【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説の習慣 早起きの習慣

早起き習慣は先延ばしの対象?「先延ばししたいこと」を習慣にすることで成果が上がる

投稿日:2015/06/28

Pocket

実は「本当はやりたくない気持があって、できれば先延ばししたいこと」ほど、成長に大切なのではないか?

最近、コーチングセッションを繰り返しているうちに、そのような仮説を思いつきました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-LIG_h_agentudewokusari-thumb-1000xauto-15915

 

スポンサーリンク

 

早起きはできればやりたくないこと

早起きを習慣化する前の私は、早起きすることが目的化していました。
そのため、「早起きすれば、きっと良いことがある!」といった思い込みを持っていたのです。

しかし、早起き挫折経験がある方はよくお分りだと思うのですが(笑)、その程度の理由づけで早起きしようと思っても、続けることは難しいですよね。。。

運良く目覚まし時計で起きることができたとしても、明確にやることがなければ、二度寝の誘惑に勝てるはずがありません。
早起きする、というのは、突き詰めて考えたら、たいていの人の場合、「できればやりたくないこと」なのではないでしょうか?

振りかえってみると、私も本能だけに身を任せていた大学生の頃や、20代の頃は、昼間まで寝ていました。
(ああ、もったいない、、、)

強制力や目的がなければ、人はのんびりと寝ていたいというのが本心だと思うのです。

 

実は「できればやりたくないこと」があなたをより良く変化させる

一方で、成果が出たときのことを考えてみると、「最初はやりたくなかったけれど、続けてみたら結果として望む効果が出ていた」ということもあります。

たとえば、早起きやダイエットなどのセルフマネジメントは、本来ならさぼってしまいたいはずの習慣ではありませんか?
寝たいだけ寝て、食べたいだけ食べていられたら、楽ですから。

でも、結果を出すためには、「本当はやりたくないけれど、やり続ければ確実に成果につながること」を継続することが必要なのです。

他の人は、できるだけやりたくないことだったり、やろうとしてもできないことですから、ただやり続けるだけで差がつきます。
結果として、自分の望む成果や成長につながるわけです。

 

「できればやりたくないこと」をやり続けるために必要なこと

早起きは、最初こそ多少つらいかもしれません。

でも、続けていくうちに、時差ボケが順応していくように体内時計が慣れていくはずです。
そうすれば、問題はなくなります。

すると、「そこまで持っていくためにはどうすれば良いのか?」ということになるわけです。
そこには、魔法の答えはありません。
なぜなら、その理由には各人それぞれの目的があり、そこを突き止める必要があるからです。

そこで重要なのは、やはり質問です。
つまり、「なぜ、あなたは早起きしなければならないのか?」「あなたが早起きしようと考えた理由は何か?」ということを考えることが重要です。

つらくなってやめたくなってきたときに踏みとどまる理由になります。
「最初はできればやりたくないこと」だからこそ、はじめから「骨太の理由」を用意しておくのですね。

あなたが、あえて「できればやりたくないことをやる理由」は、何なのでしょうか?

仕事で結果を出すためなのか、人生を充実させるためなのか、達成感を味わうためなのか?

自分の成長欲求を満たしたいのか、自由な時間が欲しいのか、ご家族の将来を守りたいのか?

面倒くさがらずに、自問自答してみましょう。
そこをないがしろにしたままで、早起きを継続している人はいません。

そして、二度寝することが習慣になってしまっているのなら、その悪習慣が何によって発生しているのか、原因をつきとめるというアプローチも有効です。

あなたの生活リズムはどのような習慣によって成り立っているのか。

習慣を見直し、組み立てを変えることも出てくるでしょう。
習慣を見直すことは、「自分の中での当たり前を再構築していく作業」です。

定期的に見直す時間をあなたの時間割に組み込んでおくことをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、妻へのひとり時間をプレゼント。

その間に家事をこなしつつ、子供たちとの時間を楽しみました。

今度、記事にしようかと思っていますが、夫婦でそれぞれのひとり時間を確保することは、お互いにとてもメリットがあります。

特に、やりたいことがそれぞれ積み重なってくる30代以降は、取り入れてみることをお勧めしたいですね。

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説の習慣, 早起きの習慣

執筆者:

関連記事

「若い時の苦労は買ってでもせよ」は本当か?主体的な苦労と受動的な苦労を区別する。

「苦労」には、主体的な苦労と受動的な苦労があると考えています。 苦労が大好きな人は少ないと思いますが、主体的な苦労は、ときには自らとりにいくにくのもいいのではないでしょうか。   スポンサー …

「何をやれば正解なのか?」を考えて動き出せない過去の自分に「正解探しはやめよう」と言いたい。

「この本を読めば、てっとり早く成功できそうだ!」 「あのセミナーに参加したら、人生が変わるはずだ!」 10年前の私は、恥ずかしながら常にそのようなことを考えていました。 本やセミナーに、「これが正解で …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

ゴール達成の確率を30%も高める方法。事前に「障害と対策」を考えよう

習慣化やゴール達成は、イメージではスムーズに実現するように考えてしまいます。 しかし、実際は山あり谷ありなのが普通。 その山あり谷ありを乗り越えていく確率を30パーセント以上も高められる工夫があります …

早起き習慣化で自分の時間を確保して「時間がない!」を解消しよう。

先日、習慣化に関するアンケートを見ていたら、「早起きしたい」と思っている人がたくさんいることを知りました。 「早起きしたいけれどできない・・・」と思っている人は、早起きのメリットが弱いのかもしれません …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。