【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

自分が見えている100%の壁。乗り越えることで101%の景色を見にいこう。

投稿日:2017/02/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分が見ている100%の目標と思っているものは、あくまでも現時点での100%です。

その目標をクリアすることによって、101%を目指していきたいものです。

 

スポンサーリンク

 

ちょっとしたサービスがファンをつくる

私が通っているやきとん屋さんは、いつもちょっとしたサービスを提供してくれます。

それは、だぶってしまったオーダーミスのやきとんをくれたり、焼酎が少しだけ多かったり、新商品の味見(笑)だったりします。

このような特別扱いに、人間は弱いのですよね。

ですから、ついついまた行ってしまうのです。(^_^;)

このようなサービスができるお店は、長く続くと思いますし、「応援しよう」という気持になります。

それは、私だけではないようで、お店には常連さんが多いのです。

昨年、そのお店のとなりに大手のチェーン店ができました。

やはりダメージはあり、お客さんの数が減りました。

でも、それは短期的な現象でした。

いまはお客さんも盛り返しています。

でも、となりの大手チェーン店はほとんどお客さんがいません(なくなってしまうんだろうなぁ・・・)。

 

トレーニングを積むことにより100%が見えてくる

私の行きつけのやきとん屋さんには、顧客を満足させるだけではなく、顧客の期待を少しだけ超えるところに人気があるのだと思っています。

要は、期待値を超えるということですね。

100点満点のテストの最高点は100点までしかありません。

でも、顧客の満足度は制限がありませんので、100%を超えることがあるのです。

満足度が100%を超えて、101%になったときに満足から感動に変わるといわれています。

これが、ほんのちょっとしたサービスの積み重ねなのではないかと思うのです。

100%を目指して努力しているうちに100%に近づいていき、あるとき目指すレベルに到達します。

あなたにも学習やスポーツ、楽器の練習の中で同じような経験があるのではないでしょうか?

今までできなかったことが、練習を重ねていくうちにできるなった経験です。

それは自己成長という100%を超えること目指していくからこそ、できることです。

 

100%の基準を超える101%を目指していこう

1つのことに打ち込み、たくさんトレーニングをすることでレベルアップした体験は貴重でしょう。

私は、はじめてフルマラソンを完走したとき、ランニングに対して1つの目標をクリアした感覚がありました。

それが、私が自分自身の「マラソン」という競技に対する期待値を超えて、101%になった瞬間だったのです。

そうなると、違う景色が見えるようになります。

以前、息子が小学生の頃には、毎年一緒に高尾山に登っていました。

山を登っているときは、頂上は見えません。

でも、頂上に到達すると見晴らしの良い景色がありますし、さらにその次の山があることがわかるのですよね。

プールの水面から顔を上げた瞬間のように、まったく見える世界が変わるのです。

成功している人というのは、そのようにして人生のステージをのぼっていくような感じなのでしょう。

私も10年前から比べると、いろいろな人にあったり、さまざまな経験をしてきました。

そうしていくと、ふとふり返ったときに階段の踊り場のような状態があったことに気づきます(とても小さな階段なので、ほかの人からみると階段かどうかわからないかもしれませんが・笑)。

そのように人生のステージをあげるためにも、いま見えている100%を目指していきます。

そうして、自分が100%と(今は)思っている目標をクリアして、101%の景色をみたいと考えています。

さて、あなたが見る101%の景色には、どのような光景が広がっていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、息子の受験前日(都内の私立校)のため、早めに就寝。

家族全員で22時に寝ました。

ぐっすり眠れると、やはり翌日のパフォーマンスが変わりますね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説

執筆者:

関連記事

「たくさんの人に会う」という行為には2種類が存在するのではないか、という仮説。

「人に会う」ということについて、1つの仮説を思いつきました。 私のその仮説を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 自分の記事のレベルにがく然とした瞬間。。。2 自分軸 …

凡人が信用や信頼を得るためには、何をすれば良いのか?

凡人が評価や信頼を得るために必要なことは何でしょうか? それは、やはり「続けること」だと考えています。 続けられることというのは、あなたにとっては当たり前のものであり、ほかの人からみれば、 ・小さなこ …

「まじめな努力家」が陥りやすい自己否定。無意識の思考と行動に注意しよう。

・まじめ ・努力家 なら、成功するのでしょうか。 「まじめな努力家」は、注意したほうがいいことがあります。   スポンサーリンク   目次1 がんばりが成果に結びつかない悩み2 自 …

人生に正解はあるのか?一問一答の人生を求めるよりも、自分の価値観を知ろう。

「あなたの人生は、正解ですか?」と言われて、「正解です!」と即答できる人はすばらしいと思います。 私はいろいろと夢が実現してはいますが、「これが正解か?」と言われると正直よくわかりません。(笑) そも …

習慣化とは、ある行動を好きになるまで学び続けた結果として定着するもの。

今朝、早起きしてランニングをしていたら、ふと思いついたアイデアがありました。 それは、「最初は違和感のある行動でも、それを好きになるまでやり続けることが習慣化なのではないか?」という仮説です。 その言 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30