時間の習慣

あなたは「達成感」と「充実感」の違いに気づいていますか?

投稿日:


あなたは「達成感」と「充実感」の違いを即答できるでしょうか。

私なりに2つの感情の違いについて考えを記事にしてみました。




 

「集中タイム」の価値とは?

「集中する時間が欲しい」

「没頭できる時間が欲しい」

「1つのことを完了する時間が欲しい」

それが、私の願いです。

もちろん、私だけではありません。

・「良習慣塾」メンバー

・「早起き完全マスタープログラム」メンバー

・コーチングクライアントの方々

・「習慣化オンラインサロン」のブログ部メンバー

など、みなさん欲しているのが「集中タイム」なのです。

そこで、「良習慣塾」では、

・週間「集中タイム」(30分)

・月間「集中タイム」(120分)

を設定することにしました。

タイミングが合うメンバーだけでZoomをつなぎ、もくもくと自分がなすべきことに取り組む時間。

もちろん、スマホはオフです。

「良習慣塾」メンバーにおすすめしているルールは、

・習慣や締め切りのタスクはやらないこと

です。

それよりも、

・緊急ではなく重要な活動なのに、つい先のばししていること

に取り組むことをおすすめしています。

そうしてこそ、「集中タイム」の価値が高まるからです。

実際、

・緊急ではなく重要な活動なのに、つい先のばししていること

に手をつけて前進させたときに、人生の動きが変わり始めるからです。

昨日と同じことをしていては、変化は起きませんので。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「集中タイム」に訪れた誘惑と葛藤

・・・と言いながら、実は私は昨日、かなり迷っていました。

昨日の「集中タイム」の時間になったときに、平日発行のメルマガを書き終えていなかったからです。

このようなとき、「集中タイム」は絶好の時間ですよね。

集中できる30分。

その時間があればメルマガを書き終えられます。

30分後に「メルマガ終わりましたー!」と報告することもできます。

達成感を味わいながら。

でも、メルマガは計画的先のばしをしました。

「集中タイムはKindle執筆を進める」というマイルールの通り、Kindleの原稿を書くことにしたのです。

なぜか。

「まやかしの達成感」を避けたのです。

こういうときにメルマガを書けば、日課としているタスクが終わります。

毎日のタスクは優先順位が高い活動。

習慣ですから、自分との約束を守ることにもつながります。

「自分で決めたタスクを完了する」のは有言実行で気持ちいいですよね。

達成感があります。

ですから、ついメルマガを書きたくなります。

正直、誘惑にかられました。

でも、達成感ばかり追いかけるとトラップにはまります。

仮に「集中タイム」でメルマガを書いたらどうなるか。

簡単に想像できました。

「メルマガを書けた」という達成感で集中タイムを終えて、Kindleの原稿を書くことは先のばしする。

その未来が見えたからです。

そもそも、メルマガが書けなかったのは、朝時間の出遅れが原因。

その遅れを日中にリカバリーすることができませんでした。

ですから、自分が原因。

それなのに、事前に設定した「集中タイム」にメルマガを書いてしまったら、Kindle執筆は進まなくなってしまうのですよね。

さらに、私は自分の弱さもわかっています。

ここで「今日はメルマガが終わっていないから、Kindleよりも優先しよう」と1度約束を破る。

いかにも正当な理由を持って。

そうなれば、次回の「集中タイム」も締切に追われているタスクにとりかかるでしょう。

そうなれば、Kindleは永遠に出版されないかもしれません。

 

■スポンサーリンク




達成感と充実感のつな引きに打ち勝つ

外側からやってくる「達成感」と内側から生まれる「充実感」の違いに注意しましょう。

 

