【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

世の中の正解よりも自分の心の声を聞き続けることが、やりたいことを見つける近道。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

正解を求めるよりも、間違ってもいいから自分の心の声を聞いてみる。

そのようなちょっとした選択の積み重ねが、自分の「やりたいこと」に近づくことなのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

過去の失敗談から学んだ教訓

数年前の話になりますが、ある組織団体で、週末だけ活動する研修講師の募集がかかっていたことがあります。

その団体は「習慣化」に通じる興味深いメソッドを持っていました。

研修講師に興味を持っていた私は、「これ、いいかも!」と、自分のキャリアとレジュメを送付。

書類選考は、なんとか通りました。

書類をパスした私は、「あの団体で研修講師ができたらいい経験になるだろうなあ。」と考えていました。

ついでに、「まわりの人からもすごいと言われるかも」などと思っていました。(笑)

面接の日が決まり、それまでに志望動機を練り、面接に向けた自主トレーニングもやりました。

そして、面接の当日。

人事の方たち3名(男性2名、女性1名)と話しました。

まずは志望動機や自己紹介、そして、自分のキャリアをアピール。

さらに、ミニセミナーのようなプレゼンもやりました。

ものすごい緊張感の中で。

あまりの緊張に、「あれ?いま自分は何を言ってるんだろう・・・」みたいな状態になりながら、必死に話していた記憶だけはあります。

その後、いくつかの質問があって、面接の時間は終了しました。

はっきり言って、その時間に何をどのように話したのかは、ほとんど覚えていません。。。(^_^;)

内容としては、質問に対する答えも的を射ていませんでしたし、自分をうまく出すことができなかったと思います。

なぜ、そのような状況になってしまったのか。

これは仮説ですが、私は、面接で「正しい答え」を言おうとしていたことが原因ではないかと思っています。

「正しいことを言おう」というマインドですから、答え方も不自然でしたし、「自分はどのようなことで貢献できるのか?」ということも満足に伝えられませんでした。

後悔しているのは、「自分は何に興味を持っていて、どのようなことをやりたいのか?」ということを、等身大の自分の言葉で表現すれば良かった、ということです。

そのような調子でしたから、結局、研修講師の面接に受かることはありませんでした。

まわりの人に「すごいね!」と言われるかも、などと想像していたことは叶わなかったのです。

 

欲求に対峙するにはパワーが必要

「もしも、当時のあなたが目の前にいたら、今のあなたはどんなアドバイスすると思いますか?」

これは、コーチングで使う質問です。

私なら、当時の自分に何と言うか?

今であれば、

“ほかの人から「すごい!」と言われたいと思う自分をいったん手放して、自分がやりたい方向性を考えようよ”

と言うと思います。

その面談から何年も経過して、今ようやくそれがわかりました。
(気づくのが遅いのですが、、、)

ただ、そこに気づいたからこそ、今は自分がかかわりたい人たちと、自分が高めていきたい分野でビジネスをすることができているのだと思っています。

私は、当時、スキルや知識を得るために必死でした。

スキルや知識があれば、私の「不」(不安や不満など)を解決できると思っていたからです。

でも、それはどうやら勘違いだったようです。

もっとはじめにやるべきは、「自分がやりたいことは何か?」ということを考える時間をつくり、自問自答する機会を増やすことだったのだと思います。

実際、「自分がやりたいことは何か?」などという問い自体浮かびませんでしたし、そのようなことは考えたことがなかったんだと思います。

いや、正確に言うと、ぼんやり考えた記憶はありました。

しかし、「どうせ自分にはやりたいことができる実力なんてないし、考えるだけ無駄」と思っていました。(汗)

そして、得意の「見て見ぬ振り」を決め込んだのですね。

そのような欲求と対峙しないほうが、楽に生きられるからです。

もっと深い部分にいけば、ネガティブビリーフにいきあたり、

・私は劣っている
・あるがままの自分は無価値だ
・それでも、ほかの人の期待に応えれば「すごい」と言ってもらえるかもしれない

と思っていたのでしょう。

 

「本当はどうしたい?」と問い続けよう

今のあなたの仕事は、どれくらい自分が望んでいる仕事でしょうか。

プロであれば、

・知識
・スキル
・ツール

といったものは、たしかにとても重要です。

プロとして磨き続けるべき3つのポイントでしょう。

しかし、それも、自分の心の声が求めている分野であれば、という前提です。

・自分はこうしたい
・自分はあんな風になりたい
・自分はこうありたい

という自分の心が聞こえているかどうか。

ただ、私たちは、このような心の声をスルーすることが得意です。

というか、いつの間にか得意になってしまったというほうが正しいかもしれませんね。(^_^;)

でも、本当の自分の心はわかっているはずなのだと思います。

ですから、自分に問い続けましょう。

「本当はどうしたい?」と。

問い続けていくと、少しずつ心の声が聴こえるようになっていきます。

私は、毎日自分に問いかけています。

すると、徐々にやりたいことが見つかり、やがて増えてきました。

それらにアクションを起こしていくと、さらにやりたいことが出てくる。

そのような連鎖が、大小の差はあれど、起こっているのですね。

ほかの人の期待にばかり答え続けること、やめましょうとは言いません。

急にすべて自分のがやりたいことにするなんて無理ですし、私もまだまだ発展途上で、暗闇にひと筋の光が差したくらいのレベルです。

それでも、問い続けていきましょう。

それを続けていくと、やがて自分オリジナルのやりたいことに出会える。

私は、そんな風に考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで習慣化プロジェクトに関するミーティング。

昨年、今年のふり返りを踏まえ、来年のサービス内容やプロジェクトに関することを話し合いました。

新たな枠組みやバージョンアップについて話していて、ミーティング中からワクワクしてきました。

気が早いのですが、悪くありませんね。(笑)

【募集中】
■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

「やりたいこと」の先のばし。それは「幸せな人生の先のばし」にもなっているかも。

あなたには、「やろう、やろうと思っているけれど、なんとなくそのままになっていること」がありませんか? その先のばし、小さなことからクリアしていってみましょう。   スポンサーリンク &nbs …


毎日に「気づき」はありますか?「気づき」は自分の才能や強みに関わる重要な自分欲求。

普段の生活や熱中している対象に「気づき」があるかどうか。 それによって、成長スピードが変化していくと考えています。   スポンサーリンク   目次1 「気づく」という自分欲求2 「 …


やりたいことに蓋をしてはいけない。ちりが積もらないように見える化しておこう。

「やりたいこと」は常に意識しておかないと、「ちり」がつもってしまいます。 ちりがたまらないように、欲求の輝きが見えるようにしておきましょう。   スポンサーリンク   目次1 やる …


「今の仕事が大好き!」と即答できない人へ。「嫌いじゃないから」とやっている仕事の中に楽しみを見つけてみては?

先日の懇親会で、会社をやめることにした友人の想いを聴いているうちに、心が熱くなりました。 そのような気持、以前はなかったのですが、営業という仕事をとおして培われていたことに気づいたのです。 &nbsp …


同質の社会を抜け出そう。組織を飛び出して「全方位的人脈」を構築する。

さまざまなバックグラウンドの人たちと交流すると、あらためて自分の役割がわかります。 やはり人間は、多用な人間関係のつながりを意識的につくることによって、同質の社会から抜け出す必要があると思うのです。 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930