【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

朝の目覚めをすっきりさせたい!気分良く目覚めるための3つのアイデア

投稿日:2015/05/23

Pocket

あなたは、朝、すっきりと目覚められていますか
今回の記事では、「朝の目覚をすっきりさせる3つのアイデア」をご紹介いたします。

IMG_0242
photo credit: stretch via photopin (license)

 

 

目が覚めているけれど目覚められないときはどうする?

先日開催した「早起きの技術セミナー」にて、「朝、目が覚めても、そこから起きようという気持になれないのですが、どうしたら良いでしょうか?」という質問がありました。

確かに、そういったときはありますよね。
私にも経験があるので分かります。

しかし、ずっとその段階にとどまっていては、いつまでたっても早起きできません。
だからこそ、自分なりの目覚めのコツを持っておくことが大切でしょう。

そこで、セミナーの質疑応答でお答えした3つのアイデアをご紹介いたします。

 

朝の目覚をすっきりさせる3つのアイデア

morning-sun-702926_640

(1)シャワーを浴びる

リラックスしているときに優位になる副交感神経と、緊張しているときに優位になる交感神経があります。
ですから、朝の目覚めをよくするためには、交感神経を活発にすることが大切

そのために効果的なのは、シャワーを浴びることです。
できれば、少し熱めだと良いですね。

 

(2)アラームのスヌーズ機能は使わずに1度で目覚める

目覚ましアラームのスヌーズ機能は、便利な機能だと思われがちです。

しかし、頑張って早起きをしようとしている人にとっては、便利なようで不便です。

5時半に最初のアラームがなり、その後、スヌーズ止めを繰り返しながら5分ごとにアラームが鳴り、結果、7時半まで寝てしまう。
これは、とても中途半端な眠りで、きちんとした睡眠とは言えませんよね。

私も、「あと5分だけ・・・」と思って、何度二度寝したことか、、、(^_^;)

それならば、最初からスヌーズ設定を無しにして、1度目のアラームで起きてしまいましょう
「スヌーズがある」という保険は、早起きには不要です。

 

(3)SNSやブログのチェックは朝の楽しみにする

夜にFacebookやLINEをやっていると、すぐに30分や1時間が過ぎていきます。
夜時間には制限がないし、つい面白さにひっぱられてしまうのですよね。。。

しかも、脳が活性化してしまうと、寝つきが悪くなるという悪影響があります。
まさに悪循環です。

そこを、あえて逆手に取りましょう。

その方法は、SNSや楽しみのブログを、朝の楽しみに変えませんか、という提案です。

夜のデメリットを、朝のメリットに置き換えてしまうのです。
この方法は、私の最近のお勧めです。

寝る前のスマホが手放せずにダラダラしてしまう人は、ぜひ1度お試しくださいね。

 

早起きは結果

朝の目覚めを良くするためには、十分な睡眠時間を取ることが欠かせません。

睡眠時間が確保できていれば、上に記した3つの方法を使わずとも自然に目覚められるはずですよね。

早起きは、あくまで結果です。

ですから、睡眠時間を確保するために何を工夫するべきなのか、ということを考えて日常生活の段取りを改善し続ける必要があるのです。

常に自分の生活リズムを見直し、最適化させ、早起きできるための環境を整えてあげること
それこそが、早起きを習慣化させる秘けつなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

仕事で外出中、偶然、社外の友人に遭遇しました。

彼は、昨年有名企業を辞めて独立しました。
ビジネスは順調なようで、2期目に入った今は、新しいビジネスモデルを動かすために行動を起こしているそうです。

話をしていると、会話の端々にビジネスの視点が入っていて、友人の成長や環境の変化を感じとることができました。

ちょっとしたプチコンサルティングが展開され、私の週末起業への貴重なアドバイスもいただきました。

起業家になった彼と私とでは、ビジネスに対するセンスが明らかに違いました。
私は、もっと修行が必要ですね。。。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

あえて早起きのデメリットを考える。1つのテーマを賛成と反対から考える習慣。

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリに引き続き、本日は 「デメリットの3条件」 をお伝えいたします。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの条件」とは? & …

早起き良いことノートをつくってみよう。小さな良いことの積み重ねが自信になる。

私が、早起きを習慣化するときに有効だったのが、「早起き良いことノート」をつくることでした。 今年こそ早起きを習慣化したい方には、おすすめです。   スポンサーリンク   目次1 ネ …

世界で進歩し続ける「睡眠の最新研究レポート」9選(その2)

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先週の記事でご紹介した「睡眠」に関する記事の続きをご紹介いたします!   【告知:早起きセミナー …

今日からすぐに試せる無料の早起きテクニック。「カーテンを開けて寝る」ことで気持良い目覚めを実現する。

「お金もかけず、手間もかけずにおこなえる早起きの方法はありますか?」 その質問、、、正直、「ちょっと虫が良すぎないかな?」と思いますが(笑)、とても簡単な方法がありますので記事にいたします。 &nbs …

早起きしたい欲求と早起きした結果。その間に存在する2つの要素とは?

早起きは、早起きしたいという「欲求」と早起きしたあとに訪れる「結果」だけで判断してしまいがちです。 ただ、その2つの要素だけでうまくいく人は少数です。 欲求と結果のあいだにどのような要素を加えることが …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。