【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説 学ぶ習慣 気づき

成果を出すために必要なシンプルな要素は2つ。プロ視点のアドバイス+素直な実践。

投稿日:2018/05/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

成長するために必要なことは、シンプルに考えると、

・プロや経験者の視点でアドバイスをもらう

・素直に受け入れて行動にうつす

というサイクルをまわすことではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スイムコーチのアドバイスで泳ぎが変わる

トライアスロンのスイムスクールで、トレーニング終わりにコーチに泳ぎをみてもらいました。

指摘されたのは、肩をもっと前に出して手をのばすこと。

「肩をいれる」という感じが足りないので泳ぎがぎこちなく、体のローリングがうまくいっていないということでした。

ここがうまくできないと、ストロークが小さくなり、細かく腕をかいていくことになるため、泳ぎが小さくなるし、その分、疲労も大きいのですね。

また、もうひとつ言われたのは、リズムが良くないということ。

トライアスロンのような長距離を泳ぐ場合、一定のテンポでリズミカルに泳ぐことが大事なのですね。

たしかに、腕をかくことに必死でリズムなど考えていませんでした。

そこで私がもらったアドバイスは、数をカウントしながら泳ぐこと。

まずは25mを何ストロークで泳いでいるのか、カウントしながら泳いでみるということでした。

肩を入れる。

リズムを意識する。

その2つを意識しただけで、自分の泳ぎが変化していることがわかりました。

 

自分の盲点をプロに発見してもらう

ここで何を言いたいのかというと、やはり

・プロフェッショナルは見どころがわかっている

ということです。

コーチはレッスンのプロなので、私の泳ぎをちょっと見ただけで、すぐに修正ポイントを発見したのですね。

肩の入れ方も、リズムを意識するというのも、どちらもほんのちょっとしたことでしょう。

だからこそ、我流でやっていると気がつきません。

また、ほかの人のことを見ていると、やはりビギナーコースの人に比べて、泳ぎが速い人のフォームはきれいです。

そのようにほかの人のことを見ているとわかるのですが、いざ自分のことになるとわからないもの。

そこに気づくのがプロフェッショナルであり、専門家なのですね。

これは仕事でも一緒です。

その道のプロの目やその壁を乗り越えてきた人には、修正するべき点がわかります。

でも、自分のことは見えなくなるので、経営者がコンサルティングを受けたり、コーチがマイコーチをつけているわけです。

自分が見失っていたことや見えていなかったこと。

そこを専門的な視点で見てもらうことで、成果が変わってくるのです。

ですから、思うような成果が出ないとき、トラブルを抱えて前に進めないとき、といったようなケースでは、まず経験者の声をきくことです。

プロのコーチでもいいし、信頼できる先輩でもいいでしょう。

自分が望む成果を出している人に、アドバイスをもらう。

すると、プロセスの中にはまっている自分には気づかなかった視点が見えてくることがあるのですね。

ですから、アドバイスをもらったり、気づくための対話をおすすめしたいのです。

私自身がコーチングの仕事をしているからおすすめしているわけではなく、私自身がコーチングを継続的に受けることによって、前進してきたと実感しているからです。

 

アドバイスを受け入れる素直さと柔軟性

さらに必要なのは、アドバイスを「素直に受け入れる」ということです。

たとえば、私がスイムでコーチから「もっと肩を入れたほうがいいですよ」と言われたときに、「いえ、それは必要ないです。私はこれでいきます」と言っていては、いつまでたっても上達しませんよね。(笑)

我流でも、それなりに成果が出ている人ほど、アドバイスを受け入れない傾向にありますけれども、そのような人は、やはりどこかで限界がきてしまうのではないでしょうか。

自分がもらったアドバイスを拒絶していては伸びしろがなくなってしまいます。

プロのアドバイスを素直にきいてみるといっても、必ずしも「すべて鵜呑みにする」ということでもありません。

自分が見えていない部分が見えている人のアドバイスに耳を傾けるスタンスを持ち続けることが大事だと思うのです。

私が通ったビジネス講座でも、成果を出すのは講師の方が言った教えを愚直に実践した人たちでした。

講師の方に話をきくと「この人は成果を出すだろうな」と思う人は、

・講師の話をよくきいている人

・我流のスタイルを手放せる人

・素直に行動にうつす人

ということです。

これは、コーチングで成果を出すクライアントの方たちとまったく同じポイントです。

そして、これが大事だと思うのですが、すでに成果を出している人ほど、プロから学ぼうとする姿勢があるのですよね。

 

まとめ

優秀なビジネスパーソンは、我が強いようなイメージがありましたが、決してはそんなことはないもの。

しっかりと成果を出している人は素直です。

これは、我流では限界があることを知っているのでしょうね。

まとめると、成果を出す人は、

・自分に見えていない部分があることを知っている

・プロのアドバイスを受け入れる柔軟性を持っている

・聞く耳を持っていて素直である

ということですね。

そのようなスタンス、とり入れていきませんか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝スイムで1850m泳いでから会社へ。

夕方、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

目標達成までのプロセスの中にいるときはきつい時もありますが、それが成長の予告でもあると感じたんですよね。

昨日のブログ記事の着想にもなりました。

スランプを感じたら喜んでいい。
 私がスイムで感じた上達の予感(のようなもの)。

【今月のランニング走行距離】
116.9km/目標150km

【募集中】
・6月7日 19:30〜21:45
人生の目標が決まる!「やりたいことリスト100」セミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説, 学ぶ習慣, 気づき

執筆者:

関連記事

自分のやる気を高めたいと思うなら。「恥ずかしい」を手放して、相手のやる気を高めよう。

アクションを起こせなくて困っているときは、どのような感情があるのか? いろいろとある中で、「恥ずかしさを味わいたくない」というのがブレーキになるのではないか、というのが、最近の私の仮説です。 &nbs …

時間の使いかたに後悔しない方法は、結局「何に時間を使うか」自分でルールを持つこと。

今年に入って新しい複業も増えたので、今年用の時間割をためしてみて、徐々に最適化してきました。 うまくいってきたポイントは、「何に時間を使うのか?」という優先順位を考えたことだと考えています。 &nbs …

「教えてください」と素直に言えますか?人とのつながりを自分のリソースにできるかどうかは自分の努力。

先日、100kmマラソン完走の祝賀会を開いてもらった際に、参加した人たちの顔ぶれを見て、感じたことがあります。 それは、「人とのつながりが、自分の見えないリソースになる」ということです。 その気づきを …

師匠のタイプは自分の特性にあったタイプの師匠を選ぼう。

師匠を持つことは、より良い人生を送るうえで必須のことだと考えています。 それと同じくらい「誰を師匠にするのか」ということも大事なことです。   スポンサーリンク   目次1 早起き …

プレゼンスを高めるプロセスが自己成長を促す。「あなたのおかげで」と言われるために何をするか。

コーチングを学んだ際に私に飛び込んできた言葉は「プレゼンス」です。 意味は「存在」や「存在感」ですね。 これを高めていくことが、自己成長を促すための確実かつ効果的な方法ではないでしょうか。 &nbsp …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031