【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

「自分がいないと会社の仕事はまわらない」のは本当か?意図的な早退をしてみては?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

当時の自分には非常識なことでも、10年たつと常識が変わります。

大事なのは「将来に渡って価値をもたらすか?」という判断です。

 

スポンサーリンク


 

仕事を早退してセミナー参加はだめ?

あなたは、会社の勤務時間中に、どうしても行きたいセミナーがあったらどうするでしょうか?

普通に考えれば、「いや、勤務時間中だし、無理でしょ」となりますよね。

私も10年前まではそのように考えていました。

ただ、今は考えが変わり、早退してでもセミナーに参加することが(たまに)あります。

理由は、セミナーというのは、講師の予定や内容の関係で、日時が限定されているからですね。

一方で、ルーティンの仕事であれば、お客さまとのアポがないのなら、セミナー前後にメール対応したり、翌日に早朝出社すればリカバリーは可能でしょう。

ですから、自分の努力次第である程度は何とかなるケースも多いはずです。

「そのときしかない」のか、「あとで挽回が可能なのか」のか。

そこを比較検討して、どちらを選ぶのかは、自分の選択です。

 

3日間休んでフォトリーディングを受講した経験

以前、本を速く読むために、フォトリーディングという速読講座を受講しました。

フォトリーディング集中講座は、私が受講したときは3日間でした。

当時は勝間和代さんから火がついた講座で大人気。

週末を待っていると、講座がとれませんでした。

しかし、「1日でも早くフォトリーディングを習得したい!」という想いがつのります。

悩んだ結果、最終的には、「将来のためには、いまこそフォトリーディングを受講しておきたい」という気持が勝利。

平日3日間を休んで、参加することに決めました。

当時は、営業部でもクライアント数だけは多く、かつ、社内で初めてのプロジェクト案件の担当。

そこで3日間休みをとるというのは、かなり苦しい選択です。

それでも、「後悔したいくない」という気持だけが強かったのですね。

さて、思い切って休んでみたものの、当然、会社の状況は気になっていました。

フォトリーディングの講座を受けつつも、半分会社のことに気をとられていた時間もあったと思います。

当時はスマートフォンがなかったので、リモートメールというサービスを使っていました(懐かしい・笑)。

休憩になると、すぐにフィーチャーフォンを取りだし、電源を入れて、メールをチェックします。

メールで何か要件があれば、会社に電話したり、お客さまに電話をしました。

休憩が終わる時間になっても電話が長引いたときもあり、あせりながら3日間の講座を受講したのです。

 

受けられる価値から選択を考える

そのようにして、3日間を過ごすうちに、事実としてわかったことがあります。

それは、「私がいなくても会社は普通に動いているし、仕事もまわっている」という事実でした。

そこまで困った様子もありません。

そうして、3日間の講座を終えて、翌日に私が職場に戻るとどうだったのか?

直後こそ多少たいへんだったものの、1日もすれば日常に戻りました。

社内外でたくさんの人にフォローしていただいたことは多かったのですが、、、逆にいえばそれでも仕事はまわっていたのです。

そのとき、「なんだ・・・自分がいなくても大丈夫じゃないか、、、」と思ったことを覚えています。

私のように、仕事の予定が詰まっているときは、

・自分だけががんばっている
・長時間働いている
・この仕事は自分しかできない

などと思いがちです。

しかし、私の場合、それは思いあがりであり、「自分がいないとだめだ」という勘違いでした。(^_^;)

それも、特別に仕組みづくりなどをしていたわけではありませんので、なおさらです。

今ならよくわかるのですが、組織の中の1人の力というのは、せいぜいこんなものなのですよね。
(それが組織で働くメリットでもあるのですが)

ですから、どうしても参加したいセミナーがあれば、早退をしてでもセミナーに参加しても良いのだと考えています。

怖いのは、「勤務時間中だからだめだ」と、すぐに決めつけることですよね。

それでは、思考停止になってしまうでしょう。

ですから、

・緊急性
・限定性
・価値

から考えることによって、最善の選択をしたいものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

だからといって、何度も早退をくり返すのはだめですよ。(笑)

「本当に価値がある」というケースに限定です。

実際、私はあの当時にフォトリーディングを受講して本当に良かったと感じています!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-仮説

執筆者:

関連記事

自分が見えている100%の壁。乗り越えることで101%の景色を見にいこう。

自分が見ている100%の目標と思っているものは、あくまでも現時点での100%です。 その目標をクリアすることによって、101%を目指していきたいものです。   スポンサーリンク   …


「たくさんの人に会う」という行為には2種類が存在するのではないか、という仮説。

「人に会う」ということについて、1つの仮説を思いつきました。 私のその仮説を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 自分の記事のレベルにがく然とした瞬間。。。2 自分軸 …


「プラス思考」はただの馬鹿ポジティブではなく、生き方の姿勢を決めること。

愚痴や不平不満ばかり言っている人生と、「少しは理想に近づけるかもしれない」という期待を持って目指すゴールに向かっていく人生。 あなたが後悔しないのは、どちらの生き方でしょうか?   スポンサ …


「自分の居場所」 はどこにある?職場と自宅以外に居場所を見つける手間を惜しまない。

「自分の居場所」があると安心します。 だからこそ、職場と自宅以外の「第3の場所」とつながる手間を惜しまないようにしています。   スポンサーリンク   目次1 自宅に居場所がなくな …


直感に従って地道に行動する。それが人生の「ワープ」を生み出す秘けつ

「もし、あの人に出逢っていなかったら。」 「もし、あの本を買っていなかったら。」 「もし、何の問題もなかったら。」 あなたは、そのようなことを考えた経験はありますか?     目次 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930