【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣 良習慣の習慣

習慣化は1週間に4日以上できればいい。「3.5日リズム」で「過半数の法則」をクリアしていこう

投稿日:

Pocket

習慣は必ずしも「毎日」にしばられなくて大丈夫です。

最初の基準は1週間のうち4日以上をクリアすることを目指しましょう。




 

3日坊主をクリアするための「3.5日リズム」

続けるための大敵である「3日坊主」。

これに悩まされてきた方(悩まされている方)は多いでしょう。

「新しい習慣をはじめよう!」と意気込むのはOK。

最初はノリとテンションと勢いで達成できます。

ただし、私たちの脳は新しいことに慣れていくのが得意ではありません。

ロケットスタートがスムーズに立ち上がり、そのままずっと習慣化することは少ないのです。

さて先日、人間には「3.5日リズム」という整体リズムがあるということを学びました。

「3.5日リズム」とは、

・人間は、同じ行動を3日続けると飽きてしまう

・しかし、4日目以降から少しずつ「当たり前」を感じていく

ということなのです。

「3日坊主」とはよく聞く言葉ですが、この生体リズムの「3.5日リズム」を超えられるかどうか。

その基準を示している言葉でもあったのですね。

ですから、新しい習慣を定着させていくためには、「3.5日リズム」を超えて、4日目に実行することが重要なのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「3.5日リズム」をクリアして「過半数の法則」を発動する

この「3.5日リズム」。

私が意外に感じたのは「連続した4日間でなくても大丈夫」だということです。

1週間のうち、4日できればOKということなのですね。

理由は、生体リズムには「過半数の法則」があるから。

1週間のうちなら、たとえ連続ではなくても4日間できれば半分以上をクリアしたこととなります。

それが「過半数の法則」として重要なのです。

過半数を超えれば、脳はそれを習慣的な行動だと認識するようになるのです。

たとえば早起き習慣化なら、平日に2回しかできなかったとしても、週末に2日できればリカバリーできるわけです。

反対にいえば、月曜日から水曜日まで3日連続でがんばったとしても、木曜日からの残りの4日間をだらけてしまった。

そうなると、「過半数の法則」としては、だらけてしまったほうの状態を定着させてしまうのです。

そうならないためにも1週間のうちの過半数をクリアする。

この「3.5日リズム」のクリアを目指していくことを目指しましょう。

「3.5日リズム」のクリアは、私の実体験にもあります。

「どうしても早起きができない、、、」と早起き習慣化に悩んでいた以前の私。

数日は続くものの、残業や飲み会などのイレギュラーがあるとすぐにトーンダウン。

まさに3日坊主の連続でした。

「早起きはなんて難しいのだろうか。。。」

悩みました。

ただ、それは今から考えると当然。

「1年365日、毎日決まった時間に早起きできなければ、早起きを習慣化したことにならない」

そんな高いハードルを基準にしていたからです。

ただし、なぜ早起きするのかといえば、1日のパフォーマンスを高めるため。

あくまでも早起きは手段なのです。

ですから、365日毎日決まった時間に起きなければならないなど、そもそもそんな高いハードルは越えなくてよかったのです。

代わりに導入したのは、私自身の基準。

それは「1週間のうちに4日以上、4時55分から5時55分のあいだに起きられれば早起きできたことにする」というマイ基準でした。

この基準を取り入れてから、早起きに対するハードルが下がりました。

最初からうまくはいきませんでした。

でも「過半数の法則」ができるようになって早起きのコツをつかみ、徐々に1週間のうちに4日以上をクリアできるようになりました。

1週間連続で早起きできるときもあったのです。

そんな好循環は「3.5日リズム」をのりこえて、「過半数の法則」をクリアしたことが起点になっていたのです。

 


■スポンサーリンク




「2日連続でイレギュラーを続けない」というルールをつくる

さて、「3.5日リズム」は理解できたとします。

そうは言っても、ビジネスパーソンの場合は毎日の就寝時間や起床時間を一定にするのは至難の業。

ただ、だからといって毎日イレギュラーで行きあたりばったりに生活していると整体リズムは崩れてしまいます。

ではどうするのか。

おすすめは「2日連続でイレギュラーを続けない」という例外ルールを設定することです。

たとえば、月・水・金・日曜日の3日で6時起きしようと思っていたのに、前日に夜ふかしして7時起きになってしまったします。

ここでいきなりイレギュラー発生ですね。

このときに「もうだめだ」と考えるのをやめる。

その代わりに「今日は早寝する」という目標に切り替えるのです。

そうして月曜日は早めに就寝して火曜日の早起きにそなえる。

月曜日の夜に飲み会の予定があったとしたら、早めに失礼させていただくなどの調整をする。

残業もしないように切り上げるのです。

そのようにして「2日連続でイレギュラーを続けない」ようにするわけです。

そうして平日は火・木、そしてコントロールしやすい土日に早起きできれば「3.5日リズム」は守れます。

それなら「過半数の法則」はクリアできますよね。

「3.5日リズム」を取り戻せます。

そのようにして、柔軟に対処することは意識と実践で対応可能です。

「毎日やらなければ習慣じゃない」といったガチガチのルールにしばられすぎず、まずは「3.5日リズム」を意識していきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、10時から20時まで「習慣化の学校」に参加。

3密をさけるため、リアルとオンライン参加を混合で開催したのは新鮮でした。

今年も後半戦。

さらに目標を進めていくための戦略を考える貴重な1日となりました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-早起きの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

Googleのネット検索を便利にする3つのちょっとしたテクニック。

自分が普通にやっていることであっても、知らない人には貴重な情報だというものは多いです。 先日、友人たちと話していて、Google検索について話題になったので、そのときに共有したテクニックをご紹介いたし …

メールやSNSの返信がたまって困っている人へ。「1読だけ読む」を実現する3つのルール。

あなたはメールやSNSのコメントを1日にどれくらい受け取っていますか? 「受信する数が多くて困っている」という人は、 ・メールやSNSのコメントは1度だけ読む という習慣を意識してみましょう。 &nb …

「ちょっとした習慣を決めておく習慣」が時間効率を上げる

目次1 ■妻の体調不良、ふたたび2 ■小銭が必要、そんなときどうする?3 ■わたしが小銭をつくる場面で「決めた」こと4 ■小さなマイルールをたくさん持つ ■妻の体調不良、ふたたび   年末年 …

内省のやり方とひとり時間のつくり方。自分で自分を評価できる人になるために。

先日、クライアントさんから「内省って、どんな風にやればいいのかがわかりません」という質問がありました。 そこで、内省の重要性とその時間をつくるポイントを記事にしました。   スポンサーリンク …

早起きできない人を性格別に分類して、それぞれに対処法を考えることができるか?

早起きができない方を、タイプ別や性格別にカテゴライズできないものでしょうか? その方法を記事にしてみます。   スポンサーリンク   目次1 タイプ別の早起きの分類と対処法を考えて …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。