【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

保育園への送迎ができれば何でも習慣化できるはず。でも現実は・・・?

投稿日:2016/04/05

Pocket

子どもの保育園の送迎を5年間毎日できるような強い人は、習慣化もかんたんにできるはずではないでしょうか?

sun-741813_640

 

スポンサーリンク

 

妻が保育園への送迎から解放された日

3月31日、娘が保育園を卒園したので、妻は5年間の保育園の送迎の役目を終えました。

文字通り、雨の日も、風の日も、雪の日も、毎日自転車で保育園の送り迎えを果たしたのです。

すごいことだと思います。

妻は息子も5年間送迎し続けたので、10年間も保育園の送り迎えをしているのです。

もちろん、もっと長い時間やられている方もいます。

なぜ、そのようなすごいことができるのでしょうか?

それは、子孫を守るという人間として大事な理由ももちろんあるでしょう。

今回テーマにしたいのは、その部分ではなく、保護者の行動のパワーです。

5年間毎日子どもを送迎するエネルギーがある人なら、何だって習慣化できると思いませんか?

しかし、保育園の送迎はできても、早起きができないと嘆くお母さんたちの声を生で聞きました(何度も・・・笑)。

私からすると、子どもを送迎するより、早起きするほうが簡単だと思うのですよね。

でも、事実はそうではないのです。

 

「目標」はかんたんにあきらめてしまうが、「目的」はあきらめられない

理由は、シンプルです。

子どもを送迎しないと、自分の人生にすぐに悪影響が出るからです。

・子どもを預けられない。
・会社に行けない。
・多くの人に迷惑がかかる。
・社内の評価が下がる。
・収入が減る。

ちょっと考えてみただけでも、すぐにわかりますよね。

だから、その痛みを回避しようとしているのです。

その痛みがすぐにイメージできるからこそ、雨がふっていても子どもを送迎できるのです。
(その理由を差し引いても、5年間の送迎は本当に偉業だと思います。)

この例からもわかるように、どうしてもやらなければならないことであれば、人間はなんとかするものです。

その場合、行動の理由が、

・目標

ではなく

・目的

として、きちんととらえられているからです。

目標というのは、ゴール達成までの何をやるか、という手法です。

でも、目的は、「何のためにそれをやるのか?」という行動の理由とイコールになっているのです。

先にあげたように、妻の保育園の送り迎えでいえば、「これをやらなかったら大変なことになる。だから避けたい。」ということがわかりやすいのです。

しかし、習慣化は、なかなかこの部分を実感するのが難しいのです。

ですから、強い行動力が発揮されません。

たとえば、日記を1日くらい書かなくても、すぐに悪影響が出るわけではありません。

思わずごはんを大盛りにしてしまっても、明日10キロ体重が増えるわけでもありません。

運動しなくても、3日後にドクターストップがかかるわけでもないのですよね。

人間は、どうしてもすぐに手に入る短期の欲望に弱いものです。

未来の不確定な大きい幸せよりも、目の前の確実な小さな喜びを得たくなってしまうのですよね。

 

自分のめざしているゴールは「目的」になっているか?

悪習慣も同じです。

・どうしてもダラダラがやめられない。
・ついスマホをいじってしまう。
・夜ふかしが楽しい。
・飲み会が面白い。

はい、私もよくわかります。(^_^;)

でも、そのような1日ばかりをすごしているだけでは、やはりまずいと思うわけです。

なぜなら、「今日という1日」は、間違いなく10年後のあなたの未来とつながっているからです。

私が、そのような堕落した日々から脱した頃の話です。

10年前のある日、私は、

「現状のスケジュールを10年続けたら、10年後の自分はどうなっているのか?」

という問いに向き合う時間をとったことがあります。

そのときの答えは、

「このままいったら、自分が決してのぞんでいない場所にたどりつくのは確実。いますぐ変化を起こさなければ自分だけでなく、妻や子どもにも悪影響が及んでしまう!」

というものでした。

私は、妻に、「自分のような能力レベルだと、ホームレスになってしまうかもしれない。。。」と、本当に話していたのです。

いまは絶対にそんなのは嫌ですし、なるつもりもありません。

そこから、自分なりに行動を積み重ねてきて、ようやくこのようにブログで偉そうなことを書けるようになりました(笑)。

「絶対に、このままじゃいけない・・・!」

強く、そのように感情が動いたからこそ、良習慣を身につけようと思ったのです。

カメの歩みのような一歩ですが、少しずつ前進していると感じています。

それは、

・「良習慣をたくさん身につけるぞ!」という目標

ではなく、

・「良習慣を身につけて、現状を変革する!」という目的

に変わっていたのです。

ただ、良習慣が効果をあらわすまでには、時間がかかります。

成果がでるまでの時間を、「がっかりタイム」と呼ぶ人もありますが、その「がっかりタイム」を乗り切れるかどうか。

我慢ができるか、耐えられるかどうか、です。

それは、あなたの行動の先に、「目的があるかどうか」がわかれ道。

自分のゴールが、目標だけでなく目的をともなっているか、再確認してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

仕事終わりに自宅でSkypeセッション。

理想を描くワークを行ったところ、クライアントさんが感極まって、うっすらと涙声に・・・。

非常に嬉しい体験でした。(^_^)

【お知らせ】
2016年4月13日(水)【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年4月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

人が本当に得たいものは感情。「今、ここ」を充実させることが人生の充実につながる。

充実した人生を送るためには、充実した時間をつみ重ねていくことが重要ですよね。 そのためには、自分が得たい感情を理解し、毎日の生活にちりばめる工夫が必要です。   スポンサーリンク &nbsp …

no image

「何を話しているか」より「どんな行動をしているか」で判断する

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

早起きライフ習慣化に必須!「適正な睡眠時間」を計測する方法

早起きセミナーでよく聞かれる質問があります。 それは、 「適正な睡眠時間はどれくらいですか?」 というものです。 結論としては、 「適正な睡眠時間は人によって異なります。」 という身もふたもない回答と …

不安な状況の中で自分から「平常心」をつくり出す方法

本番で成果を出すためには「平常心」が大事です。 では、その「平常心」はどうやってつくっていくのかといえば、私は良習慣の実行にポイントがあると考えています。   目次1 状況が不安定なときはど …

あなたは「クリエイティブ・リスニング」ができていますか?会話やコミュニケーションの質を高める10のチェックポイント

あなたは、「良い聞き手」、つまり「クリエイティブ・リスニング」ができていますか? 記事の中の10のポイントをチェックしてみましょう。     目次1 「聴く」を能動的に行えばクリエ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。