【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きできないまま10年が過ぎたら、あなたにどのような未来が待っていますか?

投稿日:

Pocket

1月に16回目の早起きセミナーが無事に終了いたしましたので、2月の早起きセミナー開催を決めました。

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

開催を記念して(?)、本日は、私が早起きセミナーで行っているワークのうちの1つをご紹介いたします。

-shared-img-thumb-PAK86_kononihonwokae20140713_TP_V

 

スポンサーリンク

 

「早起きができないまま10年が過ぎてしまったら・・・?」という危機感を考える

セミナーの中で、私は、ご受講者さんに質問します。

「このまま、早起きが習慣化できなかったら、あなたの3年後、5年後、10年後はどうなっているでしょうか・・・?」

そのような問いを用意しているのは、習慣化に重要な「危機感」を考えていただきたいからです。

要は、現状を見つめ、「このままだと、将来がやばいな・・・」と感じることは、自分を変えるための起点の感情を味わっていただくための質問なのです。

危機感の醸成がなかったら、誰も「自分を変えるために早起きしよう」なんて思わないですよね。

自分で、「やばい!」と思っていないのに、頭だけで変わろうとしても無理です。

世間体で、「早起きって良さそうだから」というレベルの感情では、自分を変えることはできません。

できたとしても、成果を出すまでに時間がかかります。

 

自分が危機感を感じなければ価値観は変わらない

早起きは良習慣の代表的な習慣です。

英語でも早起きの名言があるように、世界的に共通して良いイメージが多いです。

とはいえ、いくら私が、「早起きは良いですよ。明日から30分で良いから早起きしましょう!」と言ったところで、本人が、「このまま二度寝を繰り返すだけの人生は嫌だ!」と感じていない限り、効果は出ないでしょう。

根性や意思の力で1日とか3日くらいは、早起きに成功するかもしれませんが、「言われたからやっている」だけでは、本当の習慣化にはいたりません。

これは、何より、過去の私自身があてはまっていました。

今の自分から分析してみるとよくわかるのですが、早起きせずに二度寝を繰り返している人は、実は、深層心理では、

「早起きしなくても、仕事の成果は出ているから。」

「二度寝したって、別に命までとられるわけじゃないし。」

「早起きしなくても、今のところ、大きく困ることはないよね。」

「そんな自分も、人間らしくて悪くないよ。」

と考えているものなのです。

つまり、現実逃避です。(^_^;)

怖いです。。。

 

早起きができなかったら発生する「嫌な状態」をたくさん書き出す

そこで、現実を見つけて、早起き習慣化をスタートさせるために、「このまま早起きができなかったら、将来はどんな悪い状態が待っているのか?」書き出していただくのです。

このまま早起きができなかったら、、、たとえば、

・「自分の時間」が持てない

・やりたいことができないまま日々がすぎていく

・自分で「やる!」と言ったことを守れない

・仕事のパフォーマンスが上がらない

・早朝出社に憧れているけれど、今のままではとても無理

・夜遅くまで「残業すればいいや」というマインドになる

・朝は会社や仕事に起こされる受け身の人生が続く

・自分に自信が持てない

・ずっと「早起きできたらいいな・・・」と思い続ける未完了感を感じ続ける

・人生が楽しくない

・セルフイメージが下がる

・朝からイライラしたり、あせったりする

・生産的な時間が持てない

・だらしない生き方になる

・ほかの良習慣も身につけられない

・・・というようなことを書き出すのです。

少しくらいこじつけでも良いので、なるべくたくさん「このままだとまずい・・・」という思いを書き出すことがおすすめです。

それによって、「やっぱり、このままの夜ふかし、二度寝の生活を続けるのは避けたい・・・。」と感じるようになるわけです。

そうして、早起きへの生活リズム改善の話題に移っていくことで、次のワークへのスムーズな橋渡しをします。

あなたも、そのようなワークで「危機感」を感じたければ(笑)、ぜひセミナーにお越しくださいませ。

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

それにしても、「このまま早起きができなかったら、、、」という部分は、文字を見ているだけで、気分が落ち込んできますね・・・(~_~;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日、「あなたは半年前に食べたものでできている」という本を読みました。

健康の基本は、「運動」と「食事」を管理することというメッセージを受け取りました。

本当に、その通りですよね。

本質はいつもシンプルです。

【お知らせ】
2016年2月10日(水)【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きの前の準備運動。理想の状態を描いて、得たい感情を明確にしよう。

早起きを習慣化したいというお話をきくと、以外と表面的な動機を伺います。 ただ、セミナーで理由を深堀りしていくと、違った角度の答えが出ることも多いです。 早起きの目的から考えて、「得たい感情」まで到達し …

早起き習慣化ができるかどうかは「強い目的」が有るのか、無いのか。

「強い目的」が、あなたを、そしてあなたの脳を動かします。 モチベーションが下がってきたら、「なぜこれをやるのか?」という目的を確認してみることがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

日中の眠気対策に。早起きを続けるための先取り仮眠作戦。

日中の眠気対策、どうしていますか? かんたんに対策できる眠気対策を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 日中の眠気をなんとかしたい2 気持よく仮眠をとる3つのポイント …

早起き習慣化にもっとも重要な要素は何?睡眠へ投資することが1日の良い流れをつくり出す理由。

早起きを長期的に続けるためには、睡眠時間への投資が何よりも重要です。 一方で、早起きに挫折する人は、多くの場合、睡眠時間が不足するのが原因です。 早起きができない人が、睡眠時間を削らなければならないの …

あなたの理想の生活は?理想の生活スケジュールを1週間単位で描いてみよう。

早起きする理由を明確にするために有効なのが、理想の1日を描き出すことです。 理想の1日を描くことに慣れてきたら、1週間単位での理想の生活スケジュールを考えてみることをお勧めいたします。   …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。