【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

読書会で行動が変わる。アクティブな読書で「問い」と「気づき」を深める

投稿日:

Pocket

人生を変える気づきは、深い「問い」からもたらされるものです。

その深い「問い」は、読書会でつくることができます。




 

読書会にゲスト著者として参加

先日の1月21日、読書会にお招きいただきました。

読書会の課題本『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』の著者として、ゲスト参加してきたんですね。

何でも「続く人」になる読書会

 

主催は私の友人であり、「リードフォーアクション」認定リーディングファシリテーターの神山さん

読書会の開催は100回を超えるベテランのファシリテーターです。

「リードフォーアクション」は、日本トップマーケターの神田昌典さんが発起人。

日本最大級の「行動するための読書会」コミュニティーです。

私も昨年、リーディングファシリテーターの認定を取得しました。

今年は、私も読書会を開催していこうと思っています(ちゃんと自分以外の本で・笑)。

そういえば、10年くらい前にも読書会が流行した時期がありました。

ちょうどビジネス書のブームでもあった時期ですよね。

私も、何度か参加したことがあります。

ただし、、、最初の何回かは新鮮で楽しかったものの、何度か参加するうちに物足りなさを覚えてしまったんですよね。

それは、ひとりずつ単純に本を紹介していくだけの形式の読書会が多かったからです。

結果、当時いくつも立ち上がっていた読書会コミュニティーは、いま検索してみるとほとんどなくなってしまっているんです。。。

きっと、参加者に飽きられてしまったのではないでしょうか。

もちろん、それぞれが本を紹介していく形式も、決して悪くはないと思うんです。

ほかの人がどんな本をおすすめされるのか、興味はありますし。

それに、自分のアンテナにはひっかからない本に出会えるチャンスとも言えます。

実際、本の出会いも、人との出会いのようなもの。

ですから、そういった偶然の出会いで行動するきっかけや深い気づきを得られるメリットがあるんですね。

あ、でも紹介されたおもしろそうな本を、その場でAmazonでポチることで積ん読が増えるというデメリットもありますけれど(笑)。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「問い」のレベルが深くなる読書法

そんな中、2016年にリードフォーアクションのリーディングファシリテーターをとった習慣化コミュニティーの友人がいました。

彼が「読書会を開催してみたい」ということだったので、私も何年かぶりに読書会に参加したんですね。

すると、リードフォーアクションの読書会は、本を単純に紹介するだけの読書会ではありませんでした。

何が従来の読書会と違っていたのか。

それは、

・問いをたててから本を読む

というスタイルでした。

本を1ページ目から順番に読むのではありません。

全体を速読のように把握するわけでもありません。

シンプルにいうとすれば、

・その本に対して、自分が最も必要とするポイントを発見できる読書法

という感じです。

アプローチとしては、フォトリーディングが近いです(神田さんが監修しているからでしょう)。

この読書法が、非常に興味深かったんですよね。

本は、課題解決のツールですから。

使い倒すように本を活用するほうがいいでしょう。

もちろん、小説のように楽しむ読書はあっていいんです。

でも、ビジネスに読書を活かしていこうと思うなら、やはり問題解決の手段として本を活用していくことが重要だと思うんです。

そのために「問い」が必要になってくるわけです。

問いをたてることで、パッシブな読書ではなくアクティブな読書になっていくんですね。

実際、今回の読書会では、参加者の方々の疑問や課題が、どんどん深くなっていくさまがよくわかりました。

本を読む前に考えていた「続けられない悩み」よりも、より深い視点での質問が生まれてきたんです。

まさに「問い」のレベルが深くなるという感覚なんです。

 


■スポンサーリンク




時代の変革期こそ読書会で自分を磨く

「問い」のレベルが深くなる。

それがたとえばどういうことか。

例をあげてみますね。

最初は、「部屋が片づけられない」という「続けられない悩み」だったとしましょう。

それが、質問を深め、ほかの参加者の方々との対話を重ね、自分の気づきが起きる。

そうすることで、質問が変わっていくんです。

それは、「部屋が片づけられない」という質問だったのが

・「部屋を片づけないことによって、私はどんなメリットを得ているのか?」

という風に変わります。

もしくは、

・「片づけられないのは、私自身がモノに対してどんな執着を持っているからなのか?」

みたいに変わった例もありました。

こうなってくると「部屋が片づけられない」という質問は、浅いレベルの質問だという感じがしてきませんか?

それよりも、片づけを通してもっと自分に向き合うことが必要ではないか、と気づきます。

「片づける」という行動も大事なんですが、大事だと思いながら自分はなぜ動けないのか。

まずそこに向き合う必要があるということに気づく。

それが、その人が最初に取り組むことではないか。

そういったことを考えられるようになるんですね。

これは、本を媒介として何度も質問を深めたから起き得る現象なんです。

このようにして、自分の深層にアプローチするために本というツールを活用するわけですね。

そうして、自分の課題に対して、本やほかの人との対話を活用する。

それば、読書会という制限された環境が大事なんです。

そう、環境も大事で、やかましい居酒屋では深い気づきは起きないからです。

そういった環境の中で、スループットを通して気づきや行動のきっかけが生まれるわけです。

これは、ひとりでは起こせないダイナミズムのようなものがあるんですね。

たとえば、江戸時代の偉人たちは、本を学びながら対話をして議論を戦わせてきました。

それがお互いの意見からさらに上位概念の第3の案を生みます。

そうやってアイデアが磨かれていき、日本の改革につながっていたわけです。

江戸時代のように、現代も時代の変革期。

私たちも、そのような「知の議論」のような場所があってもいいのではないでしょうか。

そのためには、読書会のような環境が必要だと思うのです。

あなたもご興味があれば、ぜひ「問いを深める」読書から行動につなげる読書会を体験してみましょう。

 

次回、私が開催するのは「積読(つんどく)を解消するための読書会」です。

2020年2月13日19時45分〜21時30分 積読本を読む読書会

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、会社の同僚との新年会。

最初は忘年会の予定だったんですが、、、

私の都合で2回も延期になってしまっていましたが、昨日ようやく開催できました。

帰宅後は、連日の家族会議。

息子の意志を確認できました。(^^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

有効なインプットを習慣化する方法。情報源を「本」と「人」にしぼる。

日々インプットしている情報は、どのようにして整理すればいいのでしょうか? 私も頭を悩ませていました。 しかし、情報はあくまで「手段」であり、本当に大事なのはそれらの情報をいかに活用して「目的」を達成す …

座右の書を活用して「一貫した自分軸」をつくる方法

主催している「良習慣塾」で、「座右の書」プロジェクトを発足しました。 プロジェクトをおこなう目的や方法、そしてあなたにもおすすめしたい理由があります。   目次1 「座右の書」とは?2 「座 …

「最小限主義。」に学ぶ。モノでは自分のアイデンティティーはつくれない。

ミニマリズムについて考え続けて、一番良かったこと。 それは、「何でもない自分」に気づけたことだ。 (P57) 私の2月の習慣化チャレンジは、「ミニマリストを目指すための15分片づけ」です。 今のところ …

フィンランド・メソッドで子どもに読書を習慣化させる!書籍「100さつ読書日記」の仕組みが秀逸。

「子どもに読書習慣をつけさせたい———。」 親だったら、1度は考えたことがあるのではないでしょうか? そのためにはどうすれば良いのか。 1つのヒントとして、「フィンランド・メソッド」を試してみる価値が …

「ぼくは、世界一楽しいサラリーマン」。自由なサラリーマンに学ぶ、ポジティブな視点と思考スタイル。

“なりたい職業ランキング1位=サラリーマン” 「そのようになる日も近い。」 著者の石渡さんは書いています。 非常に意外に思ったこの言葉。 本書を読み進めるうちに、「なるほど。考え方次第では、本当にそう …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。