【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

「自分がいないと会社の仕事はまわらない」のは本当か?意図的な早退をしてみては?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

当時の自分には非常識なことでも、10年たつと常識が変わります。

大事なのは「将来に渡って価値をもたらすか?」という判断です。

 

スポンサーリンク

 

仕事を早退してセミナー参加はだめ?

あなたは、会社の勤務時間中に、どうしても行きたいセミナーがあったらどうするでしょうか?

普通に考えれば、「いや、勤務時間中だし、無理でしょ」となりますよね。

私も10年前まではそのように考えていました。

ただ、今は考えが変わり、早退してでもセミナーに参加することが(たまに)あります。

理由は、セミナーというのは、講師の予定や内容の関係で、日時が限定されているからですね。

一方で、ルーティンの仕事であれば、お客さまとのアポがないのなら、セミナー前後にメール対応したり、翌日に早朝出社すればリカバリーは可能でしょう。

ですから、自分の努力次第である程度は何とかなるケースも多いはずです。

「そのときしかない」のか、「あとで挽回が可能なのか」のか。

そこを比較検討して、どちらを選ぶのかは、自分の選択です。

 

3日間休んでフォトリーディングを受講した経験

以前、本を速く読むために、フォトリーディングという速読講座を受講しました。

フォトリーディング集中講座は、私が受講したときは3日間でした。

当時は勝間和代さんから火がついた講座で大人気。

週末を待っていると、講座がとれませんでした。

しかし、「1日でも早くフォトリーディングを習得したい!」という想いがつのります。

悩んだ結果、最終的には、「将来のためには、いまこそフォトリーディングを受講しておきたい」という気持が勝利。

平日3日間を休んで、参加することに決めました。

当時は、営業部でもクライアント数だけは多く、かつ、社内で初めてのプロジェクト案件の担当。

そこで3日間休みをとるというのは、かなり苦しい選択です。

それでも、「後悔したいくない」という気持だけが強かったのですね。

さて、思い切って休んでみたものの、当然、会社の状況は気になっていました。

フォトリーディングの講座を受けつつも、半分会社のことに気をとられていた時間もあったと思います。

当時はスマートフォンがなかったので、リモートメールというサービスを使っていました(懐かしい・笑)。

休憩になると、すぐにフィーチャーフォンを取りだし、電源を入れて、メールをチェックします。

メールで何か要件があれば、会社に電話したり、お客さまに電話をしました。

休憩が終わる時間になっても電話が長引いたときもあり、あせりながら3日間の講座を受講したのです。

 

受けられる価値から選択を考える

そのようにして、3日間を過ごすうちに、事実としてわかったことがあります。

それは、「私がいなくても会社は普通に動いているし、仕事もまわっている」という事実でした。

そこまで困った様子もありません。

そうして、3日間の講座を終えて、翌日に私が職場に戻るとどうだったのか?

直後こそ多少たいへんだったものの、1日もすれば日常に戻りました。

社内外でたくさんの人にフォローしていただいたことは多かったのですが、、、逆にいえばそれでも仕事はまわっていたのです。

そのとき、「なんだ・・・自分がいなくても大丈夫じゃないか、、、」と思ったことを覚えています。

私のように、仕事の予定が詰まっているときは、

・自分だけががんばっている
・長時間働いている
・この仕事は自分しかできない

などと思いがちです。

しかし、私の場合、それは思いあがりであり、「自分がいないとだめだ」という勘違いでした。(^_^;)

それも、特別に仕組みづくりなどをしていたわけではありませんので、なおさらです。

今ならよくわかるのですが、組織の中の1人の力というのは、せいぜいこんなものなのですよね。
(それが組織で働くメリットでもあるのですが)

ですから、どうしても参加したいセミナーがあれば、早退をしてでもセミナーに参加しても良いのだと考えています。

怖いのは、「勤務時間中だからだめだ」と、すぐに決めつけることですよね。

それでは、思考停止になってしまうでしょう。

ですから、

・緊急性
・限定性
・価値

から考えることによって、最善の選択をしたいものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

だからといって、何度も早退をくり返すのはだめですよ。(笑)

「本当に価値がある」というケースに限定です。

実際、私はあの当時にフォトリーディングを受講して本当に良かったと感じています!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説

執筆者:

関連記事

習慣化は平常心でスタートしよう。でこぼこのモチベーションでは続かない理由。

習慣化が続くか、続かないのか、そのポイントは「平常心」にあるのではないか、という仮説にたどり着きました。 そこに至ったプロセスを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 学 …

ドラマ「孤独のグルメ」とミッキーマウスに学んだ。時間管理における「間」の重要性。

突然ですが、あなたは「孤独のグルメ」というドラマをご存じでしょうか? Amazon Fire TVを購入して以来、ついつい観てしまうドラマです。(^_^;) 「孤独のグルメ」にみるコンテンツの魅力につ …

年賀状やお歳暮をどう考えるか?豊かさ・幸福感・楽しさがなければ試しにやめてみる。

年賀状を書く時期、お歳暮を贈る時期になりましたね。 ただ、私は昨年から年賀状もお歳暮で保持する関係を手放すようにしています。   スポンサーリンク   目次1 年賀状を出すこと、お …

負けグセ追放。目標達成を習慣づけるために私がとった戦略。

社会人になると、自分の不得意分野でたたかう勝負が多くなります。 勝負なので、毎回勝ち続けることは難しくとも、せめて負け続けないような工夫をしたいと考えています。   スポンサーリンク &nb …

脳内図書館にはどのような本があるか。蔵書の質が信念を決める。

私たちは頭の中に巨大な図書館を持っています。 そこにどのような本があるのかによって、どんな人間なのかがわかってしまうのかもしれませんね。 そのようなことを考えていたら妄想がとまらなくなったので記事にし …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728