【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

すべてが中途半端だと悩む人へ。「すべてをがんばる」を手放しませんか。

投稿日:2018/08/14

Pocket

やる気があるときほど、すべてをがんばろうとしてしまいます。

ただ、重要な決断とは、「何をするのか」ではなく、「何をしないのか」を決めることでもあります。

 

スポンサーリンク


 

「がんばる」は便利な言葉

コーチングという仕事をしていると、

・がんばります!

・一生懸命やります!

・次は成功させます!

という言葉をよく耳にするものです。

あなたも、このような言葉を口にすること、あるのではないでしょうか。

むしろ、成長意欲がある人ほど、つい「がんばる」という言葉を使ってしまうものかもしれませんね。

もちろん、がんばることや努力することなしには、望む成果を出せないという側面はあると思います。

ただ、とにかく何でも「がんばる」だけでは、努力が報われないことも確かなのではないでしょうか。

それどころか、がんばっているのに成果がでなければ、「がんばっているのに、なぜうまくいかないんだろう・・・」となり、「学習性無力感」に襲われるのですね。

すると、「やっても無駄かも」という感情が生まれてきて、肝心なときに力がでなくなるわけです。

 

「決断」とは「断つことを決める」こと

当然のことながら、エネルギーには限りがあります。

時間も有限。

ですから、「何でもがんばる戦法」で進むと、すべてが中途半端になってしまいます。

結果、なかなか成果につながらず、疲弊して、あきらめてやめてしまうのですね。

では、これを回避するためにはどうすればいいのでしょうか?

まず、時間とエネルギーを注ぐ先を見極めることです。

要は、何でもかんでもすべてを均一にがんばるのではなく、自分にとって重要なことを選択することを見極めてから、注力するということですね。

「決断」とは、「断つことを決める」こと。

何かを選ぶことを決断したら、ほかの何かを捨てることにもなります。

基本的に私たちは増やしていく「たし算」のほうが簡単なのですが、せっかく得たものを手放していく「ひき算」は苦手な傾向にあります。

片づけ本が売れることが、それを証明していますよね。

捨てる、手放すは、不安を生み出すものなのです。

でも、自分の行動にも、周囲からの期待も、すべてに応えようとすればするほど成果があがらず、形にならない。

そうして、自分に自信が持てなくなっていくのです。

 

捨てられないものと手放せるものを見極める

たとえば、私が高校生時代に勉強の結果が悪かったのは、試験のたびに「とにかく全教科で良い点をとろう」としていました。

しかし、それが通用したのは(通用していませんでしたが・笑)、せいぜい中学生時代まで。

高校生になると、範囲も広がり、深度もレベルが変わりますから、表面的な学習では太刀打ちできなくなっていったのです。

結果、すべてがうまくいきませんでした。。。

ただ、私立大学受験にまとをしぼって英国社にしぼったとき、少しは成果が出るようになったのです。

特に英語は成果があがったので、得意科目として、最後まで私の味方になってくれました。

これは、しぼったからこそ、伸びがあったのだと考えています。

それと同様に、人生にもしぼるべき重要なことは限られているはずだと思うのです。

ただ、たいていの人が、あまり考えずに重要だと思いこまされているものが多いようにも思います。

それらに振りまわされているのに気づかないのです(私も含めて)。

そのように感じたときは、ひと呼吸置いて、自問自答してみましょう。

最初は、明確にきっちりやる必要はありません。

大事なことは、

・何を選ぶか

というよりも、

・絶対に捨てられないもの

と、

・手放せる可能性があるもの

を分類することですね。

手放せるかどうか、基準を決めましょう。

その基準は、できれば、「未来のあなたのありたい姿につながっているかどうか」、そこにフォーカスをあてていただきたいと思います。

要は、

・いま取り組んでいることは、10年後の自分のありたい姿につながっている取り組みがどうか?

ということを自問するクセをつけていけるといいと思うのです。

これを基準に続けていくと決めれば軸がぶれませんし、将来につながる重要な活動として取り組むことができるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、定例のコーチング練習会に参加。

お盆休みで参加人数が少なかったため、コーチ役を2回おこなうことができました。

少人数だと濃厚になりますね。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

自分の眠っている能力を起こすために朝時間を利用する方法

目次1 朝活のメンタル面へのメリットは?2 顕在と潜在の違いは?3 意識と無意識の境目とは?4 「快」が大切な感情 朝活のメンタル面へのメリットは? 朝時間の活用は、メンタル面からも注目されています。 …

習慣化したければ「心の中の子どもの自分を育てる」プロセスを大切にしよう。

子育てと同じように、自分の心の声もきちんと聞いてあげること。 それによって心をニュートラルにキープすることが、習慣化への近道です。   スポンサーリンク   目次1 習慣化は「心の …

過去・現在・未来で考える「3つの習慣」のバランスを大事にしよう

あなたは、習慣化を時間軸で考えたことがありますか? 「どのようなことを習慣すれば良いのか?」という場合の指針にしていただけるような「3つの習慣の分類」について記事を書きました。   スポンサ …

相手に依頼する言葉は間違っていませんか?禁止語・否定語よりも感謝+依頼。

相手に動いて欲しい言葉、そして自分にかける言葉も含めて、どのような言葉を使うのかは重要です。 禁止語や否定語を使うとうまくいきません。   スポンサーリンク   目次1 禁止語や否 …

習慣化につまづいているあなたへ。「習慣化の3原則」を見直してみませんか?

あなたが習慣化につまづいているものはありますか? その場合、「習慣化の3原則」に照らし合わせてみることをお勧めいたします。     目次1 習慣化コンサルティングさん主催のイベント …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら