良習慣の習慣

あなたの「食欲」。もしも自分の欲求でなかったとしたら・・・(怖)

投稿日:2014/12/10


 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

昨日のエントリに続き、本日もクイズでスタートです!(笑)

【質問】
夏と冬では、どちらが痩せやすいでしょうか?

 

このクイズ、一見なんてことないのですが、、、

小林さんの解説を聞いて、ぼくにとってはじつに嫌なことを知されるきっかけとなりました。。。

 

medium_4140321981
photo credit: Geoff LMV via photopin cc

 

グループの意見が分かれる

冒頭のクイズに対して、ぼくたちのグループでは意見が分かれました。

ぼくは、

「夏のほうが痩せやすいはず」

と考えました。

理由は、人間という生物の本能として、

「冬は冬眠のためにエネルギーをためこむ習性があるので、太りやすい」

のではないかと。

夏のほうが汗をかきますし、実際、ぼくは夏に痩せた経験があります。

でも、他の人の意見は、

「冬のほうが痩せやすいのでは?」

でした。

理由は、

「冬は寒いので、恒温動物として代謝をあげようとするから」

ということです。

あなたは、どのように考えますか?

 

痩せやすいのはどちらか?

小林さんから答えがありました。

理論的には、

【冬のほうが痩せやすい】

そうです。

夏は確かに汗をかくのですが、汗をかくのは「体温を下げる」効果があるのですよね。

確かに汗をかくためにエネルギーを使うのです。

でも、実際は、体温を上げようとするほうがエネルギーの消費量が高いとのこと。

そのため、冬のほうが痩せやすい、という答えとなりました。

ただし、現代は暖房がありますよね。

そのため、暖かい場所にいると、それほどエネルギーを消費しません。。。

そのため、風邪をひかない程度に薄着で過ごしたほうが痩せやすいそうですよ。

冬はマラソンシーズンでもありますから、少し身体を動かしていくのは理にかなっているのでしょうね。

 

自分の食欲がコントロールされている

それで。

ぼくが本当にお伝えしたいのはこのあとです。

ぼくたちの「食欲」はコントロールされている、という少しこわいお話。

先ほどぼくが考えていた冬眠の話がありました。

実際、寒くなってくると、

「秋の味覚を楽しもう!」

とか、

「冬はアツアツの鍋を食べよう!」

みたいなフレーズを目にしませんか?

そして、ぼくたちはそのように思い込んで食事をします。

しかし・・・!

それは、ぼくたちがエネルギーを欲するために食べものを補給するための本来の食欲(「代謝性食欲」とよばれます)ではありません。

本来の代謝性食欲ではなく、CMや広告を見たときに発生する食欲のことを、

「認知性食欲」

というそうです。

ぼくも初めて聞く言葉でした。

感覚としては、

「なんだか食べたい気がする」

という食欲のことです。

このようなこと、ありませんか?

おいしそうな食べものをみると、おなかが減っているわけでもないのについ食べたくなってしまう、あの感覚です。

小林さんいわく、

「現代の日本人のほとんどは、この認知性食欲で食事をしています」

とのこと。(汗)

これは、狩猟の時代に本能にプログラムされているものです。

いつも狩りが成功するわけではないので、人は、

「あとで食べられなくなるかもしれないから、食べれるときに食べておこう」

と考えてしまう習性なのだそうです。

だから、おいしそうなものを見ると「食べておこう」と欲してしまうのですね。

たとえば、

▼仕事の帰りみちにラーメンを食べたくなる

▼カフェに入ったらケースに並んでいるケーキを食べたくなる

▼新発売のお菓子を食べたくなる

▼行きつけのお店で新発売のメニューを食べたくなる

といったこと、ありませんか?

それは、「認知性食欲」なのです。

ここで大切なこと。

これは、自分の欲求から生まれた食欲ではなく、

「他者からコントロールされた食欲」

ということです。

一見、自分で選択しているように見えるけれども、その食欲は外部要因に発生させられている食欲なのです。

それによって食べすぎてしまい、肥満になっているというこの現状。

「食欲」という人間にとって大切な欲がコントロールされてしまっている。

まるで考えなしに何かを盲信する人のようです。

そのような意味で、ぼくはこの話を聞いて、なんだか少し怖くなったのです。(^_^;)

マスコミや飲食店、そして食品会社は、笑顔で

「美味しいですよ!どんどん食べてください!」

と勧めてきます。

でも、それにのせられて自分が太ってしまっても、マスコミや食品会社の人は責任を取ってくれません。

もし、、、それで太ってしまったら?

おそらくひとこと、

「それはあなたの自己責任です」

と言われるのがオチですよね。。。

 

ということで、ぼくたちはそんなふうにコントロールされた食欲によって日々を過ごしてしまっていることを少しずつでも認識していきましょう。

それを知ることだけでも、食欲を外部要因に振り回されることが少なくなるはずです!

「欲」をコントロールできるようになりたいものですね。

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「外部要因にコントロールされた食欲」の誘惑を断ち切る

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

批評家はかっこ良く見える?

■批評家スタンスの先輩がかっこよく見えたとき   前の会社にいた頃の話です。 僕は、初めての就職で、テレビ業界に入って番組制作をすることになりました。   憧れのマスコミ業界。 初 …

no image

世界への扉は、人とのご縁で開かれる

■先日、本田直之さんの講演を聞きにいきました。   いつもの通り、本田さんが1番よく見える最前列に席を陣取りました。(笑) わたしが会場の雰囲気をおさめるために写真を撮っていたら、 「本田さ …

no image

あなたが「思わず腹が立ってしまう人」っていますか?(笑)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

良習慣の見つけ方を考える。3年後のあなたは、1日をどんな風にすごしている?

突然ですが、「3年後のあなたは何をしていますか?」という質問にすぐに答えられますか? 即答できなかった方は、ぜひ本記事を読んでみてくださいませ。(笑)   スポンサーリンク   良 …

「成果を出すために必要な本だけを読む」というベストセラー著者が実践している本の読み方・選び方

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、ぼくが大好きな 「読書」 について書きますね!   photo credit: Ozym …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。