【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーション

やる気が出ないときの対処法。「充電時間」は感情満足度から考えよう。

投稿日:2019/02/28 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分が取り組んでいる仕事が「なんだか無意味に思えてくる・・・」という時期があります。

やる気が出ないときは、どのように対策していけばいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

無力感を味わうとスランプになる

最近、あなたは「やる気が出なくて困った」ということはありますか?

私は、最近、久しぶりに会社の仕事(非生産的な方向の)に追われる日々が続き、やる気を失った感じがありました。

また、あるきっかけから、ブログの方向性に迷いが出てきて、もんもんとしているうちに、なぜかやる気が出なくなってしまったことがありました。。。

ブログを書きたいと思っているし、書こうとするのですが、頭と手が動かないのです。

もっと言えば、「ブログを書く」という感情がバランスを崩してととのえられなかった、ということですね。(^_^;)

ただ、このようなスランプは何度も経験しているので、「このまま書けなくなったらどうしよう」ということはありませんでした。

むしろ、「いかに、このスランプをすばやく抜け出すか?」ということにフォーカスすることができていました。

失敗を経験しておくと、このようなときに役立ちますね(笑)。

さて、転機が訪れたのは、妻の誕生日祝いで、家族で銚子丸(まわるお寿司屋さんです)に行ったこと。

これが大きかったと思います。

なぜなら、翌日から、ブログが書けるようになったからです。

家族との食事は数時間でしたが、心と体にエネルギーをチャージして、感情が充電されたような感覚がありました。

バラバラになっていた私の感情が再集結して、再びおさまるところにスッと戻ってきたようなイメージです(微妙な表現で伝わるかどうかわかりませんが・苦笑)。

その意味では、家族で食事を共にした時間は、私にとっての「本物の充電時間」だったわけです。

 

「本物の充電時間」と「嘘の充電時間」

やる気が出ない時、無理にやる気を出そうとしてもうまくいきません。

今回の私は、会社の仕事が多すぎるあまり、ブログネタを考える時間も取れなかったこともやる気がさがった原因でした。

このようなときはジタバタせずに、自分に「充電する時間」を与えてみましょう。

「充電する時間」とは、自分が好きなことをする時間であり、エネルギーを高める時間です。

家族と過ごしたいのなら、思いっきり家族とすごす。

読みたい本があるなら、その本を読みましょう。

ぐっすり眠りたいと思うなら、たっぷり寝ることです。

自分が欲している活動をする。

それが、「充電する時間」です。

やる気が出ないときは、無理やりタスクにとりかかるのではなく、自分が好きなことに時間を使うことの方が、かえってやる気が出るものなのです。

それによって、「よし!またやるぞ!」という気分になるのですね。

このとき、区別しておくといいことがあります。

それは、「充電する時間」には、

・本当の充電時間

と、

・嘘の充電時間

がある、ということです。

「本当の充電時間」も、「嘘の充電時間」も、見た目にはわかりづらいものです。

たとえば、第3者に「運動はあなたの本当の充電時間です」と言われたからといって、それが当たっているかはわかりません。

自分しか判断できないのですね。

なぜなら、その充電時間が有効かどうかは、「自分の感情が判断するもの」だからです。

要は、「本当の充電時間」になったかどうかは、その時間のあとにわかる、ということです。

 

「どんな感情を得たいか」で行動を考える

「本当の充電時間」は、頭も心もリフレッシュします。

たとえば、先日、私が友人と参加したハーフマラソンのレースは、たしかに体力的には疲労がありました。

それでも、友人とたっぷり話した時間や快適な運動ができた、という達成感があふれていたのです。

気分は明るくなり、エネルギーが高まった感じです。

このような時間が、「本物の充電時間」です。

一方の「嘘の充電時間」は、充電したはずの時間が終わって後悔する時間です。

たとえば、英語の学習をしているときに、スマホで英単語を調べようとしたとします。

それが、スマホゲームやYouTubeを立ち上げるきっかけになる。

そうして、「10分だけ気分転換しよう」と思ったはずが、ズルズルと時間がすぎてしまい、気がつくと30分以上たっている。

そうして、「なんでこんなことに時間を使ってしまったんだろう、、、」という風に思うとしたら、それは「嘘の充電時間」です。

もしかしたら、途中までは「本当の充電時間」だったかもしれません。

10分でやめておき、その後の学習のはずみになれば、ということですよね(書いていて耳が痛い(目が痛い)です・笑)。

こう考えると、

・本物の充電時間は、感情満足度が上がる

・嘘の充電時間は、感情満足度が下がる

といえますね。

今からやろうとしているあなたの充電行動は、どんな感情を得られるのか。

その目的から行動を考えてみると、本当の充電時間になり、その時間があなたのエネルギーを高めてくれるのです。

これは、目標達成や習慣化することにもつながる重要な視点です。

あなたが「やる気が出なくて困ったな」というときは、「本物の充電時間」が足りているかどうか、考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻の誕生日だったこともあり、会社を定時すぎに出て家族でお寿司を食べに行きました。

今月はいろいろとあったので、特に月末の業務がパンパン。

月曜日、火曜日と会社の仕事をぎゅっと詰め込んだのはこの日のためでしたが、無事に帰れて良かったです。

帰宅して2人でシャンパンも飲めて、いい時間をすごすことができました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-モチベーション

執筆者:

関連記事

周囲の「ネガティブ・プレッシャー」を自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」に変換。重圧を「応援とエネルギー」にしよう。

自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」は、飛躍への原動力になります。 宣言を活用すれば、重圧が応援に変わるからです。   スポンサーリンク   目次1 自分の宣言を有言実行する充実 …

目標のリマインド。あなたの目標を定期的に思い出す仕組みを持っていますか?

人というのは不思議なもので、夢や目標は常に意識しておかないと忘れてしまいます。 夢や目標を忘れないためにできるのは、常に思い出す仕組みをつくっておく工夫です。   スポンサーリンク &nbs …

知らない世界に出会う贅沢。「新しい何か」は何もしない非日常に勝る。

「アイデアは移動距離に比例する」という高城剛さんの名言があります。 私も共感する言葉ですが、なぜ高城さんの言葉に共感するのか? その裏側を考えてみました。   スポンサーリンク   …

継続に必ず訪れる「スランプ」。「スランプ」におちいったときはどう考えればいいのか。

最近、「スランプ」におちいっています。(^_^;) 私と同じように「スランプ」状態にある人に向けて、私の「スランプ」に対する考えを記事にしてみました。   スポンサーリンク   目 …

なぜメンバーの「手抜き」が発生するのか?その理由と改善策について、心理学の側面から考えてみた結果。

家族や職場のチームメンバーで発生する「手抜き」問題。 どのように防げばいいのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 「なぜ、4番バッタークラスの強打者が集まったチームが必ず …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031