【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「行動すれば、次の現実」=行動しないと次の現実は見えない

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や目標達成に貢献できるような提案(もしくは失敗談)によって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集していきます!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■昨日は、人生初のトライアスロンを完走したということで浮き足立っております。(笑)
レース前に意気込みをFacebookに投稿したら、なんと憧れの「石田淳」さんからコメントがありました!
あの「行動科学マネジメント」の石田さんですよ!
ミーハー心全快!(笑)
レース前に予期せぬ嬉しさがありました!
■思えば、運動をまったくやっていなかった当時の私が、
いつかトライアスロンを完走する!
と思い始めたのは、石田淳さんや本田直之さんら憧れの経営者さんたちが、
運動やセルフマネジメントの重要性を強調されており、
自らもマラソンやトライアスロンをやられているということを学び、
少しでも真似したくて、チャレンジを始めたんだったな~
ということを思い出しました。
■そんな原点を思い出して、今回のブログでお伝えしたいこと。
それは、石原明さんがおっしゃっていた
「行動すれば、次の現実」
という言葉から感じた考えです。
これは例えば、
私が昨日完走できたトライアスロンのレース。
これは「スプリントディスタンス」なので、距離が短くて初心者向けなのです。
■これを完走したら、次に目指すのは、
「オリンピックディスタンス」と呼ばれる距離で、
「スプリント」の2倍の距離です。
3種目合計で、51.5km。
一般的に行われているトライアスロンレースとしては、このオリンピックディスタンスが一番メジャーです。
ですから、あくまで私の場合、
「スプリント」に挑戦し、完走したら、
次は「オリンピックディスタンス」に挑戦してみよう!
という目標ができるわけです。
(もちろん、最初からオリンピックディスタンスを完走する方もたくさんいらっしゃいます。)
■「オリンピックディスタンス」を完走できたら、
次は「アイアンマンハーフ」と呼ばれる、
さらに長い距離のレースがあります。
3種目合計で、およそ113km。(スイム1.9km、バイク90km、ラン21.0975km)
■そして、最後は「アイアンマン」と呼ばれる、もっとも過酷とされるレースがあります。
3種目合計で、およそ226km。(スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km)
最後フルマラソンって、、、
まさに「鉄人!」って感じですよね。
■そんなふうに、
トライアスロンを最後まで極めたい、と思うならば、ゴールはアイアンマンということになります。
そして、アイアンマンを目指そうとするならば、
まだまだゴールははるか彼方です。
アイアンマンレベルになろうとすれば、今の私からは想像できないくらいたくさんのトレーニングをしなければならないでしょう。
つまり、行動すればするほど、次のゴールが目前に迫ってくるのです。
これが、「行動すれば、次の現実」ということなのでしょう。
■反対に、私の例でもありますが、
・まだスイムに自信がないから挑戦できない
・バイクを持っていないからレースにでれない
といいながら、ずっとためらっていると、
「いつかトライアスロンに出たいな~」
と思いながら、3年くらいはあっという間に過ぎてしまうのです。
その間、なんだか、悶々とした気持ちを抱えながら。。。
そして、トライアスロンにチャレンジしている仲間を見て憧れたり、うらやましく思ったりするのです。
初めての方と会って自己紹介するときに、
「いつかトライアスロンをやりたいと思っているのですが。。。」
という感じで気まずい自己紹介になるのです。
つまり、
「行動しないから、次の現実が見えてこない」
のです。
ずっと、そのままの位置に立ち尽くしているしかないのです。。。
もう、こんな後悔はしたくありません・・・!
■私の同志たちもガンガン行動して、次の未来をつくっています。
そして、どんどん新しい将来を自分の力で切り拓いている最中です。
今回のトライアスロンの完走と仲間たちから改めて学んだこと。
とにかく、行動すること。
そうすれば自然と環境が変わっていきます。
環境が変わると、自分が変わっていきます。
自分の望む方向に。
行動せずに、次の目標があらわれることはありません。
どんどん行動していきましょう!
「No Action, No Future!」
考えて、決断して、行動しましょう!!
【今回の良習慣】
明日、新しい行動をすることを決意し、5分だけ行動してみる。
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「Dr.倫太郎」に癒される!?成長するためには必死の努力が必要なのでしょうか?

こんにちは、伊藤です。 久しぶりに、というか、たまたまテレビドラマを観てしまいました。 そのドラマを観て考えたことがあります。 それは、 【「自分にとっての自然な行動によっていかに成果を上げるか」とい …

「飛ぶ鳥」を見たことがなければ「飛ぶ」という発想さえ出てこない

目次1 ■フルマラソンまで1ヶ月2 ■わたしがフルマラソンに憧れたきっかけ3 ■自己成長に必要な要素4 ■「飛ぶ鳥」を見つけよう! ■フルマラソンまで1ヶ月 フルマラソンをエントリーした3月の「いたば …

先のばしを撃退する方法。39ヶ月の先のばしを完了させた3ステップ。

先のばし病の私が、39ヶ月(およそ3年半)も先のばししていた重たいタスクを、ようやく完了することができました。 「重たいタスクの先のばし」を解決した方法を、記事にしています。   目次1 重 …

ふり返りの習慣は「過去を確認する」ためではなく、「未来を変える」ためにあるもの。

「そんなことやっても、あまり意味がないのでは?」 私は「ふり返りの習慣」について、そのような想いを抱いていました。 しかし、今はまったく違ったとらえ方をしています。   スポンサーリンク & …

理論と理想から入っても良いけれど、実践と微調整をし続けることが習慣化です。

“理論上、理論と実践とは同じものだ。 実践上、両者は違ったものだ” アインシュタインの言葉です。 これは、新しい習慣を身につけようとするさいに、覚えておいて損はない名言です。   スポンサー …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。