【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「いい人でなければ好かれない」という思い込みを手放すために、私が3ヶ月間試したこと。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「いい人でなければ好かれない」
「人に嫌われなくない」
「みんなに好かれたい」

といった考え方は、決して悪くはありません。

しかし、このような気持が強すぎると、生きづらさを感じるようになるので注意しましょう。

私が「いい人でなければ好かれない」という思い込みを手放すために3ヶ月間やってきたことをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

私が手放した「いい人でなければ好かれない」という思い込み

今年の7月に「ビリーフチェンジ3日間集中セミナー」を受講しました。

そこで私が修正したいと思った考え方が「いい人でなければ好かれない」というビリーフでした。

「いい人でなければ好かれない」という思い込みをはずしませんか?根強いビリーフを変えていくための思考法。

「ビリーフ」とは、

・無意識のうちに自分が正しいと信じている思い込み

のこと。

ビリーフがやっかいなのは、無意識なので、なかなか自分では気づかないということなのですよね。

私が、これまでの人生のどこかの地点で、「いい人でなければ好かれない」と強く感じるできごとがあり、自分を守るためにその思い込みをつくり上げたわけです。

そして、そのビリーフを自分なりに必死に守って生きてきました。

この「いい人でなければ好かれない」という思い込み。

実は「ほかの人から好かれたい」、「みんなに好かれたい」という欲求の裏返しでもあります。

この欲求は、私たち誰もが持っている本能。

人間は社会性の生き物ですから、何らかの形で集団にかかわる必要がありますし、生存していくためにはほかの人の力を借りる必要があります。

すべてひとりで自給自足し、電気を起こせるような人は限りなく少ないはずですから、集団を求めるのでしょう。

 

「好かれているか?」「嫌わているか?」の2元論にまどわされない

しかし「ほかの人から好かれたい」「みんなに好かれたい」だけを考えてしまうと、自分の思考や行動のはずの基準が「ほかの人の基準」「外部の基準」になってしまいます。

そうなると、自分の軸がなくなり、自信が持てなくなってしまうのですね。

また、周囲を異常に気にしてしまうと、それを利用してつけこんで来る人がいるので注意が必要です。

ですから、

・人から好かれているか?
・人から嫌われているか?

ということばかりに気をとられないようにすることが大事です。

「そうは言っても・・・」という声、いま書いている私にもその言葉が浮かんできました。(笑)

ただ、そもそも、

・人から好かれているか?
・人から嫌われているか?

という2元論にしてしまうことが過ちのはじまりです。

本質はグレーゾーンの中に存在しているものだと思います。

「自分の人生を生きたい!」と願えば、自分の軸が出てきますから、

・ほかの人を傷つけない
・自分も傷つかないようにしたい

というのは難しいです。

「人を傷つけたくない。自分も傷つきたくない。」という生き方は難しい。覚悟を決めるしかない。

ですから、自分に落ち度がないときは、必要以上に謝らないことも大事です。

もし、「嫌われたかも」と思ったとしても、動揺しすぎないこと。

相手にもいろいろなタイミングがありますし、気持まではわかりません。

そもそも、「本当の自分の気持」というのは、なかなかわからないことのほうが多いのではないでしょうか?

あなたも、自分の気持を完璧に言語化することは難しいはずです。

それなのに、他人である自分が、当事者の気持を考えすぎるというのは、生産的ではありませんよね。

「ほかの人の本音は死んでもわからない」という呪文をとなえるのもいいでしょう。

「あの人に嫌われているかも・・・」と不安になったら、「ほかの人の本音は死んでもわからない」という呪文を唱えましょう。

 

アウトプットは自分の主張とほかの人の意見の間に向き合うこと

このような、

・自分の主張
・ほかの人の意見

という2点は、ブログやメルマガなど、アウトプットをすることを決めたら、どこかの時点で向き合わなければなりません。

どんな意見でも100%賛成されることは難しいですし、仮に100%賛成される記事を書いたとしたら、その記事はおもしろくないでしょう。

そもそも、100%の正論を書いた記事だとしたら、書く意味もないですよね。(^_^;)

私が、セミナーをやっているときも同様です。

「嫌われたくない」「全員に100%の満足を持ち帰ってもらいたい」と思いすぎると、コンテンツの主張やメッセージが弱まるのです。

すると、ご受講者さんは「今回のセミナー、なんだかよくわからなかったな・・・」という感想になってしまうでしょう。

それよりは、講師として大事にしている主張を伝えて、「自分には100%マッチしなかったけれど、あの人の言いたいことは伝わってきたな」と言われたほうがいいですし、そのようなセミナーにしたいと思うのです。

セミナー中は、話を真剣に聞いてくれている人に向かって話せばいいです。

自分の意見を否定されるのは当然で、でもひるまないようにして、役立つメッセージをお伝えしたいものです。

それに、ここだけの話ですが、自分の軸がある人は、少しだけ強引なところがある人が多いです。(笑)

ちょっとした批判で折れない人は、「味方じゃない人がいるのは当たり前」「そこでは戦わない」と考えています。

むしろ、そのようにして、自分の軸を磨いているのです。

それなのに、もしも逆風に負けて、自分の軸を曲げてしまったら、今まで応援してくれていた人たちをがっかりさせてしまうでしょう。

そうなれば、自分の後悔も大きいはずです。

実際のところ、100人いたら、そのうち20人は味方にならない人です。

あなたが無色透明の人間でない限り、それが自然なのです。

否定的なその人たちに好かれようとして、そこに時間をとられていては、時間がいくらあってもたりません。

人生は有限。

それよりも、あなたのことを応援してくれる人やファンだと言ってくれる人たちを、会社の外(会社の中でもいいのですが)に増やしていくことを考えたほうがいいです。

あなたの味方は、一生かかっても全員には出会えません。

そのような時に考えたいのは、「世の中は広いです。今のあなたがいる場所が世界のすべてではないですよ」ということです。

たとえ現状がつらくて味方がいないように見えるとしても、自分が居場所を変えるだけでたくさんの味方に会うことができます。

さて、まとめると、「嫌われたくない」という気持が強くなってきたら、

・「みんなに好かれたい」を手放さなければ自分の人生を生きられないと考える
・「ほかの人の本音は死んでもわからない」と唱える
・必要以上にへりくだらない
・「自分を否定する人にとらわれている時間はない」と考えてみる
・「まだ出会っていない味方がいる」と自分に言ってみる

などといったことを試してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ひとり戦略会議を実施。

最近、新しい個人プロジェクトや「習慣化の学校」のフォローが増えてきたこともあり、1週間のスケジュールを調整し続けています。

最適化を目指していきたいものですが、変数が多いので、なかなか簡単にはいきませんね。(^_^;)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

「あー、忙しい!」を言わないための工夫。ネガティブ表現をポジティブ言葉に言い換えよう。

予定が詰まっていると、思わず「忙しい」と言ってしまいそうになります。 しかし、私は「言葉が行動に与える影響はとてつもなく大きい」ということを知ってから、「忙しい」という言葉を封印しています。 &nbs …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

「でも」という逆接が出てきたら要注意。言い換えて順接の「から」に変換してみよう。

何かにチャレンジしようとするときに思考に出現する「でも」という接続詞。 その「でも」を、「から」に変換して、行動増進を狙いましょう。   スポンサーリンク   目次1 「人間は言い …

スニーカー通勤のすすめ。運動不足解消だけでなく、常識を疑う意識を養うトレーニング。

通勤に履く靴のは、革靴が一般的だと思います。 ただ、スニーカー通勤が快適かつ、思考や行動のいいトレーニングになるのでおすすめです。   スポンサーリンク   目次1 10年以上続け …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31