【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

「早起きしたけれど、やることがなくて二度寝してしまう問題」への対処法。

投稿日:

Pocket

「早起きして、自分がやりたい活動をしたい。」

そのような明確な目標がない場合の早起きの方法は、どのようなアプローチがあるのでしょうか。

友人の相談ごとに回答したことを記事にしました。

plate-526603_640

 

スポンサーリンク

 

明確な目標はないけれど「早起きしたい」という相談

「早起きしようと思っているのに、なかなか起きられない」という友人の話がありました。

話を聞いてみて、意外でした。

それは、早起きできない理由が、「早く起きても、やることがないから二度寝してしまう。」という理由だったからです。(^_^;)

それならば、早起きしなくて良いのではないかと思うのですが。。。
(私にしてみれば「うらやましい話だな。。」という感じです・・・)

ただ、本人としては早起きに対する憧れがあるようで、早起きをやってみたいということなのです。

 

あえて「気持悪さ」をつくっておく

私がお伝えしたアドバイスは、

「あえて気持悪さを残したまま、寝てみるのはどうですか?」

ということです。

たとえば、夕飯のあとの皿洗いをあえてやらない。

そのぶんさっさと早寝をしてしまうのです。

もちろん、洗いものを終えてから寝るほうが、気分はすっきりするでしょう。

でも、その「気持ち悪さ」を、あえてつくるのですね。

私の場合だったら、妻に「洗いものは、明朝に俺がやっておくね。」と言っておきます。

そうすると、

「朝起きたら、やるべきことが決まっている状態」

なのです。

要するに、起きる目的が明確なので、早起きしてすぐにやるべきことにとりかかれます。

そのような状態をつくっておくことで、すぐにふとんを抜け出して、身体を動かせる。

結果として、起きられるわけですね。

 

起きたら「すぐに」取りかかれる行動目標をスタンバイしておく

人は、すぐに取りかかれて、簡単な具体的な行動目標があれば行動することができます。

反対に言えば、目的があいまいなままだと、動けません。

ですから、「起きてすぐに取りかかれる簡単な行動」を先に決めておくのです。

私の場合は、食器を洗ったり、カレンダーにシールを貼ったりすることにあたるのですが、ほかにも、

・洗濯
・朝食づくり
・片づけ
・そうじ

なども、同じような効果が期待できます。

できるだけ、「あの気持悪さを解消したい!」という欲求が起きるような行動目標が良いです。

「早起きしてもやることが思いつかないけれど、早起きはしてみたい。」という方は、試してみることをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、仕事終わりに友人コーチと相互セッション。

今後の相互セッションをチャレンジングにするためのアイデアを出し合いました。

どんどん濃密な時間になっていきそうです。(^_^)

【お知らせ】
2016年4月13日(水)【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年4月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

理想の1日のつくり方。今日という1日はあなたの人生の縮図である

「自分がなり得る最高の自分になるためには?」 この問いに対する私の答えは「理想の1日を過ごし続けること」です。 では「理想の1日」とは、どのようにつくっていけばいいのでしょうか。 記事にしてみました。 …

早起き+自己投資のためにマインドチェンジ。「仕事の後」ではなく「仕事の前」に焦点をあてる。

早起き習慣化のためには、寝るまでの行動を変えることが大切です。 ただ、行動を変えるためには、まずは意識を変化させなければなりません。   スポンサーリンク   目次1 夜時間を習慣 …

世界のCEOは朝をどのように過ごしている?仕事型、運動型、自己研鑽型の3分類で朝時間活用を最大限に活用する。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、朝時間を有効活用する組み合わせを考えるために、 「朝時間の3つの分類」 を考えてみます。     目次1 世界の有名CEOは朝をどのよ …

「起きてすぐ」に使える。手早く目覚めるための3つのテクニック。

日中に眠気がおそってきたとき、眠気を回避するために飲み物を飲んだり、何かを口に含むことだ経験はありませんか? そのような対処法を、早起きのための寝起きにも試してみることをおすすめいたします。 &nbs …

「午後2時の眠気」に対抗する3つの方法。午後のパフォーマンスを維持するために。

ランチを食べたあとに眠気をもよおすことがあると思います。 その眠気は人間として自然な生理現象ですが、仮眠や昼寝をとれないときのために、眠気を防ぐ3つの方法を記事にしました。   スポンサーリ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。