【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

コミュニケーションの言葉を英語で理解して、対話力の向上に磨きをかける。

投稿日:2017/05/06

Pocket

・「聞く」と「聴く」
・「見る」と「観る」

など、同音で似たような意味をもつ言葉。

このような言葉を区別して、英単語の意味から理解しておくことは、コミュニケーション力の向上に有効です。

 

スポンサーリンク


 

英単語を使ってコーチングの言葉を説明

先日、家族で話をしている際に、息子からコーチングのことについて尋ねられました。

コーチングのスキルを表現する言葉は、わかっているようで意外とその言葉の本当の意味については、理解されていないものが多いです。

私が息子に伝えたのは、コーチングにおける重要なスキルの言葉の意味でした。

息子は英語を学習中なので、英単語を使って説明しました。

それが、言葉の意図や違いを伝えるのに、役立ったのです。

 

コミュニケーションにおける3つの重要な姿勢

一般的に使われる「聞く」や「見る」というニュアンスと、コーチングにおける語感は少し異なりますので、その語感を区別しておくことが普段のコミュニケーションの質を高める上でも重要です。

コーチングスキルで使用されている言葉を、一般的なコミュニケーションにおける重要な姿勢として、英単語から3つ解説しましょう。

 

1:「聞く」ではなく「聴く」

コミュニケーションで重要なのは、「聞く」ではありません。

「聞く」のは、英語でいうと「Hear」です。

これは、「聞こえる」という意味です。

「聞こえる」というのは、「意識していなくても耳に入ってくる」というイメージです。

会話で「聞き役にまわる」といいますが、ただ「聞く」だけだと、奥さんから「ねえ、ちょっと!本当に私の話をきいてる?!」という風に言われてしまうでしょう。(笑)

そうではなく「聴く」ことです。

英語では、「Listen」で、「意識して聞く」という意味です。

ですから、相手の言葉をくり返したり、声のトーンなども合わせて「聴く」ということですね。

このようにして「聴く」と、相手は「話をきちんと聴いてもらえた」と感じます。

たとえば、私が中学生の頃には、英語のテストでは「ヒアリング」と言われていましたが、現在では「リスニング」と言われています。

英語を、より「聴く」ようにしようという意図でしょう。

 

2:「見る」ではなく「観る」

話している相手の表情を「見る」だけでは不十分です。

英語では、「見る」は「See」です。

これも、「視覚に入ってくるので見える」という感覚です。

ぼんやりしながら相手の表情を「見て」いても、話の内容が入ってこない経験をしたことがあると思いますが、それは「See」の「見る」なのですね。

対話で重要なのは、「See」の「見る」ではなく「観る」こと。

「Watch」が必要です。

「Watch」は、「じっと観る」ということです。

つまり、「注意して見守る」という意味ですね。

相手を「観察」するくらいに「観る」ことによって、目に見えないものを感じることができるようになります。

 

3:「評価する」のではなく「認める」

「評価する」は、少しむずかしい英語ですが、「Evaluate」です。

ただ、相手の意見を「評価する」のは、得策ではありません。

同じ意見の人というのは存在しないわけですから、「評価する」となった時点で「良い悪い」が出てきてしまいます。

そうではなくて、大事なのは「認める」ことでしょう。

こちらの英語は、「Acknowledge」。

リアクションとしては、「なるほど。あなたはそう思うんですね。」といったように共感性や受容性を持つイメージです。

話している相手の考えかたや感情については、聴いている方が評価するものではありません。

また、必ずしも受け入れる必要もないでしょうから、相手の言葉を受けとめるだけで良いのですね。

正解や不正解ではありませんので、事実として「認める」わけです。

 

相手のあるがままの意見として客観視する

私も含めて、人には必ず、

・自分が聞きたいように聞く
・自分が見たいように見る
・自分が認めたいところだけ認める

という傾向があります。

そうしないと拠りどころがなくなって、生きづらくなるからです。

その影響もあって、客観的に物事をとらえるということが難しくなるのですよね。

もちろん、主体性は大事なのですが、主観的になりすぎるのも困りものでしょう。

主観が強烈すぎると、それによって誤解を生み、トラブルに発展するケースもみかけます(ビジネス面では主観は大事だと思いますが)。

ですから、「あっ、いま主観的になりすぎているかも」と感じたときには、

・聞く(Hear)
・見る(See)
・評価する(Evaluate)

モードになっていないか気にしてみましょう。

もし、そのモードに入っていたら、

・聴く(Listen)
・観る(Watch)
・認める(Acknowledge)

というモードに切り替えてみるのです。

それぞれの言葉について、英語の意味に込められた意図を理解しておくのは役立つはずです。

そのようにして、職場や家庭での対話では、ぜひ3つのコミュニケーションの言葉を意識して接してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は妻と娘と一緒にとなりの駅までウォーキング。

となり駅の細い路地で新しいお店を見つけて、ホッピーがあったので飛び込みました。(笑)

博多流の飲み方ということで、すだちをつけたバリパリの餃子が美味で、再訪したいお店になりました。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

会話での沈黙が耐えられない人へ。不自然な会話で沈黙を埋めるよりも沈黙を感じてみよう。

「会話で沈黙してしまうのが苦手」という悩みがある人はいるでしょうか? 私が沈黙が怖かった理由と、今は克服してきた経験を記事にしました。   目次1 会話で沈黙してしまう人はだめな人なのか?2 …

これは簡単!「相手の気持を感じる」ことができるポジションチェンジをやってみよう!

「相手の立場にたって考える」 これは、コミュニケーションやビジネスで使い古された言葉かもしれませんね。   スポンサーリンク   目次1 NLP3日間セミナーを受講2 ポジションチ …

ネガティブな感情。見ないふりをするのではなく、扱えるようにしてコントロールする。

ネガティブな感情は、生きている限り避けることはできません。 感じてしまうものですから、その瞬間はコントロールできないからです。 しかし、完全にコントロールすることはできないまでも、扱えるようにするコツ …

「あなたなら絶対できる!」という応援と自分を全肯定してくれる存在。自分の人生に必要か否か?

自立型の人間であっても、信頼のおける師匠や友人は必要ですよね。 それと同じように、自分の存在に対して「あなたには価値があります」と認めてくれ、常に応援してくれる人の存在は、自己成長を目指す人にありがた …

「やりたいこと」はインターネットを検索しても出てこない。質問で自分の心の中を検索してみよう。

私たちは、毎日のようにPCやスマホで「インターネットを調べる」という行為をおこなっています。 その検索のように、自分の心の中も検索していきたいものです。   スポンサーリンク   …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。