【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

ほかの人を「すごい!」という感情。嫉妬心の裏側に隠された自分の才能。

投稿日:2017/08/12 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

誰にでも「すごいなぁ」と思う人がいるのではないでしょうか?

その相手の「すごさ」がわかるのは、ご自身にも同じ才能が眠っている可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


 

息子のスイムの実力の「伸び」に驚く

今回の帰省中に、息子と水泳の話をしました。

息子は水泳を本格的に習ったことはありません。

クロールを覚えたのは、もちろん私の教えではなく(笑)、小学校の水泳指導教室というものです。

私が子どもの頃は、夏休みの小学校のプールというのは、ただ遊びに行くだけの時間でした。

現在は、子どもたちが通っている都内の学校の夏休みのプールは、きちんと指導員の方がおり、子供たちにクロールを教えているのですね(うらやましいです・笑)。

その息子が、私のトライアスロンの影響があったのか、高校で水泳部に入りました。

それまではまったく、、、というよりもほとんど水泳に接してこなかった息子が、水泳部に入部することになったのです。

その息子は、入部当時、50mをクロールで泳いだところ、タイムは58秒くらいでした。
(私がいま泳いでも50mで60秒台後半なので、この時点で負けています。。。)

しかし、夏の水泳大会に向けて泳ぎ込みをやっている息子は、タイムが劇的に早くなりました。

今のベストタイム聞いたところ、なんと37秒台になっているということでした。

50mを37秒台なら早い。

もちろん、あくまで私たちの基準で速いというタイムです。

水泳部ではまだまだ息子が1番遅いそうなので・・・(笑)

 

嫉妬を感じるのは「すごさ」がわかるから

私のトライアスロンのスイムは長距離を泳ぐ泳ぎ方であり、息子は短距離という違いがあります。

これは、フルマラソンを走る走法と100m走の走法では、走り方はまったく異なりますから、50mのタイムが違うのは当然。

それだけに、正直なところ、息子のタイムが58秒台の頃は、私は息子に抱いていた嫉妬心は軽いものでした。

私より少し速いくらいなので、「まだ追いつける」と思っていたからです。

ただ、37秒台となると、ほぼ私の2倍の速さ。

多少トレーニングをしたところで追いつける実力差ではありません。

ただ、頭ではわかっているし、息子の努力に頭が下がる反面で、感情に変化が起きました。

それは、嫉妬心が強力になったことです。(笑)

確かに、いま息子の水泳部の練習量を聞くと、1日に3〜4時間を泳いでいます。

距離にして5〜6kmを泳いでいるというのです。

私のトレーニング量に換算すると、息子の1日の練習量は、私の通常の3週間分の練習量ということです。

21倍の練習量、、、差がつくのも無理はありませんよね。(^_^;)

それでも、嫉妬を感じる経験というのは、誰もが持ってるものです。

では、なぜそのような嫉妬感じてしまうのでしょうか?

それは、自分にも相手と同じ才能が眠っているからだと私は捉えています。

自分にとっても、その分野の興味関心があるため、その人の「すごさ」のレベルが分かってしまうわけですね。

そして同じように努力してる(つもりの)自分が、いまだ相手のレベルに達していないため、悔しさを感じるわけです。

 

嫉妬心は自分の才能のバロメーターになり得る

逆に言えば、その分野に自分の才能がなければ、相手の「すごさ」を理解できません。

また、細かい部分で「すごさ」を識別することもできないでしょう。

さらに、自分が努力していないため、そこに悔しさを感じることもありません。

ですから、そこまでの嫉妬心も起こりにくいわけですね。

つまり、そこに異常な嫉妬を感じるということは、その分野においては、自分にも才能がある可能性が高いわけです。

そのように考えると、嫉妬心が生まれる分野ということは、自分の才能を見つけるセンサーのようなものでもあるわけですね。

そこで、自分の才能を見つけたいと思う人の1つの視点として、これまでの人生を振り返ってみて、「どんなものに異常な嫉妬感じてきたのか?」ということを思い出して言語化してみてはいかがでしょうか?

「嫉妬」というと、ネガティブな感情とイメージするかもしれません。

もちろん、その一面があるのは確かです。

しかし、嫉妬という感情をただネガティブな感情だけで終わらせずに、ぜひ自分の才能を探るための可能性のタネとして眺めてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、私の実家に家族で帰省。

両親に駅までむかえにきてもらい、そのままお墓参りにいきました。

その後、高校時代から通っている中華料理屋でランチを食べて、私の実家へ。

久しぶりに両親とゆっくり話すことができ、有意義でした。(^_^)

【募集中】
2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

2017 年8月24日開催:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

2017年9月7日開催:毎日目標を達成する!「1年で100個のやりたいことを達成する!」ワークショップ

2017年9月14日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガはじめました】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

▼登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
2017年9月14日開催:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

あなたのビジネスの種が隠れている場所はどこ?「お金」と「時間」の使い道を探る。

ビジネスの種というのは、「自分以外の人に対して、自分の欲求がどれくらい貢献できるのか?」ということに似ているのだと、最近考えています。 では、自分の欲求の種はどこにあるのかというと、「お金と時間」につ …


「やりたいこと」は自分本位で。ほかの人の評価よりもマイペースがいい。

自分が「やりたいこと」には、本来ほかの人からの評価は必要ないものです。 「やりたいこと」は、自分本位で考えましょう。   スポンサーリンク   目次1 「やりたいこと」に時間を投資 …


自分の軸を知るために、ほかの人の意見に素直に耳を傾けたほうが良い理由。

「他人の意見に流されたり、他人のアドバイスにしたがってばかりだと、自分の軸が定まらないですよ。」 ・・・というのは、一見すると説得力がありそうです。 ただ、自分の軸に気づくためには、むしろ積極的にほか …


熟成ウイスキーと人生の共通点。オリジナルな味わいは、土台固めの覚悟から生まれる。

自分が興味関心を持っている分野をビジネスに結びつけたいのなら、それなりのリソースを投資する必要があるはずですよね。 その必要性を忘れている人が多いように感じます。   スポンサーリンク &n …


強みや才能を発見するために問い続ける。8つの質問に答えてみよう。

私は、毎朝自分に質問をしています。 「強みや才能」を引き出すことも、質問が有効だと考えているからです。   スポンサーリンク   目次1 運動会のプログラムに娘のイラストが選出2 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930