【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「他の人へアドバイス」ついて意識していること

投稿日:

Pocket

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■僕の座右の銘ともいえるくらいに好きな言葉に、
「他人と過去は変えられない。
 しかし、自分と未来は変えられる」
というものがあります。
(いま調べたのですが、この名言は
「ウイリアム・グラッサー博士(Dr. William Glasser)という方の言葉のようです。
英語では、
「You can not change the other people and the past.
But, You can change yourself and the future.」
となるそうです。かっこいい!)
僕は日常生活で何か嫌なことや不快な気持ちになったとき、よくこの言葉を思い出して対処します。(笑)
■このエピソードを知った当時のことを思い出しました。
ビジネス書の多読を始めたとき、本の知識(受け売り 汗)を妻や息子に教えようと思って必死になった時期がありました。
僕が伝えたときは「ふんふん。なるほど。お父さん良いこというね!」
という感じで聞いてくれていたものの、行動には結びついていませんでした。
そんなときに僕は思ったのです。
「どうして変わらないのだろう?」
と。
「どうしたら妻や息子の間違った考えを変えて、本で学んだ良い考え方を教えられるのだろう?」
と。
そんなふうに思っていた時期がありました。
(すごい思い上がりでしたね。。。 恥)
少し悩んでいるくらいでした。
そんなときに冒頭の言葉に出会ったのです。
「他人と過去は変えられない。
 しかし、自分と未来は変えられる」
という言葉に。
■それ以来、家族には、
「こうしなきゃだめだよ!」
とか、
「こんなふうに考えるべきだ!」
というふうに話すことを減らしていくようにしました。
その代わりに、
「イチロー選手はこんなふうに考えて日々のトレーニングをしているんだって」
とか、
例えば相談をうけたときには、
「そういえば、同じような状況で悩んでいたとき、孫正義さんはこんなふうにでピンチを脱したっていうエピソードを読んだことがあるよ」
というように自分の言いたいことを、実績のある人から伝聞したように伝えるように心がけるようにしました。
そうすると僕の言いたいことも伝えられるし、相談した相手も、著名人からアドバイスをもらったような感じになるようで、結果的に言われた人の行動が変わっていくことがあったのです。
■そこでたどり着いた仮説は、僕は「妻や息子を変えられる」のではなく、著名人の言葉を通して「妻や息子が自発的に変わるようにアドバイスできた」ということになるのだということです。
多くの人は「他人に自分のことを変えてもらおう」などとは思っていないし、そのような人たちにアドバイスしようと思うのは良い迷惑で、お互いにストレスですよね。
■ということで、今回の良習慣のポイントは、
【上から目線で人教えたくなるようなときには、
 ひと呼吸置いて、
 著名人の成功体験を伝聞形式で伝えると
 うまくいくのではないでしょうか?】
ということでした。
(相変わらず言語化の壁に悩みますが、今日のところはこのあたりでご勘弁を。。。汗)
いつも本当にありがとうございます!

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、わたしは「未来の自分に期待はするけれども、期待しない」のか?

目次1 先のばしについて考える2 先のばしの心理的なメカニズムを知ると苦しさが減る3 自分以外の人も先のばししている4 短期と中長期で期待値のバランスをとる 先のばしについて考える なぜ、人は先のばし …

私の習慣化に重要な2つの要素。「未来のありたい姿」と「生活レベルの目標」。

先日、習慣化コンサルティング社さんの顧客事例として、インタビュー取材を受けました。 私が自己投資をスタートしてからの10年間をふり返る良い機会でした。 取材を受けながら、習慣化によって人生を変えるため …

「成長」について考えるとき、定義しておきたい8つの習慣

成長するためには、どんなことを意識すればいいのでしょうか。 ポイントは「定義すること」だと考えています。   目次1 あなたの「成長の定義」とは?2 8つの分野で成長の定義を決める3 改善す …

「自分のアタマ」で考えるために覚えておきたい2つの質問

目次1 ■「書くこと」そして「思考すること」の共通点に気づく2 ■マジックワードその1「なぜ?」3 ■マジックワードその2「だからなんなの?」4 ■「問う」という思考のクセをつける ■「書くこと」そし …

「習慣にすることをつい忘れてしまう」人にお伝えしたいシンプルな習慣

目次1 ■地元のマラソン大会に出場2 ■冬場のラントレーニングの習慣が一時的に途切れた理由3 ■ラントレーニングが停滞したもう一つの理由4 ■習慣化したいものはとにかく目の届く場所に置いておく ■地元 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。