【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

「この話題、切り出しづらい・・・」と思ったら、「枕詞のフレーズ」を使ってみよう。

投稿日:2017/04/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いきなり本題に入ることが良しとされるケースはあります。

しかし、相手にマイナスなことやネガティブなことは、正面切ってはっきり伝えることがためらわれるケースもありますよね。

そのような状況では、「枕詞のフレーズ」が役に立ちます。

 

スポンサーリンク

 

言い出しづらいことはどのように伝えればいいのか?

相手に言いづらいこと、伝えづらいことがある。

でも、それをどうしても伝えなければならない(伝えたい)というシチュエーションがあります。

たとえば、

・相手に苦言を呈する
・部下や後輩に注意をうながす
・パートナーに直して欲しいところを伝える

などですね。

「どんな風につたえてればいいかな・・・」と考えて、シチュエーションを整えたり、言いたいことを相手がいないところで言ってみることもあるでしょう。

ただ、やはり本番と練習では状況が異なります。

私も、いざ言ってみたものの、心臓がドキドキしたり、声がうわずったりしてしまったことがあります。

そのようにして、さらに「言いたいことが伝わらない。。。」という状況におちいってしまうのですよね。(^_^;)

(なんだか、ちょっと告白する前の中学生みたいですが・笑)

 

枕詞のフレーズ3つのパターン

そのようなケースで、ぜひ使いたいのが、「枕詞のフレーズ」です。

話しはじめに枕詞のフレーズをつけるだけで、言いにくいことも、かなり伝えることができるようになるものです。

枕詞のフレーズを3パターンあげてみます。

 

1:許可をとる枕詞

言い出す前に、相手の許可をとります。

たとえば、「ちょっと伝えにくいことなんだけど、、、お話しても大丈夫ですか?」というフレーズですね。

このように切り出せば、ほとんどの場合、許可をもらうことができます。

そうすることで、お互いの空気感を和らげるのです。

 

2:可能性としての枕詞

相手の考えが及んでいない可能性を発見するような枕詞を使います。

「もしかすると、というひとつの可能性の話なんですけれど・・・」とか、「あくまでコーチングという観点では・・・」というフレーズです。

これは、自分の意見をはっきり伝えるというよりは、理論や学問的な論点からアプローチするので、相手の抵抗感も少ないのです。

 

3:あくまで主観であるという枕詞

相手の意見どうこうではなく、自分の個人的な視点だということをことわってから伝えます。

「もし、私だったら・・・」というフレーズや、「あくまでも個人的に感じたことなのですが・・・」など、第一人称で話します。

これも、自分の考えを押しつける感じだと相手が反発を感じるので、「こんな考えかたもある」というニュアンスが良いでしょう。

 

言い出しにくいことは枕詞のフレーズからはじめる

以上のように、「枕詞のフレーズ」は、言いにくいことを相手に伝える際のハードルを下げてくれるものです。

また、「枕詞のフレーズ」から話し始めることによって、相手も心構えができます。

そのような雰囲気をつくり出せば、相手とフラットな関係がつくれますので、多少言いづらいことも伝えられるようになるものです。

反対に、言いにくいことを突然言い出してしまうと、相手は驚くとともに、あなたに恐怖を感じるかもしれません。

相手と好戦的な関係になりたい人でなければ、不必要な摩擦はいらないでしょう。

組織や家族など、一緒に生活していれば、言いづらいことも伝えなければいけない場面が出てくるものですよね。

その際に、ぜひ「枕詞のフレーズ」から話を切り出してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は早朝コーチングセッションを1件。

その後、家族でショッピングに行きました。

古くなったビジネスバッグを新調してもらいました。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

「1分間行動イノベーション」の手法で、コーチングの「究極の質問」を毎日自分に問いかける習慣。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、昨日のエントリでお知らせしたように、 「1分間で行動にイノベーションをおこす方法」 をお伝えいたしますね。     目次1 1分間で行 …

ペーシングを活用したコミュニケーション。空気を読まずに「空気を生み出す」。

「空気を読む」ことが大事と言われることもあれば、「空気を読みすぎないこと」も大事だと言われますよね。 どちらもメリット、デメリットはありますが、自分から「空気を生み出す」こともできると思っています。 …

ビリーフのルーツを知る。自分の思いこみを探求し、自分を形成する価値観を知ろう。

どんな人であっても、必ず自分の思いこみを持って生きています。 それが、今の自分をつくっている、非常に大きな要素です。 それを「ビリーフ」と呼びます。 ビリーフを知ることは、自分を深く探求する良い材料と …

理想のクライアントさんを引き寄せる。具体的なイメージでリアリティーを出そう。

非常にありがたく、嬉しいことに、コーチングの継続クライアントさんが増えています。 そのきっかけとなった(と思っている)ワークがあるので、私が実践したことを記事にします。   スポンサーリンク …

子どもに「勉強しなさい!」と言ってませんか?人に行動を促すときに知っていると便利なコツ

「子どもや部下が行動してくれなくて困っている。。。」 そのようなこと、ありませんか? 実は、自分以外の人に行動をうながす時、知っておくと便利なコツがあるんです。 今回は、その「セカンドシグナル」という …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728