【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

つき合う人を変えることも大事だけれど、友人と一緒にステージを変える方法もある。

投稿日:2019/01/26 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「つき合う人が変わると人生が変わる」というのは確かです。

ただし、つき合う人を変えなくても、お互いにステージを変え続けることは可能です。

 

スポンサーリンク

 

早起きしてランチームの仲間と朝ラン

今朝は、ランチーム「Admiral」のチームメイトである根葉さんと朝ランを実行しました。

お互いの自宅が近いことから、荒川沿いで待ち合わせをして、朝7時から走りました。

最近、書く仕事が増えて運動不足を痛感していたので、いいトレーニングになりました。

根葉さんは早速メルマガでも私のことを事実よりもだいぶティーアップして紹介してくださり(笑)、ありがたい限り。

根葉さんは「平成進化論」3日間セミナーの先輩。

教員という安定職を手放して、学習塾をだ立ち上げて独立。

そのつながりでご縁があり、2014年に私の早起きセミナーにいらしてくださいました。

根葉さんも現在新しいチャレンジをしており、5年前よりもレベルアップしており、お互いの近況報告が盛り上がりました。

こういった1日のスタートというのは、感情満足度を高めてくれますね。

 

一緒にウルトラマラソンリタイアから、同時期にリベンジ

思い返せば、最初にじっくりと話したのは、2014年の柴又100Kウルトラマラソンでした。

ランチームのメンバーである赤羽さん、尾崎さん、根葉さん、そして私の4人でエントリーしたのです。

根葉さんと私は、ウルトラマラソン初挑戦でした。

その結果は・・・55km地点で2人とも制限時間に間に合わずリタイア。(^_^;)

折り返し地点の茨城県から柴又まで、リタイアしたランナーで埋め尽くされたいわゆる「サヨナラバス」に一緒に乗ったことを覚えています。

レースは、赤羽さんと尾崎さんは無事に完走。

2人のゴールを間近で見ながら、悔しい想いをしていたのは私だけではないはずです。

実際、サヨナラバスに2人で話していたのは「絶対にリベンジする!」ということでした。

結果、2人とも2016年にリベンジを果たすことができました。

根葉さんは野辺山高原100kmウルトラマラソン、私は同じく柴又100kmウルトラマラソンで、レースは違えど、あの時の約束を果たしたのです。

2016年は5月に野辺山ウルトラマラソンがあり、6月の柴又にエントリーしていた私は、根葉さんの完走に奮起した気持もありました。

そう思うと、ウルトラマラソンを完走できたのは、根葉さんとのリタイア経験があったからかもしれません。

 

「この人は!」と思う人と自分を磨き続けよう

よく言われるように、人生を変えるために大事なのは、環境を変えることです。

なぜなら、環境を変えると、つきあう人が変わるからなのですね。

自分とは違うステージにいる人たちと交流することにより、自分のステージも変化するのは間違いありません。

もちろん、私も今まで生きてきて、その理論に同意です。

しかし、お互いに切磋琢磨し合い、一緒にステージを変えていく仲間の存在というのもまた、重要なのではないかと考えています。

書評メルマガ「ビジネスブックマラソン 」の土井英司さんは、まだ無名の頃の本田健さんとセミナーで知り合い、意気投合していたそうです。

ですから、無名時代に知り合って、そこから活躍のステージを変えてきたのですね。

私は、4年前に土井英司さんのセミナーでこの話を聞いたことを、今でも覚えています。

私も、今の実力で人を判断するのはやめようと。

師匠たちから学びつつも、これから伸びるために切磋琢磨することもまた、人生の楽しみのひとつだと思うのです。

あなたの周りにも、まだ芽は出ていないけれども、もしかしたら未来の成功者がいるかもしれません。

ですから、「この人は!」と思う人がいたら、コンタクトを絶やさないようにしてみましょう。

そのつながりを、相手にも良いものだと思ってもらえるように、日々自分を磨く糧にするのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の先輩と一緒に取引先との会食へ。

物流の動向や業界の展望にはじまり、日本の将来性までいろいろな知見をうかがいました。

歴史好きの方だったので、その観点からの分析が非常に興味深いものでした。

自分の専門性を深めようとすると、ついつい見聞を広めることを忘れてしまうのが反省点ですね。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、私は早起きができるようになったのか?目標が目的に変化する重要性

「伊藤さんが早起きしようと思った目的は何だったのですか?」 先日、早起きコーチングを受けてくださったクライアントさんから、上記のように尋ねられました。 そういえば、非常に大切なことなのに、今までブログ …

自己成長を追求するコミュニティーに身をおくことが成長スピードをあげるコツ。

どのような環境に自分の身をおくのか? それによって、自己成長の度合いは大きく変わります。   スポンサーリンク   目次1 あくなき自己成長を目指すコミュニティー2 「大切な人リス …

残業時間が多い人に提案。仕事時間という「バッグの容量」に制限をかけてみよう。

「パーキンソンの法則」にもあるように、「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」ものです。 仕事時間短縮のためには、自分で終了時間をもうけるという工夫をためしてみましょう。 …

保育園への送迎ができれば何でも習慣化できるはず。でも現実は・・・?

子どもの保育園の送迎を5年間毎日できるような強い人は、習慣化もかんたんにできるはずではないでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 妻が保育園への送迎から解放された日2 「目 …

メンバーの自主性に任せずに「想い」をメッセージとして発信し続ける習慣

今さらですが、ワールドカップの日本代表は残念な結果でしたね。。。 今回の結果については、至るところで論戦が繰り返されていました。 今回は、先日ぼくが目にしたサッカー監督の話題から考えたことを記事にいた …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728