【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「本当の自分」を知るためのアプローチ。感情日記は自己分析・自己対話の材料におすすめ。

投稿日:2016/10/26 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

感情日記をつける習慣。

・・・実は最初は少々懐疑的にスタートしていました。

日記というのは行動を記録したり、事実を起点に内省をするイメージだったからです。

しかし、今のところ途切れずに続けられています。

それは、感情日記をつけるメリットがあるからです。

77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

 

スポンサーリンク

 

あなたは自分の感情をきちんと受けとめていますか?

私が感情日記を続けているいちばんのメリットは「自分の感情に敏感になることができる」という点です。

これは、「自分の感情に焦点をあてよう」と意識するからこそ、気持を感じ取ることができるようになります。

当たり前と言われれば、当たり前かもしれません。

ただ、今回感情日記をつけてわかったのですが、感情というものは水ものです。

気づこうとか、記録しようとしていなければ、スッーとかんたんに流れていってしまいます。

もちろん、「ものすごく嬉しい!」とか、「すっげー楽しい!」といったような強烈な感情は忘れません。

でも、日常的に「イラっ」としたことや「ムッ」とした程度のことはすぐに忘れていってしまうのですね。

ですから、自分がどのようなシチュエーションでイラついたり、怒りを覚えるのかという感情を理解しておくというのは、感情をコントロールするためには大切なことです(特にネガティブな感情)。

たとえば、ほかの人に怒りを覚えたときであっても、「ああ、またこの感情がきてるわ」という感じで、感情を扱えるようになるからです。

感情を扱えるようになれば、自分の感情にコントロール感を持てるようになります。

そうなれば、外部環境に振り回されにくくなり、自分の良い状態をキープできる。

そのためのファーストステップが、自分の感情に敏感になることなのです。

 

感情日記を続けるための3つの工夫

日頃、私がどのように感情日記をつけているのか。

続ける工夫を3つに分類してみました。

 

1 すぐに記録できるツールを準備しておく

私の場合は、感情がゆれたさいにiPhoneのEvernoteアプリにメモをしておきます。

ネガティブだけでなく、ポジティブな感情もメモします。

アンテナをはっておいて、すばやくキャッチするようなイメージです。

 

2 無理に毎日書かなくてOKだかれど感情が動いた瞬間を逃さない

毎日の習慣にできればベストですが、無理に毎日書かなくてもいい、という感覚でやっています。

それよりも、感情がふれた瞬間、そのタイミングでメモしたほうが良いです。

感情は生ものであり、ライブ感が重要だからです。

 

3 誰にも見せない想定で正直に書く

軽い内容のものならいざしらず、ディープな感情はほかの人に開示しないこと前提にしましょう。

ブログのようにほかの人のことを意識すると、自分の感情をかざってしまうからです。

以前、私は習慣化専門学校のコミュニティーで開示していたのですが、どうしても100%の開示がしづらい部分があり、いまはこっそりとやっています。(^_^;)

 

自分の本当の感情を知ることが自己を知るための第1歩

感情日記を書くことで、私自身の価値観や、何を大切にして生きているのか(生きようとしているのか)、といったようなものに向き合えるようになってきています。

要は、自分の感情の動きを記録して、分析してみることによって、自分の大事なものごとを考えるための貴重な資産になってきているのです。

数ヶ月試してみてあらためてわかったのですが、自分のことはわかっているようで本当にわかっていません。

というより、むしろ誤解しているといってもいいかもしれません。

少なくとも、私はそうでした。(^_^;)

もし、あなたが、

・自分が大切にしている価値観を知りたい
・本当の自分を知りたい
・自己対話とはどのようにやればいいのか知りたい

と思われているようでしたら、感情日記をつける習慣がおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は定例のひとり会議を実行しませんでした。。。

そのぶん、ブログ執筆に時間投資。

ペースを戻していきます。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

目標設定に欠かせない。表現表現の3つのポイントと2つの習慣。

新年度に入って、目標をたてている方もいらっしゃると思います。 そこで、私が考える「目標設定の文章はどのように書けば良いのか?」と、目標設定後の大事な習慣について記事にしました。   スポンサ …

ひとり会議のすすめ。未来を考える人生戦略の時間を天引きしよう!

やるべきタスクに振り回される毎日から抜け出したいと思ったことはありませんか? 脱出するためには、週に一度30分で良いので時間を確保して「ひとり会議」をおこなうことがおすすめです。   スポン …

1日5分の感情日記を書く習慣。自分の無意識の思い込みを探求するために。

「感情日記」という自分の感情に焦点をあてる日記を書き始めて1ヶ月ほどたちました。 以前に比べて、自分の感情に向き合う習慣が身についてきているのですよね。 本日は、その「感情日記」の書き方を記事にいたし …

ブレインライティングというアイディア発想法をご存じですか?ひとりでもブレインライティングができます

あなたは「ブレインライティング」というアイディア発想法をご存じですか? 通常は複数人で行うのですが、実験的にひとりでやってみました。     目次1 ブレイン・ライティングとは?2 …

想像以上に面白い!ぼくが5年日記をお勧めする理由。

  こんにちは、伊藤です。 「書く習慣」というのは、本当に大切ですね。 先日のエントリーで、ブログで自分をオープンにする大切さを書きましたが、日記も違った意味で面白いものです。   …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728