【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

ひとり会議のすすめ。未来を考える人生戦略の時間を天引きしよう!

投稿日:2016/05/12

Pocket

やるべきタスクに振り回される毎日から抜け出したいと思ったことはありませんか?

脱出するためには、週に一度30分で良いので時間を確保して「ひとり会議」をおこなうことがおすすめです。

meeting-1356065_640

 

スポンサーリンク

 

流される毎日の中に立ち止まる時間をつくる

朝は目覚ましにたたき起こされて、余裕がない状態で満員電車に乗って会社にいく。
会社では様々なToDoがふってきて、振り回される。

ようやく会社を出ても夜遅く、趣味に没頭する時間はない。
自宅に帰り、家事を片づけてテレビでも見ようものなら、すぐに寝る時間になる。

そのようにして、3年前とほとんど成長していない自分にふと気づく。
そうして、「俺、、、このままではまずいな。。。」と感じる。
しかし、翌朝から、また同じような日々が続いていく。

多用な現代人には、特に珍しい光景ではないでしょう。

実は、私の10年前も同じようなものでした。(^_^;)

このような流れの中では、
・移動中
・食事中
・なんとなく過ごす時間
といったようなある程度のかたまりの時間をつくるのがせいぜいです。

しかし、多少かたまりの時間があったとしても、じっくりと考えごとをする時間にはなっていません。
考えごとをするときは、しっかりと時間を確保して考えごとをすることが重要です。

 

「ひとり会議」をおこなうための5つのポイント

そこで私は、週に1度は時間を確保して「ひとり会議」をおこなっています。
やり方は簡単です。

会社を早めに退社して、地元の駅から自宅までの帰りみちにある行きつけのやきとん屋さんに立ち寄ります。
お店に迷惑はかけたくないので、カウンターに座ります。

そこでおもむろにノートを広げ、
・1週間の振り返り
・今後の短期的なゴールの確認
・中長期的なゴールの確認
・明日からのタスクの割り出し
などを書き連ねていくのです。

ひとり会議を実践する際に、私が持っているマイルールは次の5つです。

 

(1)手書きで書く

このひとり会議で特にこだわっていることがあって、それは「手書き」でスケッチのようにアイデアやタスクを描くことです。
私の場合、なぜか手書きのほうがアイデアがでやすいのです。

そのようなメリットがあるため、ひとり会議ではマインドマップを活用しています。

 

(2)だめ出しはしない

たとえ今の自分にはとても手が届かないようなゴールであっても、だめ出しはしません。
自分の夢を自分がだめ出しするわけにはいきませんからね。

 

(3)ネット検索はしない(スマホの電源をオフにする)

なるべくネットに頼りません。
ゴールに必要な調べものをする場合は使いますが、連続で使い続けることはありません。

 

(4)ちょっとはアルコールも入れる

思考を解放するために、アルコールもOKにしています。
普段、理性で抑えている自分欲求にアクセスしやすくすることが狙いです。

・・・飲みたいからっていう、言い訳ではありませんよ。(笑)
ただ、酔いの力を借りて、思いきってビジネス書の著者にメールしたこともありますが。。。(^_^;)

 

(5)その場で行動できるタスクをベビーステップで行う

会議の終わりに、ベビーステップの行動をおこないます。
思いついた友人にメールだけするのでも良いし、翌朝のタスクを洗い出すだけでもOKです。

その場で、簡単にできる行動です。
ほんの10秒とか30秒でできることを実行します。
これからのゴールに向けて「くさびを打っておく」イメージです。

 

ひとり会議の時間を天引きして自分の本質を探求しよう

ひとり会議をおこなうことは、「いまの自分は、時間をコントロールできているか?」というバロメーターにもなっています。

どういう意味かというと、「1週間にたった30分ほどの時間もとれない状態」というのは、私にとって異常で、そのような状態におちいってしまっているのは、何かを変えなければいけないときなのです。

ここで出てくる「変えるべき活動」とは、
・会社の仕事だったり、
・週末起業の仕事だったり、
・人と会うことだったり、
・セミナーを開催したり
・勉強会に参加することだったり、
・家族と遊びすぎたり、
といった活動があります。

