【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

レポート記事

ラグビー観戦のすすめ。間近で選手たちの激突を感じられる迫力のスポーツ。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、人生初のラグビー観戦にいきました。

ラグビー観戦の手順や観戦ポイントを記事にしています。

 

スポンサーリンク

 

ラグビー観戦前の準備

まずはラグビー観戦までに準備をしておきましょう。

私がやったことを書いてみます。

 

チケット

チケットはネットで購入できます。

サイトはこちらがあります。

チケット

チケットぴあやセブンチケットでも販売しています。

私たちは、妻がチケットぴあの会員だったので、妻にとってもらいました。

 

チケット費用

自由席一般で1,800円です。

小中高生は500円で観戦可能です。
(学生証を忘れないようにしましょう)

家族4人で4,600円。

この日は2試合見られたので、リーズナブルでしょう。

 

ルール

ラグビーがいまいま人気がなかったのは、ルールがよくわからないからではないでしょうか?

私はそうでした。(^_^;)

そのような方には、妻に教えてもらったのがこちらのルール説明の動画がおすすめです。

映像の説明に、

“難しいと感じてしまうラグビーのルール。
これは、ラグビー観戦の入門篇として、代表的なルールを解説する動画です。
観戦の前にご覧いただいて、ラグビーの熱い試合をお楽しみください。”

とある通り、非常にわかりやすいです。

マツコ・デラックスさんのようなキャラクターもおもしろいです。(笑)

余裕があれば、関連動画も見ておきましょう。

YouTubeの「日本ラグビーフットボール協会 公式チャンネル」で見られます。

 

いよいよラグビー観戦へ

会場へのアクセスから観戦までをまとめてみました。

 

場所

今回は「秩父宮ラグビー場」で観戦。

私たちはJR総武線の信濃町駅から行きました。

徒歩だと少し距離はあり、15分くらいかかります。

ただ、うつくしい「神宮外苑いちょう並木」を見られたのでは良かったですね。

千駄ヶ谷駅からも行けますが、やはり15分をみておきましょう。

都営大江戸線の青山一丁目駅からは徒歩10分程度。

東京メトロ銀座線の外苑前がもっとも近く、徒歩5分くらいです。

3線から選べるのでアクセスはいいですよね。

 

持ち込み

買ったものは持ち込めます。

コンビニは近くにはなかったので、信濃町駅の近くで購入してからいきました

私はもちろん缶ビールも。(^_^;)

結果、足りませんでしたが・・・(笑)

でも安心してください。(笑)

不足分のビールをおぎなう売店は、もちろんあります。

 

観戦

いちょう並木側からいくとバックスタンド側の入口があります。

こちらが会場への入口。

スタジアムの見取り図もあります。

人気のシートは満席も。

階段をのぼっていよいよスタンドへ。

ようやくたどりつきました!

グラウンドは野球より広い感じです。

自由席は空いており、スタンドは7割くらいの埋まり具合でした。

人気のある五郎丸選手も出場しているし、比較的人気のあるチーム同士のゲームでしたが、やはり一時的な人気なのかもと。

まだまだメジャーなスポーツではないのかもしれませんね。

そのぶん、観戦は最前列で観ることができました。

間近に選手たちがやってきて、トライする瞬間をみることができたのは興奮ポイントです。

念願の五郎丸選手のゴールキックも観られました。

有名なルーティンはやめてしまったのが残念ですが。。。

 

試合時間

ラグビーのゲームは前半40分と後半40分。

先ほども書きましたが、午後から2試合を観られたので十分楽しめました。

日が暮れていく時間も楽しいもの。

ナイトゲームも雰囲気があって良かったです。

 

おまけ:ケンコバさん(笑)

ラグビー好きという芸人のケンドーコバヤシ(ケンコバ)さん。

ジャパンラグビートップリーグの特任アンバサダー就任されたそうです。

たまたま当日、就任式がありました。

 

ラグビー観戦終了後

試合後は、選手たちがスタンド前をとおってくれるサービスがあります。

握手もできますし、選手によっては一緒に自撮りしていました。(笑)

スタンドの間近にきてくれるので、汗をかいている選手たちの姿を見ることができます。

また、選手たちの顔のケガもリアルに見られました。(^_^;)

本当に触れます。(笑)

五郎丸選手も間近に。

これは、私がこれまで観戦したプロ野球では考えられないファンサービス。

実際、私自身も興奮してしまいました。(笑)

 

まとめ

結果、ラグビー観戦に興味が出てきて、11月4日の日本代表戦も観戦にいきます。

日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2017」オーストラリア代表戦 企画チケットのご案内

このように楽しみが増えていく人生っていいですよね。

ですから、積極的に新しい体験をしていくことをおすすめしています。

さて、今回のラグビー観戦は、私の「やリ100」に入っていました。

このようなリストをつくること、楽しいです。

ご興味があればいかがでしょうか。

毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 2017年10月6日(東京都) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッションを2件。

その後、歯医者の定期検診に行って、息子の高校の学園祭へ。

帰宅してブログを書いてから、娘の保育園時代のパパ友と3人ではじめて訪れるやきとり屋へ。

話が盛り上がり、飲みすぎました。。。

【募集中】
2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-レポート記事

執筆者:

関連記事

屋形船で卒業式体験。隅田川からお台場までの船上クルーズは格別!

人生で初めて屋形船に乗船しました。 記憶に残る体験になり、おすすめです。   スポンサーリンク   目次1 懇親会の場所は屋形船2 食事・ドリンク・設備はどんな感じなのか?3 今回 …

小岩の人気焼き鳥店「鳥勢」から学んだ、ひとりビジネスに欠かせない「情報発信」と「情熱」のかけ算。

先日、小岩にある「鳥勢」という焼き鳥屋さんに訪問。 そこで、ビジネスに重要な「情報発信」と「情熱」を学びました。   スポンサーリンク   目次1 焼き鳥屋のマスターとの共通点の多 …

「ココナラ」を使ってみた感想・体験談・評価。仕事を依頼する立場の自分の感性と選択眼は正しいのか?

Webサービス「ココナラ」をはじめて使ってみました。 利用方法や体験した感想を記事にします。   スポンサーリンク   目次1 個人のスキルを売買できる「ココナラ」2 「ココナラ」 …

東京夢舞いマラソン大会2017。意外とコストパフォーマンスがよくて東京マラニックにおすすめの大会。

先週の日曜日、「東京のんびりマラソン散歩 第18回 東京夢舞いマラソン大会」に妻と参加しました。 大会のレポートです。   スポンサーリンク   目次1 東京夢舞いマラソン大会2 …

「三ちゃん食堂」訪問レポート。新丸子の大衆食堂に感じる昭和の雰囲気。

「孤独のグルメ」でとり上げられた「三ちゃん食堂」を訪れてみました。 ロケ地の「聖地巡礼」レポート記事です。   スポンサーリンク   目次1 駅から近くて便利2 奇をてらわないシン …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031