【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

「強烈な無力感」が人の行動を変える。無力感を新しい体験への成長エネルギーにしよう。

投稿日:2017/10/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

人生初(汗)の弁当作りを体験しました。

「弁当づくり」という新しい体験をするエネルギーが生まれたのは、私が「強烈な無力感」を味わったからです。

 

スポンサーリンク


 

息子の弁当づくりを体験

先日、息子が高校に持っていく弁当をつくりました。

恥ずかしながら、私が人生ではじめてつくった弁当でした。

今まで、常に妻や母、そして祖母たちにつくってもらっていたのですね。

「弁当をつくる」。

一見、平凡な「やりたいこと」です。

誰でもできることかもしれません。

しかし、私にとっては未体験かつ重要な「やりたいこと」でした。

この「やりたいこと」は、「やりたい!」という前向きなエネルギーを感じる「やりたいこと」というより、どちらかといえば「(やっておきたい)やりたいこと」でした。

弁当づくりが私にとって重要な「やりたいことリスト」に入るきっかけになったのは、「強烈な無力感」を味わったからです。

 

「弁当1つさえつくれない自分」に気づく

ある日の平日、「それ」はやってきました。

いつもは毎朝、高校生の息子のために妻がお弁当をつくってくれています。

しかし、その日は妻の体調が悪く、とても弁当づくりができるような状態ではありませんでした。

私は、早起きをしていた日だったので、妻のかわりにササッと弁当づくりを・・・することができなかったのです。(^_^;)

自分は起きているのに、体調不良の妻を気づかって、代わりに弁当づくりをすることができない自分。

そうなれば、息子にはコンビニ弁当などを買ってもらうしかありません。

息子に「これでお昼を買っておいて」と、お金を渡すことはできます。

それで急場はしのげますから。

弁当を買うことが悪いわけではないですし、そのようにしている家庭はあるでしょう(私が高校生時代は弁当を学校に販売に来ていたのですが、息子の高校は販売量が少ないそうです)。

そこで、私は感じてしまったのですね。

「息子のために、弁当1つさえつくれない自分」の存在に。

そういった状態では、朝の読書やメルマガ執筆も手につきません。

無力感を味わっている私に、追い討ちをかけるようでした。

「な・・・なんもできない俺っていったい。。。」

貴重な朝時間が非生産的な時間に変わっていくのを、ぼんやりと感じていました。

このようにして、私は「強烈な無力感」を味わったのです。

 

「強烈な無力感」を自分のエネルギーに変える

人は、「強烈な無力感」を味わうと、「このままではいけない」と思うものです。

それが危機感となって、変化を起こすきっかけにもなることがあります。

たとえば、私の友人が高校生時代、自宅で猫を飼っていました。

ある日、その猫が、誤ってネズミ捕り用のえさを食べてしまったのです。

猫は苦しみだし、愛猫は命の終わりを迎えてしまったそうです。

自分がかわいがっていた猫の命が目の前でなくなっていくのに、何もできない友人。

それが「強烈な無力感」となったのです。

その友人は獣医を目指すことになりました。

また、「怒らない技術」の嶋津良智さんは、夫婦で海外旅行をしている際に、奥さまのバッグを通りすがりに盗まれてしまったそうです。

その際に、盗んだ犯人を追いかけることができなかったことが「強烈な無力感」となりました。

そこで、嶋津さんは少林寺拳法を習いはじることにしたのだそうです。

このように、「強烈な無力感」は、人の行動を変えるパワーを持っているのですね。

私がスイムスクールに通い、オープンウォーターの練習会に参加するのも同じことです。

さて、このように見てみると、「強烈な無力感」を味わったあとの人の行動は2つに分かれます。

それは、

・無力感を打ち消すための新しい行動を起こしていくのか?

・その無力感を見ないようにして変化を起こさずにスルーしていくのか?

ですね。

私は、その無力感を味わうという経験をすること自体、「自分が挑戦する価値がある対象」なのではないか、と考えています。

もちろん、あまりに大きなこと(世界紛争をとめるとか)であれば、無力感を味わい続けるしかありません。

しかし、自分がちょっと勇気を出して行動すれば克服できることなら、挑んでみる価値はあるのではないでしょうか。

私は今回、妻の力を(かなり)借りつつも、弁当づくりを体験。

「0→1」にしました。

この経験によって、「強烈な無力感」をけっこう払拭できたのです。

ですから、「無力感」を味わうことも、ときには「できなかったことをできるようにする」ためのいい機会だと定義づけを変えてみる。

そうして、無力感を味わった体験を克服するための

・やりたいこと
・試しにやってみること
・新しい体験

としてとらえて、新しい行動を起こしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、継続クライアントさんとのコーチングセッション2回目。

ブログ習慣化がテーマだったので、

・ネタ出しのブレスト
・視点のすり合わせ
・ペルソナ設定
・ブログ習慣化のパターン化へのトライ

などを対話で。

継続するために大事な「パターン化」のアイデアが出たので、これから実行してくれるのを楽しみにしています。(^_^)

【募集中】
■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

同質の社会を抜け出そう。組織を飛び出して「全方位的人脈」を構築する。

さまざまなバックグラウンドの人たちと交流すると、あらためて自分の役割がわかります。 やはり人間は、多用な人間関係のつながりを意識的につくることによって、同質の社会から抜け出す必要があると思うのです。 …


16年前に「自分探しの旅」に出た自分に、いま伝えたいこと。

「本当の自分」とは何でしょうか? それは、どこかにあって探し求めるようなものではなく、意図をもって日々つくりあげていくものなのではないでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 …


強みや才能を発見するために問い続ける。8つの質問に答えてみよう。

私は、毎朝自分に質問をしています。 「強みや才能」を引き出すことも、質問が有効だと考えているからです。   スポンサーリンク   目次1 運動会のプログラムに娘のイラストが選出2 …


あなたの「やりたい」は「自分の欲求」か、それとも「ほかの人の欲求」か?欲求を動詞から探る。

強みや才能を知るためには、「欲求」を知ることが大切です。 欲求を知るために有効な切り口はどのようなものなのか、記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 欲求は明確化しにく …


価値観や目指す方向性を発見するために。「憧れの人」から自分を分析する方法。

・やりたいことがわからない ・目指したいものがわからない ・行きたい方向性がわからない そのようなケースで必要なのは、「目指すべき指標」です。 その指標を発見するために、「憧れの人」を活用する方法があ …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031