【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

習慣化のやる気が出ないときは、どう考え、どう乗り切るべきか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

続けている習慣でどうしてもモチベーションがわかないとき、あなたはどうしますか?

私のおすすめは、「最善をつくせばOK」「プロセスに集中する」という方針です。

 

スポンサーリンク

 

習慣化でやる気が出ないとき

習慣化していることであっても、長く続けているとどうしても「やる気が起きない・・・」ということはあるものです。

そのような対応策は、

・そのときできる最善を尽くす

・少しでもいいからやる

・完全でなくてもいいからやる

といったことです。

たとえば、いつもブログ1記事を1,500文字で書いているとしましょう。

でも、体調が悪いときもあれば、どうしても書けないときがあるのですよね。

そのときは、1,000文字にするとか、500文字にしてOKにする。

そうして、「一矢報いる」ことが大事なのだと思います。

やる気がでないときに避けたいのは、まったくゼロにしてしまうことであり、「できなかった・・・」という自己否定です。

このネガティブな感情が、次に同じ習慣にとりかかる際に邪魔をしてくるのですね。

ですから、最低限のところまででもいいので着手して、なんとか形をつくりましょう。

一方で、筆がのっているときには、2,000文字や2,500文字になることもあるのですから、平均して1,500文字になっていればいいのだと考えることもできます。

 

輝かしい成果だけ見るのは挫折の原因

ある行動を習慣化して継続できていたとしても、達成感を味わう機会というのは、それほど多くありません。

たとえば、ブログを書いていて、

・急にそれまでに考えもつかなかったような斬新なブログネタが思い浮ぶ

・誰もが流れるように読めるような文章が書けるようになる

・ほかの人がまったく考えつかないような笑えるオチをつけられる

といったことは起きません(私の場合だけかもしれませんが)。

しかし、ブログを書き始める前は、そのようなことを期待していました。

それは、いきなり自分が到達したことがないレベルのブログ記事を読んだときに生じた感情だと思います。

過去に受講したセミナーで、ブログ歴が私より長く、パワフルな文章を書く友人にブログの執筆時間をたずねたら、「30分で書いてます」と言われました。

「あの質と量を30分で・・・」と、彼と私の間に横たわるその力量の差にがく然としたものです。(^_^;)

ただ、そのようなネタや文章力などといったことを「ブログを続けていった成果」として安易にとらえてしまったり、すごい成長感を毎日のように味わうことをモチベーションにしてしまうから、続かないのではないでしょうか。

実際、彼と出会って5年が経過していますが、今もまったく近づいているような気はしません。

そこだけ見てしまうと、続けることがつらくなるわけです。

では、そのようなポイントに意識を向ければいいのでしょうか?

 

愚直な1歩を自分で承認していく

私の意見は、

・プロセスに集中する

・行動をゴールにする

ということです。

継続していくためには、将来のリターンを見るだけではなく、プロセスや行動それ自体に価値を見出すことが大事なのです。

泥臭くてもいい、スマートじゃなくていいので、

・今日はなんとかできた

・今日も続けられた

・今日はとても難産だったけどようやくアップできた

という「できた」のくり返しに焦点を当てるのです。

そして、それを実行できた自分を認めることが重要です。

その行為こそが、自己肯定感を高めてくれるのです。

これは、どのような習慣でも重要です。

たとえば、「1,000時間リスニングすれば理解できるようになる」というような話がありますが、プロセスではまったく成長を感じられない時期もあります。

それでも、昨日まで聞き取れなかった英単語が1個聞こえるようになったことをよろこびましょう。

成長というのは、スムーズな成長曲線ではないからです。

幼虫が成虫に変わるまでは、長い停滞と忍耐があるものですから。

そのようにしてプロセスを継続していると、変態がおきるように、偶然や幸運がやってくるのだと思うのです。

その幸運こそ、続けてきたメリットであり、成果なのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでひとり戦略会議を実施。

某プロジェクトの最初の締切があって追い込んでいますが、なかなか産みの苦しみが。。。

「書く」ことは自分欲求の活動ではありますが、それだけに書けないとつらさを感じますね。(^_^;)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

あいまいな行動をチャンクダウン。アクションの細分化が実行力を高める。

習慣化や目標設定で忘れてはいけないのは、行動をチャンクダウンすることです。 チャンクダウンをおこなう際に大切なのは、「その説明がほかの人に伝わるかどうか?」という視点です。   スポンサーリ …

「面倒くさい」を乗り越えるパワーを得るために、ゴールイメージを描く。

「習慣化」というゴールを達成しようとすると、ついプロセスばかりに意識がとんでしまいます。 ただ、より重要なのは、ゴールの状態をイメージすることです。   スポンサーリンク   目次 …

習慣化が上手な人に共通するのは、6つのポイントの使いこなし+フィードバックの活用。

たくさんの事例を見ていると、そこからパターンが抽出されてきます。 習慣化のオンラインコミュニティーをサポートさせていただいていると、成果を出せる人のパターンも見えてくるものです。   スポン …

大量のタスクに立ち向かうために活用したい7つの対処法。

今日はタスクに押しつぶされそうな1日でした。(^_^;) でも、7つの方法を試して、大量のタスクに「一矢報いる」ことができたのでご紹介しますね。   スポンサーリンク   目次1 …

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930