【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

対話の行き詰まりを抜け出すための「発散と収束」というシンプルな方法。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ミーティングやセッションなどで、対話がとまる状態におちいるときがありますよね。

先日、シンプルな手法を使って、その状態からの脱出方法がうまくいったので記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

 

会議やセッションで膠着状態になる悩み

先日のコーチングセッションで、「物事が動かない状態」というテーマを扱いました。

その際、「この手法は、仕事の会議でも使える手法だな」と感じたことがあります。

継続クライアントさんのテーマは、「行き詰まりを感じている仕事について、現在の膠着(こうちゃく)状態を脱したい」というものでした。

クライアントさんが考えているアプローチを引き出していったところ、

・Aというアプローチが良いと思うものの、1人では難しい
・Bのアイデアは画期的だと思うけれど時間がかかる
・C案も捨てがたい

といったような感じで3案が出てきました。

ただ、ここから絞り込むことが難しいのだということでした。

どの案にもメリット・デメリットがあるからです。

また、そもそもこの3案から選ばなくてはいけない、ということでもなかったので、「もっと良い案があるかもしれない」という状態になってしまったのです。

 

「発散」と「収束」という基本の2ステップ

さて、このような状態、会社の会議でもよく起こるのではないでしょうか。

ここで、先日のセッションで私が提案したのは、2つのステップでテーマを前進させる方法です。

それは、

(1)発散:ブレインストーミングで、とにかく頭の中の考えを出しまくる
(2)収束:アイデアが出たら、選択肢を1つ選ぶ

という、いわゆる「発散と収束」です。

クライアントさんが出してくれたアイデアは、A案からC案までありますが、本来なら選択肢はもっとたくさんあるはずですよね。

そのため、使えるかどうかは別にして、アイデアをまずは「発散」させるわけです。

どんな案でもOKということにして、自由な発想を歓迎するのです。

ポイントは否定しないことで、どんなに使えないようなアイデアでも良いのです。

そのため、先日のセッションでは、私も提案を出しました。

それが、「創発」を生み出すからです。

そのようにして、アイデアが出尽くしたと思えたら、次は「収束」のフェーズです。

この段階では、アイデアの良し悪しを判断しつつ、選択肢を絞り込んでいきます。

この時点ではアイデアがたくさん出ているので、優劣を考えやすくなっている状態です。

また、アイデアを出し尽くしている感覚があるため、よけいなことを考えずに選択することに集中できるのですね。

ここでは現実的な視点から考えたり、既存のアイデアと新しく生み出した組み合わせを考えることも考えられるでしょう。

 

さまざまな場面で活用できる「発散と収束」

さて、「発散と収束」を経た結果はどうなったか。

結論をいうと、今回のセッションでは、「時間がかかるけれど、最初にあったB案を少しずつ進めていく」ということとなりました。

ただ、クライアントさんが当初に1人で考えていたB案の状態よりも「話してみて覚悟が決まった」ということです。

また、ブレストで出したアイデアから、B案を前進させるためのちょっとしたヒントも出ました。

これで、クライアントさんはある程度の納得感を持って進むことができるわけです。

このように、「発散と収束」をおこなうことによって、アイデアをたくさん出して、その答えを絞っていくことができました。

流れだけをきくとシンプルに思えるかもしれませんが、このようなフレームを持っているかいないかで、セッションや会議で無駄な時間を減らすことができるものです。

「発散と収束」は、仕事だけでなく、家族で食事に行くお店や旅行の場所などを話し合う際などにも活用できますよね。

「発散と収束」、この2ステップでプロセスを前進させて、結論までの流れをスムーズにしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の東京は暖かかったですね。

私は、娘の自転車に先導されて(笑)、妻と一緒に軽く5キロのランニングをしました。

走り終えたあと、ランチをかねてそのまま公園でお花見。

ソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまっていましたが、八重桜はきれいでした。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

もしも、「3ヶ月の人生でやりたいことを100個つくって!」と言われたら、あなたはどうしますか?

あなたにぜひおすすめしたいワークをお伝えいたしますね。 静かな場所で、30分くらい落ち着ける時間をつくって取り組めると良いです。     目次1 期限を決めてやりたいことを書き出す …

「1分間行動イノベーション」の手法で、コーチングの「究極の質問」を毎日自分に問いかける習慣。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、昨日のエントリでお知らせしたように、 「1分間で行動にイノベーションをおこす方法」 をお伝えいたしますね。     目次1 1分間で行 …

目標の言語化が苦手なら、「単語+マインドマップ」を試してみませんか?

コーチングや習慣化サポートをはじめてわかったのですが、「目標を言語化することが苦手」だという方が一定数存在します。 それ自体は悪いことではありませんが、言語化が苦手な方は、単語で表現してみることを提案 …

「聴く」スキルは日常会話でも鍛えられる。相手の「言外の想い」を聴き取れるレベルを目指そう。

コミュニケーションの達人は、「聴く」スキルが抜群にうまいものです。 コーチングスキルの「聴く」を日常会話でトレーニングしてみましょう。   スポンサーリンク   目次1 コミュニケ …

スキーのインストラクターがテニスのコーチ!?名選手が必ずしも名監督になれない理由を探る。

優れたコーチはどのような質問を持っているのでしょうか? それを効果的に説明する面白いエピソードを聞いたのでシェアさせていただきますね。     目次1 スキーのインストラクターがテ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30