「バッティングセンター仕事」に注意する

飛んできたボールを打ち返す。

ポンポンとリズムよく。

たとえば、

・メール返信

・ちょっとした頼まれごと

・携帯への着信

・Slackへのメッセージ

・メッセンジャーへの連絡

などといった仕事ですね。

これらの仕事に対応し続けてしまうことを、私は「バッティングセンター仕事」と呼んでいます。

「バッティングセンター仕事」をしていても、仕事は進みます。

達成感も味わえるでしょう。

「いやー、今日もよくやったな」と。

でも、夜や翌朝にふり返りをしてみて気づくのです。

「あれ・・・!?自分にとって重要なタスクには着手できてないじゃないか。。。」と。

そう、外からきた頼まれごとに「バッティングセンター仕事」で対応していたら、達成するのは「ほかの人の目標」です。

「バッティングセンター仕事」だけでは、あなたの人生で重要な目標は前進していないのです。

これが「まやかしの達成感」です。

外側からやってくる刺激にだまされないようにしましょう。

 

充実感を追求する

では、何を追求すればいいのか。

それは、

・充実感

です。

充実感は、嘘をつけません。

あなたの内側から感じるものなので。

「自分にとって大切な活動に時間を使うことができた」という感情です。

ですから、達成感よりも充実感を追求していきましょう。

ただ、充実感を味わえるものは、最初は大変に思うものなことが多いです。

たとえば、

・早起き

・運動

・ブログ

など。

私たちは、

・いま早起きするよりも、二度寝したい

・いま運動するよりも、ソファでくつろぎたい

・いまブログを書くよりも、本やYouTubeからインプットしたい

と思ってしまうのです。

でも、その負荷を乗り越える。

そうして、

・早起きすれば、1日を気持ちよくスタートできる

・運動すれば、いい汗をかいて体も頭も爽快感を味わえる

・ブログを書けば、思考が整理されて自分のコンテンツというストックが1つ積み上がる

という事実をつくる。

そうしてサボりそうな自分に負けずに、自分にとって大切な活動に取り組んだとき。

私たちは「充実感」を味わえるのです。

 

「達成感>充実感」よりも「達成感<充実感」

達成感ばかり追いかけると、外側の世界との戦いになります。

それが悪いわけではありません。

私も活用していますし、達成感は好きな感情です。

ただ、それだけにとらわれると充実感を失います。

そうなれば「大切なものを大切にしていない」という状態になってしまうのです。

ですから、

・達成感>充実感

にならずに、

・達成感<充実感

になるように。

あなたの感情に意識を向けていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は夜に「良習慣塾」メンバーとの週間「集中タイム」。

その後に「習慣化オンラインサロン」のマーケティング学習会。

同一教材をグループ学習して、そこからディスカッションするというのは、学習効果が高いですね。

「習慣化オンラインサロン」の場合は話したことがすぐに現実にできるのでスピード感もあります。

こういうサービスをつくってもいいなぁというアイデアが浮かびました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

「ほかの人たちとすごす時間」と「ひとりですごす時間」はどちらが大事なのか?

飲み会やイベントのような「ほかの人たちとすごす時間」は交流として楽しいもの。 同時に、「ひとりですごす時間」を確保できていないときは何となく流されている感覚にもなります。 どちらの時間を大事にすればい …

夜時間の習慣化をやり抜くための7つのポイント

夜時間にとり組む習慣やルーティンは難易度が高いもの。 それでも、どうしても夜時間に取り組まなければならない場合もあるでしょう。 その際のおすすめのポイントを7つご紹介します。   夜の習慣化 …

理想の1日をすごすために、スケジュールの中に電車の運行ダイヤを取り入れよう。

理想の1日24時間をすごすためには、どうすればいいと思いますか? それは、あなたの1日を電車のダイヤのように考えることが有効です。   スポンサーリンク   理想の24時間はどのよ …

計画が苦手な人こそ「理想の1日」を考えよう

計画をたてる前に、1日を始めてはいけない。 私が、心がけている言葉です。 あなたは、計画をたてることが好きでしょうか?   計画は守らなくていい 「計画をたてることが苦手です」 「どうしても …

自分とのアポイントメントを守ることができる人は、自分を尊重しているということ。

コーチングのクライアントさんで、成果を上げている人に共通していることがあります。 それは、 ・自分を尊重して、自分とのアポイントメントを守ることができる ということです。   スポンサーリン …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。