それらの活動のバランスがうまく取れていないときに、ひとり会議のようなわずかな時間もとれないくらいにタイムマネジメントが破綻している、ということがわかるというわけです。
そのため、できる限りコーチングセッションもいれずに、毎週1度、火曜日の夜をブロックしているのです。

ひとり会議の時間を大切にして、
・自分はどのようなことを考えているのか?
・自分は本当は何をしたいのか?
・自分はどのようなライフスタイルをつくりあげていくのか?
といったことを興味のおもむくままに書きつづってみましょう。

私は、セルフコーチングのフォーマットを持っているので、そのフォーマットに沿って自問自答をしています。

たとえば、
・今の生活のまま3年たったら、自分がのぞんでいる未来にたどり着けているだろうか?
という質問があります。

その質問からイメージすると、
・もっと時間を大切にしたい
・良習慣によって、自らがなり得る最高の自分に近づきたい
・では、そのためにやるべきことは何か?
といった答えが出てきます。

そのような問いかけに対する答えのひとつひとつが、未来の自分を形づくるのです。

たとえば、私ならこれまでに、
・早起きセミナーを大阪で開催する
・「100人コーチング」にチャレンジする
・社外の友人たちとのつながりを深めるために勉強会を開催する
・継続でマイコーチをつける
・国際コーチ連盟の資格取得にチャンレジする
といったアイデアは、ひとり会議から生まれているのです。

3年、5年、10年。
そのような単位は、現時点からイメージすると不明確で、現実感がありません。

だからこそ、理想を思い描き続けなければならないと考えています。
そのためには、流れていく日々の中でぼんやり考えるのではなく、ひとりで立ち止まって考える時間が必要なのです。

今の時代ですから、ネットは便利です。
検索すれば、たいていのことは答えを教えてくれるかもしれません。

しかし、そこで見つけた答えは「ほかの誰かの答え」であって、自分の答えではありません。
より本質で重要なことは、自分の内部にあるものです。

自分の本質とは何なのか?
自分は何を得たいのか?
自分はこの人生で達成したいことは何か?
その答えを探求し続ける習慣は、自分にとってより良い人生を追い求めていくために不可欠なものです。

そのためにも、自問自答する時間を天引きしておくことが大切になってくるのです。
まずは週に30分で良いので、ひとり会議を実践してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は20回目の早起きセミナーを開催しました。

セミナーをやることは、私にとって充実の時間。

20回開催は今年の最低目標だったので、クリアできて嬉しいです。(^_^)

まだまだ続けていきます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、中断されない2時間の集中タイムがあなたの人生を変えるのか?

「自分が目指すゴールがわからなくて、いつもブレてしまう」という悩みを持つ方におすすめの習慣があります。 それは、中断されない2時間を確保して、ゴールを書き出す習慣です。   目次1 分断され …

「The Daily Five(デイリーファイブ)」で1日に5つのタスクに挑む習慣

「自分の実験のプロセスをブログにもっと書いたほうがいいのではないか?」 内省をしていて、そんな問いがふってきました。 その気づきを実験してみます。 今月は「The Daily Five(デイリーファイ …

目標設定が苦手な人におすすめ。ネガティブなパワー「いやだ!」を活用した目標のつくり方。

先日、クライアントさんから「目標は必要だと言われますが、その目標が思いつきません・・・」という相談を受けました。 そのようなケースでは、「こうなったらいいな」というポジティブなアプローチよりも、「こう …

習慣化や目標達成で「何もできずに1日が終わってしまった」を防ぐための考え方。

がんばっているつもりなのに、目に見える成果がでないとつらいものです。 そのようなときは、「実験している」「試行錯誤している」という自分の足跡に焦点をあててみましょう。   スポンサーリンク …

「最悪の事態」に立ち向かう対策。ネガティブリストを書く・人脈をイメージする。

仕事でトラブルが起こると「最悪の事態」を想像してしまうときがあります。 そのような状態での対策を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 最悪なトラブルが起きたときどうす …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。