【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

うまくいっている人の考え方の習慣

あなたの可能性を広げる「かも」の法則。ポジティブに「かも」を活用していこう。

投稿日:

Pocket

「かも」という言葉は、「自分には難しいかも」と言えば可能性をせばめる言葉になります。

一方で、「自分にもできるかも」と言えば、大きく可能性を広げてくれる言葉に変わります。

 

スポンサーリンク


 

あなたの禁句はどのような言葉か

あなたには、「禁句」にしている言葉がありますか?

私は、

・忙しいと言わない

・いつかと言わない

・うざいと言わない

・(ほかの人のことを)バカと言わない

・愚痴や陰口を言わない

などといった言葉を言わないようにしています。

その人がどのような言葉を禁句にしているのか、ということを知るのは、相手のことを理解することにつながります。

パートナーやご家族に聞いてみるのはおすすめです。

さて、先月開校した「習慣化の学校」2019年コースにも「禁句」があります。

それは

・難しいと言わない

・わからないと言わない

・できないと言わない

・変わってないと言わない

といった言葉を使わないようにしよう、という方針があるのです。

単なる言葉かもしれませんが、これはとても大事だと考えています。

 

「難しい」と言ってしまう弊害について

たとえば、セミナーで、いい学びを仕入れたとします。

ただ、実践に適用するのは簡単ではないケースがあります。

原理原則はあくまでも原理原則。

変数が多いリアルなシチュエーションでは、そのまま活用できないことも多いでしょう。

コーチングを活用したコミュニケーションを学んだからといって、すぐに現場で効果を感じるかといえば、そうではないケースの方が多いと思います。

せセミナーは「1対多」なので、どうしても汎用的なメッセージになることも要因かもしれません。

ですから、コーチングのセミナーを聞いて、「スタッフの話を傾聴しましょう」と習っても、「そうは言っても、うちの部下たちは何も話さないから・・・難しいんだよな」と思わず口に出てしまうわけですね。

しかし、それを言ってしまうと、現状から何も変わりません。

もし、マンツーマンのときにスタッフが話しをしないならどうするのかを考えればいいのですよね。

たとえば、1対1ではなく、少人数のグループにしてみる。

または、上司としては気恥ずかしいかもしれませんが、上司から自己開示をしてみる。

テンプレートを事前につくって記入してもらい、それをもとに対話をしてみる。

そのようにして、学んだことをそのまま使えないかもしれませんが、「難しい」と言わなければいいのです。

そうして、「どうすれば、今の職場に取り入れられるかな?」と考えてみる。

そういった打ち手を変えていくことが、学びを活かすのだと思うのです。

 

「かも」を使って自分の可能性を広げよう

では、どうすれば打ち手を考えていくことができるようになるのでしょうか?

私のおすすめは、

・「かも」

という言葉を使うことです(鳥の鴨じゃないですよ・・・あっ、失礼いたしました・笑)。

一見して、「難しい」「わからない」と思えるような学びがあったときに、「かも」をつけて考えてみるのです。

・みんなにはハードルが高いけど、Aくんにならできる「かも」

・勇気を出して自己開示をしてみたら意外とのってきてくれる「かも」

・時間をかけてあきらめずにコミュニケーションをとっていけば、スタッフも話してくれるようになる「かも」

といったように。

脳科学者でメンタルトレーナーの西田文雄さんが、「かもの法則」という本を書かれています。

 

「かも」という言葉は、意外とネガティブな意味合いで使われることが多いのですよね。

・私には無理かも

・失敗してしまうかも

・自分にはできないかも

といった感じです。

しかし、ネガティブな方向に使うのではなく、ポジティブな意味合いで「かも」を使っていくのです。

・私にもできるかも

・もしかしたら現実になるかも

・継続していけば夢が叶うかも

というように。

私自身「かも」を言い続けてきて、たとえば、お小遣い制の会社員でもトライアスロンを完走できるようになりました。

・かなづちだけど、トレーニングを続ければ泳げるようになる「かも」

・ママチャリしかなくてお小遣い制だけど、熱意を訴え続ければ妻が折れてくれる「かも」

・鈍足のアマチュアランナーだけど、制限時間が長い大会を探せば完走できる「かも」

という感じで、始める前は可能性がほとんどないように見えたことが、「かも」を活用することで、可能性が広がったのです。

そう、この「かも」という言葉は、未来の可能性を広げてくれる言葉なのです。

宝くじを買うときに、たいていの人が「当たるかも」と思っているからこそ、買うわけですよね。

そのようにして、「かも」をポジティブな方向に活用することで、自分の可能性を広げていっていただきたい、と思っています。

ぜひ、あなたの目標にも「かも」を取り入れて、自分の可能性を広げていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、我が家に新しいPCがやってきました。

・・・といっても中古なのですが(笑)。

自宅では古いMacBook Proを使用していましたが、さすがに重たくなってきたことと、妻がWindowsのPCでやりたいことがあり、テスト的に購入してみました。

セットアップは会社の同僚のエンジニアにお願いしてやってもらいました。(^_^;)

持つべきものは、頼れる友人ですね。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-うまくいっている人の考え方の習慣

執筆者:

関連記事

批判に対処する3つのステップ。批判を改善材料にするか、スルーするか。

先日のセッションで、行動を起こしているクライアントさんから、「自分の行動をされた」というお話がありました。 そこで、批判への対処を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

「完ぺき主義者の憂うつ」状態にならないための5つの考えかた。

完ぺき主義は悪いことではありませんが、私は苦しめられてきました。 ただ現在は、以前よりだいぶ完ぺき主義をゆるめられるようになってきたので、その考えかたを記事にしてみます。   スポンサーリン …

「宇都宮餃子はおいしくない」は間違い。「自分の学校」づくりで内的な比較の基準をつくる。

何かを比較することは、人間の本能として仕方がないことではあります。 しかし、比較する基準を間違えないように注意しています。   ■スポンサーリンク     目次1 「宇都 …

「もう無理」と思ったら最善主義。今の自分ができる小さな行動を探していく。

俯瞰して物事を見るタイプの友人と、目の前のことに集中しがちな私で、「行動できるときと、できないとき」の話をしていて気づいたことがありました。 それは、思考習慣が「完璧主義思考」か、「最善主義思考」か、 …

ほかの人を気づかうことは確かに大事。でも、その前に大事にするのは自分自身。

ビリーフ(無意識の思い込み)を研究していると、「ほかの人のことを考えなければいけない」というビリーフはたくさんのかたが持っているということに気づきます。 もちろん、周囲を気づかう気持がまったくゼロだと …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら