で「今日は走りたくないな・・・」という日が出てきます。

先日も、会社の仕事で帰りが遅くなってしまったときは、「今日は走るのやめておこう・・・」となってしまったのです。。。

これは、心の中の天秤のバランスが崩れた結果です。

 

習慣化にやってくる「天使と悪魔」

私たちの心の中には、正しい行動をしたい気持と面倒くさがりやの気持の両方があります。

わかりやすく言うと「天使と悪魔」の自分がいるということですね。

習慣化するための行動をとりたいけれど、そこには葛藤があり、やはり簡単にはいかないのですね。

たとえば、飲み会が終わったあとに、毎日1時間の英語学習の習慣が未完了になっていたとしましょう。

1次会で帰って帰宅前にカフェにすべりこめば、30分くらいは学習時間がとれそうです。

しかし、1次会は盛り上がり、「2次会もこの勢いで楽しもう!」と誘われました。

当然あなたも「2次会に行ったら楽しいだろうな・・・行きたい」と思うわけです。

習慣化が続くかどうか、「イレギュラーのハードル」がやってきた瞬間ですね。

習慣化に必ずやってくる「予定外」。想定内の想定外を乗り切ることが習慣化のポイント。

続けていると、このように試されるのですよね。

このように迷ったときに、心の中で天使と悪魔が100人の規模でバトルするわけです。

もちろん、天使は成長するための行動をうながしてくれます。

「君が習慣化しようとしている英語学習をやらなくていいの?たしかに、ノルマの1時間はできないかも。でも30分やるだけでも違うよ。二次会をことわって帰り、英語学習をやろうよ!」と、応援してくれます(あくまでイメージです・笑)。

一方で、悪魔からは、「30分くらいやったって変わらねーって。2次会は今日のこの瞬間しかないんだぜ。貴重だろ?英語なら自分でコントロールできるんだし、明日2時間まとめてやればいいんじゃねーか?」と止められるのですよね(人間は言い訳の天才だなぁ・・・笑)。

この瞬間、パワーバランスは50対50になっています。

ですから、迷うのです。

この選択での自分の次なる行動がどうなるのかは、

・言葉がけの質と量によって結果が変わる

ということです。

 

「続ける理由」と「やらない理由」どちらを探すか

天使は、「絶対やったほうがいいよ。へたに明日の自分に期待して、翌日後悔したことがあったじゃないか。またそれをくり返したいの?」と主張してくれます。

しかし、悪魔が「もう1次会で飲んじゃってるし、今さら勉強なんて無理だって。明日は休みだし、時間はたっぷりあるだろ?大丈夫、大丈夫。お前ならやれるって、明日2時間くらい。これまでもやってきたじゃないか。ほんと、大丈夫だって」と言ってくれるのです。

すると、なんとなく悪魔のほうがもっともらしく聞こえてくるんですよね(笑)。

こうなると、パワーバランスは崩れ、「まっ、いいか。とりあえず2次会いこう!」となってしまいます。

このようなとき、心の中のバランスは、

・天使0:悪魔100

みたいなイメージだと思うかもしれませんが、おそらく実際は、

・天使49:悪魔51

くらいの感じなのです。

とてもわずかな差ではあるのですが、残念ながら、悪魔が勝利してしまいます。

そうして、続かなくなっていくのですね。。。

私のランニングも、まさにこのパワーバランスの崩壊が原因でした。

私たちは、頭の中に「今日はできない」という言葉が多くなると、「なぜできないのか?」という理由を集めてしまいます。

「なぜできないのか?」について、

・やっぱり自分は続かないんだ

・意思が弱いし

・今まで続いたためしがないし

・これまでも挽回してきたし

・とにかく疲れてるし

・「ノリと勢い」が大事だし、流されてみるのもいいかもしれない

このようなマイナスの言葉がけがやってきて、「できない理由探し」をしてしまいます。

それが、できない理由をもっともらしいものに仕立て上げるのです。

結果、続けないほうを選ぶこととなります。

一方で、続く人は、違う言葉がけをしています。

その際に、質問の方向性が先ほどとは異なっていて「なぜできるのか?」と質問しているのです。

すると、

・完ぺきじゃなくてもいいからやってみよう

・少しでも手をつけておけば、明日につながるだろう

・せっかくうまくいってるのに、ここで習慣を途切れさせてしまったらもったいない

・「継続は力なり」だし、細くても糸を紡ごう

・今日1日ではすぐには変わらないかもしれないけど、3年後に笑顔になるために今は英語を続けよう

といった言葉が出てくるのです。

迷ったときに、頭の中で自分がまわしている言葉(セルフトークと言います)が、とても大事なのですね。

 

「ポジティブな問いかけ」+「できる理由探し」をしよう

人は、質問されると答えようとする性質があります。

ですから、なるべく続ける理由が出るように、質問をしてあげるといいでしょう。

天使が51になるためには、先述の通り、言葉の量と質がポイントです。

それが一定数を超えると、パワーバランスが変わります。

それを何度もくり返しているうちに、徐々に天使たちが増えていき、続ける方が当たり前になってくるのですね。

うまくいっている人は、この「ポジティブな問いかけ」+「できる理由探し」を自然にやっているのです。

これが、「イレギュラーのハードル」などがやってきても習慣化できる人と、そのハードルに負けてしまう人との違いです。

冒頭の私は、悪魔に負けてしまいました。。。

次回は、天使たちを勝たせたいと思います。

あなたも、心の中の天使たちを勝たせてあげましょう。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

2月はコーチングセッションは25回、20時間ほどでした。

意図して減らしているとはいえ、数字としてあらわれると、ちょっとした寂しさもありますね。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

国民幸福度ランキングと住宅の資産価値との相関関係を考える

目次1 ■国民の幸福度と住宅の資産価値の相関は?1.0.1 【幸福度は、住宅の資産価値によって変動する】 ■国民の幸福度と住宅の資産価値の相関は?   先日のエントリーで書かせていただいたト …

睡眠コンサルタント監修!安眠のための知識をクイズで学ぼう!【環境編】

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 週末恒例の早起きや睡眠に関する記事です。 本日は質の良い睡眠をとるための知識。 いつもと趣向を変えてクイズ …

スモールゴールの設定はなるべく細かく設定し、小さな達成感を何度も味わう仕組みをつくる

目次1 ■祝!月間1000PV達成!2 ■100日間毎日更新ができたことが最初の分水嶺3 ■あえて独立の道を選択4 ■長いゴールは小さく区切ることが重要4.0.1 【今日の良習慣】 習慣化するために、 …

あなたの未来の可能性をもっとも信じてくれる人は誰ですか?

仕事柄、たくさんのかたの1年のふり返りを見る機会がありました。 そこで少し気になったのは、「自分の未来の可能性に期待する」視点が少なかったことです。 自分の未来に期待するのは、まず自分からだと思うので …

だらだら過ごす休日とはおさらば!休日を上手に過ごすための3つのアプローチ

  こんにちは、伊藤です。 フリーペーパー「R25」特集「7つの悪習慣」への対策シリーズ。 本日は最後の7つ目、 ▼(7)無計画 = 満足度減「休日のリアル」 への対策を考えてみます。 &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031